ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

入力時の構文チェック

構文の強調表示

MATLAB® 要素を識別しやすくするために、コマンド ウィンドウとエディターで一部の項目が別の色で表示されます。これは、"構文の強調" と呼ばれています。既定は、

  • キーワードは青

  • 文字列は紫

  • 閉じられていない文字列は栗色

  • コメントは緑

if A > B
'greater'
elseif A < B
'less'
end

コマンド ウィンドウでの出力は、エラーを除いて、構文の強調表示は行われません。

エディターから選択項目を Microsoft® Word のような別のアプリケーションに貼り付けまたはドラッグすると、貼り付けたテキストでもエディターの構文強調色とフォントの特性が維持されます。MATLAB ソフトウェアは、Microsoft Windows® および Macintosh の多数のアプリケーションがサポートしている RTF 形式で選択項目をクリップボードに貼り付けます。

構文の強調表示の設定は変更できます。[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][エディター/デバッガー][言語] を選択します。設定の変更はライブ スクリプトでは適用されません。

区切り記号の一致

MATLAB は、構文エラーを避けるため、丸かっこ、中かっこ、大かっこなどの区切り記号の一致、不一致を示します。また、forifwhileelse および end ステートメントのような組になった言語キーワードも示します。

既定の設定では、MATLAB は次のように一致する区切り記号と不一致の区切り記号、および組になった言語キーワードを示します。

  • 閉じかっこを入力する — MATLAB は、対応する開きかっこを一時的に強調表示または下線付き表示します。

  • 開きかっこよりも閉じかっこを多く入力する — MATLAB はビープ音を鳴らします。ビープ音はライブ スクリプトではサポートされていません。

  • 方向キーを使用して 1 つの区切り記号の上にカーソルを移動する — MATLAB は組になった区切り記号の両方に一時的に下線を引きます。対応する区切り記号が存在しない場合は、MATLAB は一致しない区切り記号からの取り消し線を表示します。

一致する区切り記号が存在するものの画面上で見えない場合は、ポップアップ ウィンドウが現れ、一致する区切り記号を含む行を表示します。ポップアップ ウィンドウをクリックすると、その行に移動します。

区切り記号の一致のポップアップ ウィンドウはライブ スクリプトではサポートされていません。

区切り記号一致インジケーターを変更し、出現のタイミングと条件を変更することができます。[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][キーボード] を選択します。設定の変更はライブ スクリプトでは適用されません。

タブ補完

MATLAB には、関数、モデル、MATLAB オブジェクト、ファイル、フォルダー、変数、構造体、Handle Graphics® プロパティ、パラメーター、オプションの名前の補完機能があり、これらによってタイプミスを避けることができます。

コマンド ウィンドウで名前を補完するには、補完する項目名の先頭の数文字を入力し、Tab キーを押します。

MATLAB で一致する可能性のある候補のリストが示された場合、方向キーを使用して必要な名前を選択し、Tab キーを押します。

さらに、以下のことができます。

  • Esc (エスケープ) キーを押すと何も選択せずに一覧を消去することができます。

  • 既に入力した単語にさらに文字を追加すると、長いリストを検索して選択できます。

  • ドット表記を使用する名前は、ドットを追記して Tab キーを押すと補完できます。

  • Handle Graphics プロパティの名前と値を補完します。プロパティの最初の部分を入力し、Tab キーを押します。各プロパティの後にコンマを入力します。

  • 選択した関数のパラメーター名およびオプションを補完します。コマンドを入力するときに、パラメーターまたはオプションの位置に ' と入力してから、Tab キーを押します。パラメーターとオプションの補完は、一部の関数では利用できません。

MATLAB で、ファイルまたはフォルダーの名前を補完するには、そのファイルまたフォルダーが検索パス上または現在のフォルダー内になければなりません。変数とプロパティは、現在のワークスペースになければなりません。

エディターで、MATLAB は以下を補完します。

  • 入れ子関数 (カーソルの現在の位置で使用可能な場合のみ)。ライブ スクリプトではサポートされていません。

  • アクティブなドキュメントで定義されている変数の名前。変数は、カーソルの現在の位置で有効でなければなりません (つまり定義済み)。

  • クラス定義ファイルのクラス プロパティおよびメソッドの名前。ライブ スクリプトではサポートされていません。

アクティブなファイル内のみで定義された構造体配列のフィールド名は、エディターで補完されません。

    メモ:   エディターで Tab キーを使ってステートメント内に空白を追加するには、最初に空白を追加してから Tab キーを押します。このようにしないと、タブ補完が有効になっている場合、MATLAB は名前を補完しようとします。

タブ補完は既定の設定で有効になっています。この設定を変更するには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][キーボード] を選択します。設定の変更はライブ スクリプトでは適用されません。

名前補完の例

この例では、containers.Map.keys メソッドの名前を補完する方法を説明します。

  1. コマンド ウィンドウで、help cont を入力し、Tab キーを押します。

    MATLAB が候補のリストを表示します。

  2. containers を選択し、Tab キーを押します。

    コマンド ウィンドウに、help containers が表示されます。

  3. コマンド プロンプトで、containers を入力した後、ドットを追加して、Tab キーを押します。

    コマンド ウィンドウに、以下が表示されます。

    help containers.Map

  4. コマンド プロンプトで、Map を入力した後、ドットを追加して、Tab キーを押します。

    MATLAB で、新しいリストが表示されます。

  5. リストを下にスクロールして、keys を選択し、Tab キーを押します。

    コマンド ウィンドウに、help containers.Map.keys が表示されます。

関数構文のヒント

コマンド ウィンドウまたはエディターに関数を入力するときに、ポップアップ ウィンドウに構文のヒントが開いて、関数で許可される入力引数が表示されます。

関数のヒントは、MATLAB がインストールした関数とユーザーが作成した関数の両方に対して表示されます。MATLAB 関数構文のヒントは、ドキュメンテーションに基づきます。ユーザーが作成した関数の構文は、MATLAB プログラム ファイル内の関数定義ステートメント (最初の実行可能な行) に基づきます。そのファイルは、検索パス上か現在のフォルダー内に存在していなければなりません。

関数構文のヒントを使用するには、関数名に続けて開きかっこを入力して一時停止します。ツールヒントが開いて、その関数の基本構文が表示されます。

青字で表示される引数には変数を入力できます。変数名を入力します。ウィンドウに示されている引数名ではありません。

表示される構文オプションは、入力した引数によって異なります。

関数名によっては、オーバーロードされているものがあります。つまり、関数と同じ名前をもつ、異なるタイプの入力を扱うメソッドがあります。オーバーロードされたメソッドでは、オブジェクトを最初の入力として渡す必要があります。オブジェクト名を指定すると、以下のように、構文のヒントは関連するメソッドを反映して更新されます。

関数構文のヒントは提案にすぎません。使用できる引数でも表示されなかったり、青字で表示されるべき場合でも通常の黒字で表示されることがあります。

関数のヒントは既定の設定で有効になっています。この設定を変更するには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][キーボード] を選択し、[関数のヒント] のオプションを設定します。設定の変更はライブ スクリプトでは適用されません。

この情報は役に立ちましたか?