ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構造体フィールドを個別の変数として保存

現在のワークスペースの変数のいずれかが構造体配列である場合、関数 save の既定の動作は構造体全体の保存です。スカラー構造体のフィールドを個々の変数として保存するには、関数 save-struct オプションを使用します。

たとえば、以下のような構造体 S があるとします。

S.a = 12.7;  S.b = {'abc', [4 5; 6 7]};  S.c = 'Hello!';

構造体全体を通常の構文で newstruct.mat に保存します。

save('newstruct.mat', 'S')

ファイルには変数 S が含まれています。

  Name      Size                   Bytes  Class
  S         1x1                      550  struct

これに対し、-struct オプションを使用してフィールドを個別に保存します。

save('newstruct.mat', '-struct', 'S')

ファイルには変数 ab、および c が含まれていますが、変数 S は含まれていません。

  Name      Size                   Bytes  Class
  a         1x1                        8  double
  b         1x2                      158  cell
  c         1x6                       12  char

ac のような特定のフィールドのみを保存するには、次のようにします。

save('newstruct.mat', '-struct', 'S', 'a', 'c')
この情報は役に立ちましたか?