ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コマンド ウィンドウの出力の書式設定

出力の行間隔の書式設定

既定の設定では、MATLAB® はコマンド出力で空行を表示します。

MATLAB では、2 つの数値表示オプションのうちの 1 つを選択できます。

  • [loose] — 空行の表示を維持 (既定)

    >> x = [4/3 1.2345e-6]
    
    x =
    
        1.3333    0.0000
  • [compact] — 空行を表示しない

    >> x = [4/3 1.2345e-6]
    x =
        1.3333    0.0000

出力表示を書式設定するには、以下のいずれかの手順に従います。

  • [ホーム] タブの [環境] セクションで、 [設定] をクリックします。[MATLAB][コマンド ウィンドウ] を選択し、[数値形式] オプションを選択します。

  • たとえば、次のように関数 format をコマンド ラインで使用します。

    format loose
    format compact

浮動小数点数の書式設定

数字が表示される方式は変更できます。既定の設定では、MATLAB では短形式 (5 桁にスケーリングされた固定小数点値) が使用されます。

たとえば、コマンド ウィンドウで x = [4/3 1.2345e-6] を入力したとします。MATLAB の出力表示は、ユーザーが選択した書式設定によって異なります。

出力表示の書式設定出力例

short (既定)

x = 1.3333 0.0000

short e

x = 1.3333e+00 1.2345e-06

+

x = ++

    メモ:   テキスト表示形式は表示される行数のみ適用され、MATLAB における計算結果や保存された情報には適用されません。

ウィンドウ幅に収まるようにコードの行を折り返す

コードの行またはその出力は、コマンド ウィンドウの幅を超えることがあり、その場合は、行全体を表示するために水平スクロール バーを使用しなければなりません。1 行の入力または出力を複数の行に分割してコマンド ウィンドウの現在の幅に収まるようにするには、次のようにします。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで、 [設定] をクリックします。[MATLAB][コマンド ウィンドウ] を選択します。

  2. [行の折り返し] を選択します。

  3. [OK] をクリックします。

出力の非表示

コード出力を表示しない場合は、セミコロン (;) をコマンドの最後に加えます。これは、コードが大きな行列を生成するときに特に役に立ちます。

次のコードを実行すると、A が作成されますが、コマンド ウィンドウに結果の行列は表示されません。

A = magic(100);

ページごとの出力表示

コマンド ウィンドウの出力がウィンドウの表示可能な部分を超過することがあります。出力は、一度に 1 つの画面だけ表示できます。

  1. コマンド ウィンドウで more on と入力してページごとに出力されるようにします。

  2. 大きい出力を生成するコマンドを入力します。

  3. 出力を確認します。

    • Enter キーを押して次の行に進みます。

    • スペース バー を押して次のページに進みます。

    • q キーを押して出力の表示を停止します。

ページごとの出力を無効にするには、more off と入力します。

コマンド ウィンドウの表示内容の消去

コマンド ウィンドウの表示が乱れた場合は、以下のいずれか 1 つを行うことで (ワークスペースを消去することなく) すべてのテキストを消去できます。

  • [ホーム] タブの [コード] セクションで、[コマンドのクリア][コマンド ウィンドウ] を選択してコマンド ウィンドウのスクロール バッファーを消去する。

  • 関数 clc を使ってコマンド ウィンドウのスクロール バッファーを消去する。

  • 関数 home を使って、スクロール バッファーを消去せずにコマンド ウィンドウの現在の表示をクリアする。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?