ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB の終了

終了方法

以下のいずれかの操作でいつでも終了できます。

  • MATLAB® デスクトップのクローズ ボックス をクリックする

  • デスクトップ タイトル バーの左側にある をクリックし、[閉じる] を選択する

  • コマンド プロンプトで、quit または exit と入力する

MATLAB は以下を行った後で終了します。

終了の確認

終了時に確認ダイアログ ボックスが表示されるように設定するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。

  2. [MATLAB][一般][確認ダイアログ] を選択します。

  3. [MATLAB を終了する前に確認] チェック ボックスを選択して [OK] をクリックします。

MATLAB の終了時に次のようなダイアログが表示されるようになります。

次の節で説明する finish.m スクリプトを使って、ユーザー独自の終了確認ダイアログ ボックスを表示することも可能です。

終了時のスクリプトの実行

MATLAB 終了時にスクリプト finish.m が現在のフォルダーまたは MATLAB 検索パス上の任意の場所に存在していれば、このスクリプト finish.m を実行します。ワークスペースの保存や確認ダイアログ ボックスの表示などのステートメントを含むファイル finish.m を作成します。matlabroot/toolbox/local に格納された 2 つのサンプル ファイルは、ユーザー専用の finish.m ファイルを作成するためのベースとして使用してください。

  • finishsav.m — 関数 save が含まれているため、ワークスペースを MAT ファイルに保存する。

  • finishdlg.m — 確認ダイアログ ボックスを表示する。このダイアログ ボックスでは終了をキャンセルできます。

参考

| |

詳細

この情報は役に立ちましたか?