ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ファイルおよびフォルダー管理

次の表は、ファイルおよびフォルダーを作成、移動、開く方法、およびそれらの名前を変更する方法を示します。

アクションツールのワークフロー代替関数
新しいフォルダーを作成する

現在のフォルダー ブラウザーで、空白部分を右クリックして、[新規フォルダー] を選択します。

MATLAB® は、New Folder という名前のフォルダーを現在のフォルダーに作成して、選択します。

関数 mkdir を使用します。たとえば、parentFolder という名前の親フォルダーに newdir という名前のサブフォルダーを作成します。

mkdir('parentFolder','newdir');
ファイルまたはフォルダーを移動する

現在のフォルダー ブラウザーで、項目をクリックしてドラッグします。

フォルダーは検索パス上にある限り移動できません。

関数 movefile を使用します。たとえば、現在のフォルダーにある myfile.m という名前のファイルをフォルダー d:/work に移動します。

movefile('myfile.m','d:/work');
ファイルまたはフォルダーの名前を変更する

現在のフォルダー ブラウザーで、項目を右クリックして [名前の変更] を選択します。

ファイル名は文字で始まらなければならず、文字、数字、アンダースコアの組み合わせを使用できます。

関数 movefile を使用します。たとえば、現在のフォルダーで、myfunction.moldfunction.m に名前変更します。

movefile('myfunction.m','oldfunction.m');
MATLAB でファイルを開く

[ホーム] タブの [ファイル] セクションで、[開く] をクリックしてから、開くファイルを選択します。

ファイル タイプが別のアプリケーションまたはツールに関連付けられていても、ファイルをテキスト ファイルとしてエディターで開くには、現在のフォルダー ブラウザーでそのファイルを右クリックして [テキストとして開く] を選択します。

関数 open を使用します。ファイル拡張子に応じて、ファイルは MATLAB または外部アプリケーションで開きます。

別のプログラムでファイルを開く現在のフォルダー ブラウザーで、ファイルを右クリックして [MATLAB の外部で開く] を選択します。オペレーティング システムが該当のファイル タイプに関連付けているアプリケーションまたはツールにより、ファイルが開きます。
ファイルを開かずにファイルの内容をプレビューする現在のフォルダー ブラウザーで、ファイルを右クリックして [詳細を表示] を選択します。詳細パネルが展開されます。なし
ファイルまたはフォルダーを削除する

現在のフォルダー ブラウザーで、ファイルまたはフォルダーを選択して Delete キーを押します。

既定では、MATLAB はオペレーティング システムの設定に従って、ファイルおよびフォルダーを削除するかごみ箱に移動します。システムの設定で削除されたファイルが再利用可能になっている場合にファイルを永久に削除するには、Shift+Delete キーを押します。

Linux® システムでは、[Deleting files] の設定を行うと MATLAB が削除されたファイルを一時フォルダーに移動するようにできます。この設定にアクセスするには、[Home] タブの [Environment] セクションで [Preferences] をクリックします。[MATLAB][General] を選択します。

ファイルを削除するには、関数 delete を使用します。たとえば、現在のフォルダーの中にある myfile.m という名前のファイルを削除します。

delete('myfile.m');

既定では、ファイルは永久的に削除されます。削除されたファイルを一時フォルダーに移動するようにするには、関数 recycle を使用するか、[ファイルの削除] の設定を行います。

フォルダーを削除するには、関数 rmdir を使用します。

    メモ:    rmdir を使用して削除したフォルダーは復元できません。

現在のフォルダー ブラウザーが表示されない場合、次の手順を実行してブラウザーを開くことができます。[ホーム] タブの [環境] セクションで、[レイアウト] をクリックします。次に、[表示] の下で [現在のフォルダー] を選択します。サブフォルダーをダブルクリックすると、その内容が表示され、そのフォルダーが現在のフォルダーになります。

参考

| | | | | |

詳細

この情報は役に立ちましたか?