ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ダイアリ ファイルへの書き込み

MATLAB® セッションのアクティビティ ログを作成するには、関数 diary を使用します。diary は MATLAB セッションを、グラフィックスを除き一字一句ディスクにコピーします。

たとえば、配列 A がワークスペースにある場合を考えます。

A = [ 1 2 3 4; 5 6 7 8 ];

MATLAB プロンプトで以下のコマンドを実行し、diary を使用してこの配列をエクスポートします。

  1. 関数 diary をオンにします。オプションとして、diary によって作成される出力ファイル名を指定できます。

    diary my_data.out
    
  2. エクスポートする配列の内容を表示します。この例では配列 A が表示されます。セル配列や他の MATLAB クラスを表示することもできます。

    A =
        1     2     3     4
        5     6     7     8
    
  3. 関数 diary をオフにします。

    diary off
    

    diary ではファイル my_data.out が作成され、オフになるまで、MATLAB セッションで実行されたコマンドがすべて記録されます。

    A =
    
         1     2     3     4
         5     6     7     8
    
    diary off
    
  4. diary ファイル my_data.out をテキスト エディターで開き、必要に応じて余分なテキストを削除します。

この情報は役に立ちましたか?