ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

一時ファイルの作成

関数 tempdir を使用すると、システム上で一時ファイルを格納するように指定されているフォルダーの名前が返されます。たとえば、Open Group UNIX® システムで tempdir を実行すると /tmp フォルダーが返されます。

関数 tempname を使用すると、一時フォルダー内にあるファイル名が返されます。返されたファイル名は、一時データの格納先として適しています。たとえば、何らかのデータを一時ファイルに保存する必要がある場合は、まず次のコマンドを実行します。

fileID = fopen(tempname,'w');

多くの場合、tempname は UUID (汎用一意識別子) を生成します。ただし、JVM™ を使用せずに MATLAB® を実行する場合、tempname は CPU のカウンターと時間を使用してランダムな文字列を生成するため、この文字列は一意であることが保証されません。

システムによっては、再起動のたびに一時ファイルが削除されます。他のシステムでは、一時ファイルとして指定することは、そのファイルがバックアップされないことのみを意味します。

この情報は役に立ちましたか?