ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コマンド履歴

コマンド履歴とは

コマンド履歴ウィンドウには、現在および以前の MATLAB® セッションで実行したステートメントのログが表示されます。コマンド履歴には、それぞれのセッションの時刻および日付 (オペレーティング システムの短い日付形式で表示) と、その後にそのセッションのステートメントが表示されます。左側の余白に表示される角かっこは、グループとして処理されるコマンドを示します。エラーが生成された各コマンドの前には色付きのマークが表示されます。

コマンド履歴を表示するには、コマンド ウィンドウで上方向キー (↑) を押します。部分一致を使用してコマンドを取得するには、プロンプトでコマンドの任意の一部分を入力して、上方向キーを押します。

コマンド履歴ウィンドウをドッキングしたり分離したりするには、 をクリックして、オプションを選択します。コマンド履歴が閉じている場合、それを表示するには次の手順に従います。[ホーム] タブの [環境] セクションで、[レイアウト] をクリックします。その後、[表示] の下で [コマンド履歴] をクリックして、[ドッキング] または [ポップアップ] のいずれかを選択します。

MATLAB では、コマンド ウィンドウで実行されるステートメントが履歴ファイル History.xml に保存されます。そのようなステートメントには、エディター、コマンド履歴、ヘルプ ブラウザーのようなツールのコンテキスト メニューから [選択を実行] を選択して実行したステートメントも含まれます。既定の設定では、MATLAB は各コマンドの後にコマンド履歴ファイルを自動的に保存します。履歴ファイルには、MATLAB で行われるすべてのアクションが含まれるわけではなりません。たとえば、変数エディターで行われた値の変更はコマンド履歴には含まれません。すべての項目は、それらが削除されるか、または [コマンド履歴の設定] に指定された履歴ファイルのコマンド数が保存するコマンド数の上限を超過するまで残ります。指定された制限に達すると、最も古い項目が MATLAB によって自動的に削除されます。既定では、コマンド履歴には 25,000 個のコマンドが保存されます。

コマンド履歴でのコマンドの使用

コマンド履歴ウィンドウの項目を選択してからその選択肢に対して以下のアクションを行うことができます。

アクション

操作を行うための方法

ステートメントからのスクリプトの作成

項目を 1 つ以上選択して右クリックし、コンテキスト メニューから [スクリプトの作成] を選択します。コマンド履歴ウィンドウで選択したコマンドを含む新しいファイルがエディターに開きます。

以前のコマンドの再実行

以下のいずれかを行います。

  • 必要なコマンドがプロンプトに表示されるまで上方向キー (↑) を押してから、Enter キーを押します。

  • コマンド履歴ウィンドウで項目を 1 つ以上ダブルクリックするか、項目を 1 つ選択してから Enter キーを押します。

複数のコマンドを含めるように選択を広げるには、Shift + ↑ キーを押します。

ステートメントを別のウィンドウにコピー

以下のいずれかを行います。

  • 項目を 1 つ以上選択して、コンテキスト メニューから [コピー] を選択します。次に、エディターや他のアプリケーションで開いているファイルに貼り付けます。

  • 選択したものを [コマンド履歴] ウィンドウから開いているファイルまたは別のアプリケーションにドラッグします。

ステートメントからのショートカットの作成

以下のいずれかを行います。

  • 項目を 1 つ以上選択して右クリックし、コンテキスト メニューから [ショートカットの作成] を選択します。

  • 選択したものをデスクトップ ツールストリップにドラッグします。[ショートカットの追加] ダイアログ ボックスが開き、選択したコマンドが [コールバック] フィールドに表示されます。

項目の削除

削除する項目を選択し、右クリックして [削除] を選択するか、Delete キーを押します。

すべての項目を削除するには をクリックし、コンテキスト メニューから [コマンド履歴をクリアします] を選択します。これらの項目を呼び出すことはできません。

コマンド履歴の日付形式の変更

MATLAB はオペレーティング システムの短い日付形式を使用して、コマンド履歴ウィンドウに日付を表示します。日付形式を、MM/DD/YYYY から DD/MM/YYYY などに変更するには、以下の手順に従います。

  1. ドキュメンテーションに説明があるように、オペレーティング システムの短い日付形式を変更します。

  2. MATLAB を再起動します。

      メモ:   コマンド履歴をクリアすると、コマンド履歴ウィンドウのすべての項目が削除されます。これで、コマンド ウィンドウの項目が呼び出せなくなります。

コマンド履歴の設定

ステートメントをコマンド履歴から削除して、コマンド履歴ファイル History.xml に保存するコマンド数を指定できます。MATLAB は、コマンド履歴ウィンドウとコマンド ウィンドウのステートメント呼び出しの両方でコマンド履歴ファイルを使用します。

    メモ:   ステートメントをコマンド履歴ファイルから削除すると、それらをコマンド ウィンドウで呼び出すことも、コマンド履歴ウィンドウで表示することもできません。

コマンド履歴の設定を行うには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][コマンド履歴] を選択し、次の表の説明に従って設定オプションを調整します。

オプション使用方法
exit/quit コマンドを保存

exit および quit コマンドをコマンド履歴に保存します。

連続する同一コマンドを保存

コマンド履歴で同じステートメントの連続する実行を保存します。

  • このオプションを選択した場合、magic(5) を 2 回連続で実行すると、それぞれの magic(5) の項目はコマンド履歴の別の行に表示されます。

  • このオプションをクリアすると、コマンド履歴には magic(5) の 1 つの項目のみが保持され、左側に連続実行回数が表示されます。

履歴ファイルを保存しない

このオプションは、複数のユーザーが同じマシンを共有する場合に便利です。たとえば、他のユーザーが実行したステートメントを別のユーザーに表示されないように設定できます。

現在のセッション以前の項目は、コマンド履歴ウィンドウから削除しない限り、履歴内に残ります。

直前の n 個のコマンドを保存

保存するコマンド数を指定します。

この情報は役に立ちましたか?