ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

低水準ファイル I/O

バイトまたは文字レベルでの読み取りおよび書き込み操作

関数

fclose 開いている 1 つまたはすべてのファイルを閉じる
feof ファイルの終端 (EOF) のテスト
ferror ファイル I/O エラーに関する情報
fgetl ファイルからの行の読み込み、改行文字の削除
fgets ファイルからの行の読み込み、改行文字の維持
fileread ファイルの内容を文字列に読み込む
fopen ファイルを開くまたは開いているファイルに関する情報の取得
fprintf データのファイルへの書き込み
fread バイナリ ファイルからのデータの読み込み
frewind ファイルの位置指示子を開いているファイルの最初に移動
fscanf テキスト ファイルからのデータの読み取り
fseek ファイル内の指定位置に移動する
ftell 開いているファイル内での位置
fwrite バイナリ ファイルへのデータの書き込み

例および操作のヒント

低水準 I/O によるテキスト データ ファイルのインポート

"低水準ファイル I/O 関数" では、ファイルの読み取りとファイルへのデータの書き込みを最大限に制御できます。

低水準 I/O によるバイナリ データのインポート

"低水準ファイル I/O 関数" では、ファイルの読み取りとファイルへのデータの書き込みをほぼ直接に制御できます。

低水準 I/O によるテキスト データ ファイルへのエクスポート

この例では、低水準関数 fprintf を使用した、数値と文字の混成データおよび非矩形ファイルなどのテキストファイルの作成方法を説明します。

低水準 I/O によるバイナリ データのエクスポート

"低水準ファイル I/O 関数" では、ファイルの読み取りとファイルへのデータの書き込みをほぼ直接に制御できます。

概念

データのインポート方法

さまざまなデータ形式に対する MATLAB® のインポート オプション

この情報は役に立ちましたか?