ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数

アルファベット順 カテゴリ別

言語の基礎

コマンドの入力

ans最新値
clcコマンド ウィンドウのクリア
diaryコマンド ウィンドウ テキストをファイルに保存する
formatコマンド ウィンドウの出力表示形式の設定
homeカーソルをホームへ移動
iskeyword入力が MATLAB キーワードかどうかを判別
moreコマンド ウィンドウに一度に出力する行数の制御

行列および配列

zerosすべての要素が 0 の配列の作成
onesすべての要素が 1 の配列の作成
rand一様分布の乱数
true論理値 1 (true)
false論理 0 (false)
eye単位行列
diag対角行列の作成と行列の対角要素の取得
blkdiag入力引数からブロック対角行列を作成
cat指定された次元において配列を連結
horzcat配列を水平に連結
vertcat配列の垂直方向の連結
repelem配列要素のコピーの繰り返し
repmat配列のコピーの繰り返し
linspace線形に配置されたベクトルを作成
logspace対数的に等間隔なベクトルの作成
freqspace周波数応答のための周波数データ列の作成
meshgrid2 次元および 3 次元のグリッド
ndgridN 次元空間での四角形のグリッド
length最大の配列の次元の長さ
size配列のサイズ
ndims配列の次元数
numel配列の要素数
isscalar入力がスカラーかどうかを判別
isvector入力がベクトルかどうかを判別
ismatrix入力が行列かどうかを判別
isrow入力が行ベクトルかどうかを判別
iscolumn入力が列ベクトルかどうかを判別
isempty配列が空かどうかを判別
sort配列要素の並べ替え
sortrows行列または table の行の並べ替え
issorted配列が並べ替えられているかどうかを判別
issortedrows行列または table の行が並べ替えされているかどうかを判別
flip要素の順序の反転
fliplr配列の左右の反転
flipud配列の上下の反転
rot90配列を 90 度回転
transposeベクトルまたは行列の転置
ctranspose複素共役転置
permute多次元配列の次元の再配列
ipermuteN 次元配列の次元の再配列を逆操作
circshift配列を循環シフト
shiftdim次元のシフト
reshape配列の次元の変更
squeeze大きさが 1 の次元の削除
colonベクトルの作成、配列の添字、および for ループの反復
endコードのブロックを終了、または最後の配列インデックスを示す
ind2sub線形インデックスから添字を抽出
sub2ind添字から線形インデックスへの変換

演算子と基本的な演算

算術演算

plus加算
uplus単項プラス
minus減算
uminus単項マイナス
times要素単位の乗算
rdivide配列の右除算
ldivide配列の左除算
power要素単位のべき乗
mtimes行列乗算
mrdividex に対する線形方程式 xA = B の求解
mldividex に対する線形方程式 Ax = B の求解
mpower行列のべき乗
cumprod累積積
cumsum累積和
diff差分と近似導関数
movsum移動合計値
prod配列要素の積
sum配列要素の和
ceil正の無限大方向に丸める
fixゼロ方向への丸め
floor負の無限大方向の丸め
idivide丸めオプションを使用した整数の除算
mod除算後の剰余 (モジュロ演算)
rem除算後の剰余
round最も近い小数または整数への丸め
bsxfun暗黙的な拡張を有効にして 2 つの配列に要素単位の演算を適用

関係演算

eq等価性の判定
ge以上かどうかの判別
gtより大きいかどうかの判別
le以下かどうかの判別
lt未満かどうかの判別
ne不等価の判定
isequal配列の等価性を判別
isequalnNaN の値を等しいものとして配列の等価性を判別

論理演算

Logical Operators: Short-circuitショートサーキットを使用した論理演算
and論理 AND を求める
not論理 NOT を求める
or論理 OR を求める
xor排他的論理和を求める
allすべての配列要素が非ゼロか true かを判定
any任意の配列要素が非ゼロかどうかを判断
false論理 0 (false)
find非ゼロ要素のインデックスと値を見つける
islogical入力が論理配列かどうかを判別
logical数値を論理値に変換
true論理値 1 (true)

集合演算

intersect2 つの配列の積集合
ismember集合配列のメンバーである配列要素
ismembertol許容誤差内にある集合内のメンバー
issorted配列が並べ替えられているかどうかを判別
setdiff2 つの配列の差集合
setxor2 つの配列の排他的論理和のセット
union2 つの配列の和集合
unique配列の一意の値
uniquetol許容誤差内の一意の値
joinキー変数を使用して string を組み合わせ、または 2 つの table または timetable を行ごとにマージ
innerjoin2 つの table または timetable 間の内部連結
outerjoin2 つの table または timetable の間の外部連結

ビット単位の演算

bitandビット単位の AND
bitcmpビット単位の補数
bitget指定位置ビットの取得
bitorビット単位の OR
bitset特定の位置のビットを設定する
bitshift指定したビット数のシフト
bitxorビット単位の XOR
swapbytesバイト順の交換

データ型

数値型

double倍精度への変換
single単精度への変換
int88 ビット符号付き整数への変換
int1616 ビット符号付き整数への変換
int3232 ビット符号付き整数への変換
int6464 ビット符号付き整数への変換
uint88 ビット符号なし整数への変換
uint1616 ビット符号なし整数への変換
uint3232 ビット符号なし整数への変換
uint6464 ビット符号なし整数への変換
cast変数を別のデータ型にキャスト
typecast基となるデータを変更せずにデータ型を変換
isinteger入力が整数配列かどうかを判別
isfloat入力が浮動小数点配列かどうかを判別
isnumeric入力が数値配列かどうかを判別
isreal配列が実数かどうかの判別
isfinite有限値の配列要素
isinf無限値の配列要素
isnanNaN の配列要素
eps浮動小数点相対精度
flintmax浮動小数点形式の最大連続整数
Inf無限大
intmax指定された整数タイプの最大値
intmin指定された整数タイプの最小値
NaN非数
realmax正の最大浮動小数点数
realmin正の最小正規化浮動小数点数

文字と文字列

stringstring 配列に変換
strings文字を含まない string の配列の作成
joinキー変数を使用して string を組み合わせ、または 2 つの table または timetable を行ごとにマージ
char文字配列に変換
cellstr文字ベクトルのセル配列に変換
blanks空白の文字配列の作成
newline改行文字の作成
composeデータを書式設定された string 配列に変換
sprintfデータの文字列への書式設定
strcat文字列の水平方向の結合
ischar入力が文字配列かどうかを判別
iscellstr入力が文字ベクトルのセル配列かどうかを判別
isstring入力が string 配列かどうかを判別
strlengthstring 配列内の string の長さ
isstrprop文字列が指定されたカテゴリに属するかどうかを判別
isletterどの文字配列要素が文字であるかを判別
isspaceどの文字配列要素が空白文字であるかを判別
containsパターンが文字列内にあるかどうかの判別
countstring 内でのパターンの出現回数をカウント
endsWithstring がパターンで終了しているかどうかを判別
startsWithstring がパターンで開始するかどうかの判別
strfind文字列内の文字の検出
sscanf書式付きデータの文字列からの読み込み
replacestring 配列内の部分文字列を検索して置換
replaceBetween開始と終了をマークするインジケーターで識別された部分文字列を置換
strrep部分文字列の検索と置換
joinキー変数を使用して string を組み合わせ、または 2 つの table または timetable を行ごとにマージ
splitstring 配列を string に分割、またはカレンダー期間を数値と期間の単位に分割
splitlinesstring を改行文字の位置で分割
strjoin配列内のテキストの結合
strsplit指定した区切り記号で文字列を分割
strtok文字列の一部の選択
erase文字列内の部分文字列の削除
eraseBetween部分文字列の開始と終了を示すインジケーターの間にある部分文字列を削除
extractAfter指定された位置より後の部分文字列の抽出
extractBefore指定した位置より前の部分文字列を抽出
extractBetween部分文字列の開始と終了を示すインジケーターの間の部分文字列を抽出
insertAfter指定した部分文字列の後に文字列を挿入
insertBefore指定した部分文字列の前に文字列を挿入
padstring に先頭と末尾の文字を追加
stripstring から先頭と末尾の文字を削除
lower文字列の小文字への変換
upper文字列の大文字への変換
reversestring 内の文字の順序を反転
deblankstring または文字配列から末尾の空白文字を削除
strtrimstring 配列または文字配列から先頭と末尾の空白を削除
strjuststring または文字配列の行端揃え
strcmp文字列の比較
strcmpi文字列を比較する (大文字と小文字を区別しない)
strncmp文字列のはじめの n 文字の比較 (大文字と小文字を区別する)
strncmpi文字列のはじめの n 文字の比較 (大文字と小文字を区別しない)
regexp正規表現 (大文字小文字を区別する) の一致
regexpi正規表現 (大文字小文字を区別しない) の一致
regexprep正規表現を使用したテキストの置換
regexptranslateテキストを正規表現に変換

日付と時刻

日付と時刻の配列の作成
datetime現在の日付に基づく配列の作成と日付文字列または日付値からの変換
timezonesタイム ゾーンの一覧
years年単位の期間
days期間の日数
hours期間 (時間数)
minutes分単位の期間
seconds期間の秒数
millisecondsミリ秒単位の期間
duration数値から duration 配列を作成
calyearsカレンダー期間の年数
calquartersカレンダー期間の四半期数
calmonthsカレンダー期間の月数
calweeksカレンダー期間の週数
caldaysカレンダー期間の日数
calendarDuration数値からカレンダー期間配列を作成
exceltimeMATLAB datetime の Excel 日付値への変換
juliandateMATLAB の datetime をユリウス日に変換
posixtimeMATLAB datetime の POSIX 時間への変換
yyyymmddMATLAB datetime の YYYYMMDD 数値への変換
日付と時刻の成分
year年番号
quarter四半期の値
month月番号と名前
week週番号
day日番号または曜日名
hour時間番号
minute分番号
second秒数
ymddatetime の年、月、日の番号
hms期間の時間、分、秒数
splitstring 配列を string に分割、またはカレンダー期間を数値と期間の単位に分割
timeカレンダー期間の時間を期間に変換
timeofdaydatetime の深夜からの経過時間
isdst夏時間要素の判別
isweekend週末の要素の判別
tzoffsetUTC からのタイム ゾーン オフセット
日付と時刻の算術演算およびプロット
betweenカレンダーの差分の計算
caldiffカレンダーの連続する差分の計算
dateshift日付のシフトと日付および時刻のシーケンスの生成
isbetween日付と時刻の区間内の要素を判別
isdatetime入力が datetime 配列かどうかを判別
isduration入力が duration 配列かどうかを判別
iscalendarduration入力がカレンダー期間配列かどうかを判別
isnatNaT (Not-a-Time) 要素の判別
NaTNot-a-Time
数値と文字列での日付と時刻
datenum日付と時刻をシリアル日付値に変換
datevec日付と時刻を成分のベクトルに変換
datestr日付と時刻を文字列書式に変換
char文字配列に変換
cellstr文字ベクトルのセル配列に変換
stringstring 配列に変換
nowシリアル日付値として表現された現在の日時
clock日付ベクトルとして表現された現在の日付
date現在の日付文字列
calendar指定した月のカレンダー
eomday月の最終日
weekday曜日
addtodateフィールドごとに日付値を変更
etime日付ベクトル間の経過時間

カテゴリカル配列

categoricalカテゴリカル配列の作成
iscategorical入力がカテゴリカル配列かどうかを判別
discretizeデータをビンまたはカテゴリにグループ化
categoriesカテゴリカル配列のカテゴリ
iscategoryカテゴリカル配列カテゴリのテスト
isordinal入力が順序カテゴリカル配列かどうかを判別
isprotectedカテゴリカル配列のカテゴリが保護されているかどうかを判別
addcatsカテゴリカル配列へのカテゴリの追加
mergecatsカテゴリカル配列のカテゴリのマージ
removecatsカテゴリカル配列からのカテゴリの削除
renamecatsカテゴリカル配列のカテゴリ名の変更
reordercatsカテゴリカル配列でのカテゴリの順序の変更
setcatsカテゴリカル配列のカテゴリの設定
summarytable、timetable またはカテゴリカル配列の概要の表示
countcatsカテゴリカル配列要素の出現回数をカテゴリ別にカウント
isundefinedカテゴリカル配列の未定義の要素を検索

テーブル

tableワークスペース変数からのテーブルの作成
array2table同種配列のテーブルへの変換
cell2tableセル配列のテーブルへの変換
struct2table構造体配列のテーブルへの変換
table2arrayテーブルの同種配列への変換
table2cellテーブルのセル配列への変換
table2structテーブルの構造体配列への変換
readtableファイルからのテーブルの作成
writetableファイルへのテーブルの書き込み
detectImportOptionsファイルの内容に基づくインポート オプションの作成
getvaropts変数インポート オプションの取得
setvaropts変数のインポート オプションの設定
setvartype変数のデータ型の設定
istable入力がテーブルかどうかを判別
headtable、timetable、tall 配列の上部の行を取得
tailtable、timetable、または tall 配列の最後の数行を取得
heightテーブル行の数
widthテーブル変数の数
summarytable、timetable またはカテゴリカル配列の概要の表示
intersect2 つの配列の積集合
ismember集合配列のメンバーである配列要素
setdiff2 つの配列の差集合
setxor2 つの配列の排他的論理和のセット
unique配列の一意の値
union2 つの配列の和集合
joinキー変数を使用して string を組み合わせ、または 2 つの table または timetable を行ごとにマージ
innerjoin2 つの table または timetable 間の内部連結
outerjoin2 つの table または timetable の間の外部連結
sortrows行列または table の行の並べ替え
stack複数変数のデータを単一変数にスタック
unstack単一変数からデータを取り出して複数変数に入れる
vartype変数の型による table または timetable の添字
ismissing欠損値を検出
standardizeMissing標準の欠損値を挿入
rmmissing欠損エントリを削除
fillmissing欠損値を埋める
varfun関数をテーブル変数または timetable 変数に適用
rowfuntable または timetable の行への関数の適用
findgroupsグループを見つけてグループ番号を返す
splitapplyデータをグループに分割して関数を適用

timetable

timetableワークスペース変数から timetable を作成
retimetimetable 内のデータをリサンプルまたは集約し、重複する時間や不規則な時間を解決
synchronizetimetable を共通の時間ベクトルに同期し、入力 timetable からデータをリサンプリングまたは集約
lagtimetable 内のデータをタイムシフト
table2timetabletable の timetable への変換
array2timetable配列から timetable への変換
timetable2tabletimetable の table への変換
istimetable入力が timetable かどうかを判別
isregulartimetable 内の時間が規則的かどうかを判別
timerangetimetable 行の添字の時間範囲
withtoltimetable の行の添字における時間の許容誤差
vartype変数の型による table または timetable の添字
rmmissing欠損エントリを削除
issorted配列が並べ替えられているかどうかを判別
sortrows行列または table の行の並べ替え
unique配列の一意の値

構造体

struct構造体配列の作成
fieldnames構造体のフィールド名、あるいは COM または Java オブジェクトのパブリック フィールド
getfield構造体配列のフィールド内容の取得
isfield入力が構造体配列フィールドかどうかを判別
isstruct入力が構造体配列かどうかを判別
orderfields構造体配列のフィールドの並べ替え
rmfield構造体フィールドの削除
setfield構造体配列フィールドへの値の割り当て
arrayfun配列の個々の要素に関数を適用
structfunスカラー構造体の各フィールドに関数を適用
table2structテーブルの構造体配列への変換
struct2table構造体配列のテーブルへの変換
cell2structセル配列を構造体配列に変換
struct2cell構造体をセル配列に変換

セル配列

cellセル配列を作成
cell2matセル配列を、基となるデータ型の通常の配列に変換します。
cell2structセル配列を構造体配列に変換
cell2tableセル配列のテーブルへの変換
celldispセル配列の内容を表示
cellfunセル配列の各セルに関数を適用
cellplotセル配列の構造をグラフィック表示
cellstr文字ベクトルのセル配列に変換
iscell入力がセル配列かどうかを判別
iscellstr入力が文字ベクトルのセル配列かどうかを判別
mat2cellセルのサイズが異なる可能性があるセル配列に配列を変換
num2cell一定サイズのセルをもつセル配列への変換
strjoin配列内のテキストの結合
strsplit指定した区切り記号で文字列を分割
struct2cell構造体をセル配列に変換
table2cellテーブルのセル配列への変換

関数ハンドル

feval関数の計算
func2str関数ハンドルからの文字ベクトルの構成
str2func文字ベクトルから関数ハンドルを作成
localfunctionsMATLAB ファイル内のすべてのローカル関数の関数ハンドル
functions関数ハンドルに関する情報

Map コンテナー

containers.Map値を一意のキーに割り当てる
isKeycontainers.Map オブジェクトにキー があるかどうかを判別
keyscontainers.Map オブジェクトのキーの識別
removecontainers.Map オブジェクトからキーと値のペアを削除
valuescontainers.Map オブジェクトの値を特定する

時系列

時系列の基礎
append時間次元内の時系列オブジェクトの連結
gettimeseries オブジェクト プロパティ値のクエリ
getdatasamplesizetimeseries オブジェクト内のデータ サンプルのサイズ
getqualitydescデータ品質記述
getsamples添字インデックス配列を使用して時系列サンプルのサブセットを返す
plot時系列プロット
settimeseries オブジェクトのプロパティの設定
tsdata.eventtimeseries オブジェクトのイベント オブジェクトの作成
timeseriestimeseries オブジェクトの作成
データの操作
addsampleデータ サンプルを timeseries オブジェクトに追加
delsampletimeseries オブジェクトからサンプルを削除
detrendtimeseries オブジェクトから平均または最近似線およびすべての NaN の除去
filter時系列の周波数成分の成形
getabstime日付文字列時間ベクトルのセル配列への取り出し
getdatasamples添字インデックス配列を使用して、時系列サンプルのサブセットを返す
getinterpmethodtimeseries オブジェクトの内挿法
getsampleusingtimeデータ サンプルの新規 timeseries オブジェクトへの取り出し
idealfilter理想 (因果関係を満たさない) フィルターを timeseries オブジェクトへ適用
resample新規時間ベクトルを使用した timeseries データの選択または内挿
setabstimetimeseries オブジェクトの時間を日付文字列として設定
setinterpmethodtimeseries オブジェクトに既定の内挿法を設定
setuniformtimetimeseries オブジェクトの一様な時間ベクトルを修正します。
synchronize2 つの timeseries オブジェクトを共通の時間ベクトルを使用して同期およびリサンプリングする
イベント データ
addeventイベントを timeseries オブジェクトに追加
deleventtimeseries オブジェクトから tsdata.event オブジェクトを削除
gettsafterateventイベント時またはイベント後にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
gettsaftereventイベント後にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
gettsateventイベント時にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
gettsbeforeateventイベント前またはイベント時にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
gettsbeforeeventイベント前にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
gettsbetweeneventsイベント間でサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
記述統計
iqrtimeseries データの四分位範囲
maxtimeseries データの最大値
meantimeseries データの平均値
mediantimeseries データの中央値
mintimeseries データの最小値
stdtimeseries データの標準偏差
sumtimeseries データの和
vartimeseries データの分散
時系列コレクション
get (tscollection)tscollection オブジェクト プロパティ値の参照
isempty (tscollection)tscollection オブジェクトが空であるかどうかを判別
length (tscollection)時間ベクトルの長さ
plot時系列プロット
set (tscollection)tscollection オブジェクトのプロパティの設定
size (tscollection)tscollection オブジェクトのサイズ
tscollectiontscollection オブジェクトの作成
addsampletocollectionサンプルを Tscollection オブジェクトに追加
addtsTimeseries オブジェクトを Tscollection オブジェクトに追加
delsamplefromcollectiontscollection オブジェクトからサンプルを削除
getabstime (tscollection)日付文字列時間ベクトルのセル配列への取り出し
getsampleusingtime (tscollection)データ サンプルの新規 tscollection オブジェクトへの取り出し
gettimeseriesnamestscollection オブジェクト内の timeseries オブジェクトの名前のセル配列
horzcat (tscollection)tscollection オブジェクトの水平方向の連結
removetstimeseries オブジェクトを tscollection オブジェクトから削除
resample (tscollection)新規時間ベクトルを使用した tscollection データの選択または内挿
setabstime (tscollection)tscollection オブジェクトの時間を日付文字列として設定
settimeseriesnamestscollection の timeseries オブジェクトの名前の変更
vertcat (tscollection)tscollection オブジェクトの垂直方向の連結

データ型の識別

isa入力が、指定されたクラスのオブジェクトであるかどうかを判別
iscalendarduration入力がカレンダー期間配列かどうかを判別
iscategorical入力がカテゴリカル配列かどうかを判別
iscell入力がセル配列かどうかを判別
iscellstr入力が文字ベクトルのセル配列かどうかを判別
ischar入力が文字配列かどうかを判別
isdatetime入力が datetime 配列かどうかを判別
isduration入力が duration 配列かどうかを判別
isfield入力が構造体配列フィールドかどうかを判別
isfloat入力が浮動小数点配列かどうかを判別
isgraphics有効なグラフィックス オブジェクト ハンドルの場合は True
isinteger入力が整数配列かどうかを判別
isjava入力が Java オブジェクトかどうかを判別
islogical入力が論理配列かどうかを判別
isnumeric入力が数値配列かどうかを判別
isobject入力が MATLAB オブジェクトかどうかを判別
isreal配列が実数かどうかの判別
isenum変数が列挙型かどうかを判別
isstruct入力が構造体配列かどうかを判別
istable入力がテーブルかどうかを判別
is*状態を検出
classオブジェクトのクラスを指定する
validateattributes配列の有効性をチェック
whosワークスペースの変数をサイズおよびタイプと共に一覧表示する

データ型の変換

char文字配列に変換
cellstr文字ベクトルのセル配列に変換
int2str整数を文字配列に変換
mat2str行列を文字ベクトルに変換
num2str数値を文字配列に変換
str2doublestring の倍精度値への変換
str2num文字配列を数値配列に変換
native2unicode数値バイトの Unicode 文字表現への変換
unicode2nativeUnicode 文字表現の数値バイトへの変換
base2dec基数 N の数値を表すテキストを 10 進数に変換
bin2dec2 進数のテキスト表現を 10 進数に変換
dec2base小数を N 進数表現の文字ベクトルに変換
dec2bin小数を 2 進数表現の文字ベクトルに変換
dec2hex小数を 16 進数表現の文字ベクトルに変換
hex2dec16 進数でのテキスト表現を 10 進数に変換
hex2numIEEE 16 進数文字列を倍精度数値に変換
num2hexsingle と double を IEEE 16 進数文字列に変換
table2arrayテーブルの同種配列への変換
table2cellテーブルのセル配列への変換
table2structテーブルの構造体配列への変換
array2table同種配列のテーブルへの変換
cell2tableセル配列のテーブルへの変換
struct2table構造体配列のテーブルへの変換
cell2matセル配列を、基となるデータ型の通常の配列に変換します。
cell2structセル配列を構造体配列に変換
mat2cellセルのサイズが異なる可能性があるセル配列に配列を変換
num2cell一定サイズのセルをもつセル配列への変換
struct2cell構造体をセル配列に変換

数学

初等数学

算術演算

plus加算
uplus単項プラス
minus減算
uminus単項マイナス
times要素単位の乗算
rdivide配列の右除算
ldivide配列の左除算
power要素単位のべき乗
mtimes行列乗算
mrdividex に対する線形方程式 xA = B の求解
mldividex に対する線形方程式 Ax = B の求解
mpower行列のべき乗
cumprod累積積
cumsum累積和
diff差分と近似導関数
movsum移動合計値
prod配列要素の積
sum配列要素の和
ceil正の無限大方向に丸める
fixゼロ方向への丸め
floor負の無限大方向の丸め
idivide丸めオプションを使用した整数の除算
mod除算後の剰余 (モジュロ演算)
rem除算後の剰余
round最も近い小数または整数への丸め
bsxfun暗黙的な拡張を有効にして 2 つの配列に要素単位の演算を適用

三角法

sinラジアン単位の引数の正弦
sind度単位の引数の正弦
asinラジアン単位の逆正弦
asind度単位の逆正弦
sinhラジアン単位の引数の双曲線正弦
asinh逆双曲線正弦
cos引数の余弦 (単位: ラジアン)
cosd引数の余弦 (単位: 度)
acosラジアン単位の逆余弦
acosd度単位の逆余弦
cosh双曲線余弦
acosh逆双曲線余弦
tanラジアン単位の引数の正接
tand度単位の引数の正接
atanラジアン単位の逆正接
atand度単位の逆正接
atan24 象限逆正接
atan2d度単位の 4 象限逆正接
tanh双曲線正接
atanh逆双曲線正接
csc入力角度 (ラジアン単位) の余割
cscd引数の余割 (単位: 度)
acscラジアン単位の逆余割
acscd度単位の逆余割
csch双曲線余割
acsch逆双曲線余割
sec角度の正割 (ラジアン単位)
secd度単位の引数の正割
asecラジアン単位の逆正割
asecd度単位の逆正割
sech双曲線正割
asech逆双曲線正割
cot角度の余接 (ラジアン単位)
cotd引数の余接 (単位: 度)
acotラジアン単位の逆余接
acotd度単位の逆余接
coth双曲線余接
acoth逆双曲線余接
hypot二乗和の平方根 (斜辺)
deg2rad角度を度数からラジアンに変換
rad2deg角度をラジアンから度数に変換

指数と対数

exp指数
expm1x の小さい値の exp(x)-1 を正確に計算
log自然対数
log10常用対数 (10 を底とする)
log1px の小さい値の log(1+x) を正確に計算
log2底を 2 とした対数で、浮動小数点を指数と仮数に分解
nextpow2指定値以上の最小の 2 のべき乗の指数
nthroot実数の n 乗根
pow22 を基底とした指数関数、浮動小数点数のスケーリング
reallog非負の実数配列の常用対数
realpow実数出力のみに対応した配列のべき乗
realsqrt非負の実数配列の平方根
sqrt平方根

複素数

abs絶対値と複素数の大きさ
angle位相角
complex複素数配列の作成
conj複素共役
cplxpair複素数を複素共役のペアに並べ替え
i虚数単位
imag複素数の虚数部
isreal配列が実数かどうかの判別
j虚数単位
real複素数の実数部
sign符号関数 (関数 signum)
unwrap位相角を修正し、滑らかな位相プロットを生成

離散数学

factor素因数
factorial入力の階乗
gcd最大公約数
isprime素数の配列要素を判別
lcm最小公倍数
nchoosek二項係数、または、すべての組み合わせ
perms可能なすべての置換
primes入力値以下の素数
rat有理数近似
rats有理数の出力

多項式

poly指定された根をもつ多項式または特性多項式
polyeig多項式固有値問題
polyfit多項式の曲線近似
residue部分分数展開 (部分分数分解)
roots多項式の根
polyval多項式の計算
polyvalm行列をベースにした多項式の計算
convたたみ込みおよび多項式乗算
deconvデコンボリューションと多項式の除算
polyint多項式の積分
polyder多項式の微分

特殊関数

airyエアリー関数
besselh第 3 種ベッセル関数 (ハンケル関数)
besseli第 1 種変形ベッセル関数
besselj第 1 種ベッセル関数
besselk第 2 種変形ベッセル関数
bessely第 2 種ベッセル関数
betaベータ関数
betainc不完全ベータ関数
betaincinvベータ逆累積分布関数
betalnベータ関数の対数
ellipjヤコビ楕円関数
ellipke第 1 種と第 2 種の完全楕円積分
erf誤差関数
erfc相補誤差関数
erfcinv逆相補誤差関数
erfcxスケーリング相補誤差関数
erfinv逆誤差関数
expint指数積分
gammaガンマ関数
gammainc不完全ガンマ関数
gammaincinv逆不完全ガンマ関数
gammaln関数 gamma の対数
legendreルジャンドル陪関数
psiPsi (ポリガンマ) 関数

直交座標系の変換

cart2pol直交座標を極座標または円柱座標に変換
cart2sph直交座標を球面座標に変換
pol2cart極座標または円柱座標から直交座標への変換
sph2cart球面座標から直交座標への変換

定数とテスト行列

eps浮動小数点相対精度
flintmax浮動小数点形式の最大連続整数
i虚数単位
j虚数単位
Inf無限大
pi円周と直径の比
NaN非数
isfinite有限値の配列要素
isinf無限値の配列要素
isnanNaN の配列要素
companコンパニオン行列
galleryテスト行列
hadamardアダマール行列
hankelハンケル行列
hilbヒルベルト行列
invhilbヒルベルト行列の逆行列
magic魔方陣
pascalパスカル行列
rosser古典的な対称固有値のテスト問題
toeplitzテプリッツ行列
vanderヴァンデルモンド行列
wilkinsonWilkinson の固有値テスト行列

線形代数

mldividex に対する線形方程式 Ax = B の求解
mrdividex に対する線形方程式 xA = B の求解
linsolve線形システム方程式の求解
inv逆行列
pinvMoore-Penrose の疑似逆行列
lscov既知の共分散を使用した最小二乗解法
lsqnonneg非負の線形最小二乗問題を解く
sylvesterSylvester 方程式 AX + XB = C を解いて X を得る
eig固有値と固有ベクトル
eigs固有値および固有ベクトルのサブセット
balance固有値の計算精度を改良するための対角スケーリング
svd特異値分解
svds特異値とベクトルのサブセット
gsvd特異値分解の一般化
ordeig疑似三角行列の固有値
ordqzQZ 分解で固有値の並べ替え
ordschurSchur 分解で固有値の並べ替え
polyeig多項式固有値問題
qz一般化固有値に対する QZ 分解
hess行列のヘッセンベルグ型
schurSchur 分解
rsf2csf実 Schur 型から複素 Schur 型への変換
cdf2rdf複素対角型行列を実数対角ブロック型に変換
lu行列の LU 分解
ldlHermitian 不定行列のブロック LDL 分解
cholコレスキー分解
cholupdateコレスキー分解のランク 1 の更新
qr直交三角分解
qrdeleteQR 分解から列または行を削除
qrinsertQR 分解から列または行を挿入
qrupdateQR 分解のランク 1 の更新
planerotギブンス平面回転
transposeベクトルまたは行列の転置
ctranspose複素共役転置
mtimes行列乗算
mpower行列のべき乗
sqrtm行列の平方根
expm行列指数
logm行列対数
funm一般的な行列関数の計算
kronクロネッカー テンソル積
cross外積
dot内積
bandwidth下方および上方の行列のバンド幅
tril行列の下三角部分
triu行列の上三角部分
isbanded行列が特定のバンド幅内かどうかを判別
isdiag行列が対角かどうかを判別
ishermitian行列がエルミート行列または歪エルミート行列かどうかを判別
issymmetric行列が対称行列または歪対称行列かどうかを判別
istril行列が下三角行列かどうかを判別
istriu行列が上三角行列かどうかを判別
normベクトルと行列のノルム
normest2 ノルムの算出
cond転置に関連する条件数
condest1 ノルム条件数の計算
rcond条件数の逆数
condeig固有値に関する条件数
det行列式
nullヌル空間
orth行列の範囲の正規直交基底
rank行列のランク
rref行の階段型への変換 (ガウス ジョルダン消去)
trace対角要素の和
subspace2 つの部分空間の角度

乱数発生器

rand一様分布の乱数
randn正規分布した乱数
randi整数の一様分布の疑似乱数
randpermランダム置換
rng乱数発生の制御
RandStream乱数ストリーム

内挿

interp11 次データ内挿 (テーブル ルックアップ)
interp2meshgrid 形式の 2 次元グリッド データの内挿
interp3meshgrid 形式の 3 次元グリッド データの内挿
interpnndgrid 形式の 1 次元、2 次元、3 次元、N 次元グリッド データの内挿
griddedInterpolantグリッド データの内挿
pchip区分的 3 次エルミート内挿多項式 (PCHIP)
spline3 次スプライン データ内挿
ppval区分的多項式の計算
mkpp区分的多項式の作成
unmkpp区分的多項式の詳細の抽出
padecoef時間遅延のパデ近似
interpft1 次元内挿 (FFT 法)
ndgridN 次元空間での四角形のグリッド
meshgrid2 次元および 3 次元のグリッド
griddata2 次元または 3 次元の散布データの内挿
griddatanN 次元散布データの内挿
scatteredInterpolant2 次元または 3 次元の散布データの内挿

最適化

fminbnd固定区間上で 1 変数からなる関数の最小値を見つける
fminsearch導関数を使用しない方法で制約なし多変数関数の最小値を見つける
lsqnonneg非負の線形最小二乗問題を解く
fzero非線形関数の根
optimget最適化 options 値
optimset最適化 options 構造体の作成および編集

数値積分と微分方程式

常微分方程式

ode45ノンスティッフ微分方程式の求解 — 中次数法
ode23ノンスティッフ微分方程式の求解 — 低次数法
ode113ノンスティッフ微分方程式の求解 — 可変次数法
ode15sスティッフな微分方程式および微分代数方程式 (DAE) の求解 — 可変次数法
ode23sスティッフ微分方程式の求解 — 低次数法
ode23t中程度にスティッフな常微分方程式 (ODE) と微分代数方程式 (DAE) の求解 — 台形則
ode23tbスティッフ微分方程式の求解 — 台形則 + 後退差分式
ode15i完全陰的微分方程式の求解 — 可変次数法
decicode15i の矛盾のない初期条件を計算
odegetODE のオプション値を抽出
odesetODE ソルバーの options 構造体を作成または変更
deval微分方程式の解の構造体を評価
odextend解を ODE に拡張

境界値問題

bvp4c常微分方程式 (ODE) の境界値問題の求解
bvp5c常微分方程式 (ODE) の境界値問題の求解
bvpinitBVP ソルバーに対する初期推定の作成
bvpxtend境界値問題の解を拡張する推定構造体を作成
bvpgetbvpset で作成された options 構造体からプロパティを抽出
bvpset境界値問題の options 構造体を作成、変更
deval微分方程式の解の構造体を評価

遅延微分方程式

dde23一定の遅れを含む差分方程式 (DDE) を解く
ddesd一般的な遅れを含む微分方程式 (DDE) を解く
ddensd中立型の遅延微分方程式 (DDE) を解く
ddeget遅れを含む微分方程式 options 構造体からプロパティを抽出
ddeset遅延を含む微分方程式 options 構造体を作成または変更
deval微分方程式の解の構造体を評価

偏微分方程式

pdepe1 次元放物-楕円型偏微分方程式 (PDE) の初期-境界値問題の求解
pdeval関数 pdepe の出力を使って、PDE の数値解を計算

数値積分と微分

integral数値積分
integral2数値 2 重積分の評価
integral3数値 3 重積分
quadgk数値積分、適応 Gauss-Kronrod 求積法
quad2d数値 2 重積分、tiled 法
cumtrapz累積台形数値積分
trapz台形数値積分
polyint多項式の積分
del2離散ラプラシアン
diff差分と近似導関数
gradient数値勾配
polyder多項式の微分

フーリエ解析とフィルター処理

fft高速フーリエ変換
fft22 次元の高速フーリエ変換
fftnN 次元の高速フーリエ変換
fftshiftゼロ周波数成分をスペクトルの中心に移動
fftwFFT アルゴリズムを決定するメソッドの定義
ifft逆フーリエ高速変換
ifft22 次元高速フーリエ変換
ifftn多次元逆高速フーリエ変換
ifftshift逆ゼロ周波数シフト
nextpow2指定値以上の最小の 2 のべき乗の指数
interpft1 次元内挿 (FFT 法)
convたたみ込みおよび多項式乗算
conv22 次元のたたみ込み
convnN 次元のたたみ込み
deconvデコンボリューションと多項式の除算
filter1 次元のデジタル フィルター
filter22 次元のデジタル フィルター
ss2tf状態空間表現から伝達関数への変換
padecoef時間遅延のパデ近似

スパース行列

spallocスパース行列に対するメモリの割り当て
spdiagsスパース帯行列またはスパース対角行列の抽出と作成
speyeスパース単位行列
sprand一様分布するスパース ランダム行列
sprandn正規分布するスパース ランダム行列
sprandsymスパース対称ランダム行列
sparseスパース行列の作成
spconvert外部書式のスパース行列のインポート
issparse入力がスパースかどうかを判別
nnz非ゼロ行列要素の数
nonzeros非ゼロ行列要素
nzmax行列内の非ゼロ要素に対して割り当てられるストレージの総量
spfunスパース行列の非ゼロ要素に関数を適用
spones非ゼロのスパース行列要素を 1 で置き換え
spparmsスパース行列ルーチンのパラメーター設定
spyスパース パターンの可視化
find非ゼロ要素のインデックスと値を見つける
fullスパース行列を非スパース行列に変換
amd近似最小次数の置換
colamd列の近似最小次数置換
colperm非ゼロ要素数に基づくスパース列置換
dmpermDulmage-Mendelsohn 分解
randpermランダム置換
symamd対称な近似最小次数置換
symrcmスパース逆 Cuthill-McKee での並べ替え
pcg前処理を使った共役勾配法
minres最小残差法
symmlq対称 LQ 法
gmres一般化最小残差法 (リスタート付き)
bicg双共役傾斜法
bicgstab双共役傾斜安定化法
bicgstabl双共役傾斜安定化 (l) 法
cgs共役傾斜二乗法
qmr準最小残差法
tfqmr転置なしの疑似的最小残差法
lsqrLSQR 法
ichol 不完全コレスキー分解
ilu不完全 LU 分解
eigs固有値および固有ベクトルのサブセット
svds特異値とベクトルのサブセット
normest2 ノルムの算出
condest1 ノルム条件数の計算
sprank構造化ランク
etreeツリーの消去
symbfactシンボリックな因子解析
spaugment最小二乗拡大システムの作成
dmpermDulmage-Mendelsohn 分解
etreeplot消去ツリーのプロット
treelayoutツリーまたはフォレストの配置
treeplotツリー図のプロット
gplot隣接行列を表すノードおよびリンクのプロット
unmeshエッジ行列を座標行列とラプラシアン行列に変換する

グラフとネットワーク アルゴリズム

graph無向グラフを作成
digraph有向グラフの作成
addnode新しいノードをグラフに追加
rmnodeグラフからノードを削除
addedge新しいエッジをグラフに追加
rmedgeグラフからエッジを削除
flipedgeエッジの方向の反転
numnodesグラフのノード数
numedgesグラフ エッジの数
findnodeグラフ内のノードを検出
findedgeグラフ内のエッジを検出
reordernodesグラフ ノードを並べ替える
subgraph部分グラフを抽出
bfsearchグラフの幅優先検索
dfsearchグラフの深さ優先検索
centralityノードの重要度を測定
maxflowグラフの最大フロー
conncompグラフの連結要素
biconncompグラフの 2 重連結要素
condensationグラフの縮合
bctreeブロックカット木グラフ
minspantreeグラフの最小全域木
toposort有向非循環グラフのトポロジカル順序
isdagグラフが非循環かどうかの判定
transclosure推移閉包
transreduction推移還元
isisomorphic2 つのグラフが準同型であるかどうかを判別
isomorphism2 つのグラフ間の同値関係の計算
shortestpath2 つの単一ノード間の最短経路
shortestpathtreeノードからの最短経路木
distancesすべてのノード ペアの最短経路の距離
adjacencyグラフの隣接行列
incidenceグラフの接続行列
laplacianグラフのラプラシアン行列
degreeグラフ ノードの次数
neighborsグラフ ノードの隣接ノード
nearest半径内の最近傍
indegreeノードの入次数
outdegreeノードの出次数
predecessors先行ノード
successors後続ノード
plotグラフ プロット
labeledgeグラフ エッジにラベルを付ける
labelnodeグラフ ノードにラベルを付ける
layoutグラフ プロットのレイアウトを変更
highlightプロットしたグラフのノードおよびエッジを強調表示
graph無向エッジをもつグラフ
digraph有向エッジをもつグラフ
GraphPlot有向グラフと無向グラフのグラフ プロット

計算幾何学

三角形分割表現

triangulation2 次元または 3 次元の三角形分割
tetramesh四面体メッシュ プロット
trimesh三角形メッシュ プロット
triplot2 次元三角形プロット
trisurf三角形表面プロット

Delaunay 三角形分割

delaunayTriangulation2 次元および 3 次元における Delaunay の三角形分割
delaunayDelaunay 三角形分割
delaunaynN 次元 Delaunay 三角形分割
tetramesh四面体メッシュ プロット
trimesh三角形メッシュ プロット
triplot2 次元三角形プロット
trisurf三角形表面プロット
triangulation2 次元または 3 次元の三角形分割
delaunayTriangulation2 次元および 3 次元における Delaunay の三角形分割
dsearchnn 次元最近傍点探索
tsearchnn 次元の近傍シンプレックス探索
delaunayDelaunay 三角形分割
delaunaynN 次元 Delaunay 三角形分割

境界領域

boundary2 次元または 3 次元の点集合の境界
alphaShape2 次元および 3 次元の点で構成される多角形および多面体
convhull凸包
convhullnN 次元の凸包
alphaShape2 次元および 3 次元の点で構成される多角形および多面体

ボロノイ線図

patch1 つまたは複数の塗りつぶされた多角形の作成
voronoiボロノイ線図
voronoinN 次元ボロノイ線図

基本的な多角形

polyarea多角形の面積
inpolygon多角形領域の内側またはエッジ上の点
rectint四角形が重なる領域の算出

グラフィックス

2 次元および 3 次元プロット

ライン プロット

plot線形 2 次元プロット
plot3線形 3 次元プロット
loglog両対数スケール プロット
semilogx片対数プロット
semilogy片対数プロット
errorbar誤差範囲のあるライン プロット
fplot式または関数をプロット
fplot33 次元パラメトリック曲線のプロット
fimplicit陰関数のプロット
LineSpec (Line Specification)ラインの仕様
ColorSpec (Color Specification)カラー スペック

円グラフ、棒グラフ、ヒストグラム

bar棒グラフ
bar33 次元の棒グラフをプロット
barh横棒グラフのプロット
bar3h3 次元の横棒グラフをプロット
histogramヒストグラム プロット
histcountsヒストグラムのビンのカウント数
histogram22 変量ヒストグラム プロット
histcounts22 変量ヒストグラムのビンのカウント数
rose角度ヒストグラム プロット
paretoパレート図
area2 次元プロットの面積の塗りつぶし
pie円グラフ
pie33 次元円グラフ
histogram数値データ用のヒストグラムの棒グラフ
histogram22 変量データのヒストグラムの棒グラフ

離散データ プロット

stem離散データ列のプロット
stairs階段状プロット
stem33 次元離散データ列のプロット
scatter散布図
scatter33 次元散布図
spyスパース パターンの可視化
plotmatrix散布図プロット行列
heatmapヒートマップ チャートの作成

極座標プロット

polarplot極座標にラインをプロット
polarscatter極座標の散布図
polarhistogram極座標のヒストグラム
compass原点から放射状に矢印をプロット
ezpolar簡単な極座標プロット表示法
rlim極座標軸の r 軸の範囲の設定とクエリ
thetalim極座標軸の θ 軸の範囲の設定とクエリ
rticksr 軸の目盛り値の設定またはクエリ
thetatickstheta 軸の目盛り値の設定またはクエリ
rticklabelsr 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
thetaticklabelstheta 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
rtickformatr 軸の目盛りラベルの形式を指定
thetatickformattheta 軸の目盛りラベルの形式を指定
rtickangler 軸の目盛りラベルの回転
polaraxes極座標軸を作成

等高線図

contour行列の等高線図
contourf塗りつぶした 2 次元等高線図
contourc低水準の等高線図計算
contour33 次元等高線図
contourslice物体スライス平面内に等高線を描画する
clabel等高線図の標高にラベルを付ける
fcontour等高線をプロット

ベクトル場

feather速度ベクトルのプロット
quiver矢印プロットまたは速度プロット
compass原点から放射状に矢印をプロット
quiver33 次元の矢印プロットまたは速度プロット
streamsliceスライス平面内のストリームラインの描画
streamline2 次元または 3 次元ベクトル データからストリームラインの描画

表面、ボリュームおよび多角形

表面プロットとメッシュ プロット
surf表面プロット
surfc3 次元影付き表面プロットの下の等高線図
surfaceSurface オブジェクトの作成
surflカラーマップ ベースのライティングによる表面のプロット
surfnorm3 次元表面の法線の計算と表示
meshメッシュ プロット
meshcメッシュ グラフの下に等高線グラフをプロットする
meshzメッシュ プロットの周りにカーテンをプロットする
hiddenメッシュ プロットの陰線処理
fsurf3 次元表面をプロット
fmesh3 次元メッシュをプロット
fimplicit33 次元陰関数のプロット
waterfallウォーターフォール プロット
ribbonリボン プロット
contour33 次元等高線図
peaks2 変数のサンプル関数
cylinder円柱座標の作成
ellipsoid楕円を作成
sphere球面座標の作成
pcolor疑似カラー (チェッカーボード) プロット
surf2patch表面データをパッチデータに変換する
ボリューム データの可視化
contourslice物体スライス平面内に等高線を描画する
flow3 変数の単純な関数
isocaps等値面 end cap 形状を計算
isocolors等値面とパッチ カラーを計算
isonormals等値面の頂点の法線を計算
isosurface物体データから等値面データを抽出
reducepatchパッチ面の数を減らす
reducevolumeボリューム データセット内の要素数を減らす
shrinkfacesパッチ面のサイズの減少
slice容積測定スライス プロット
smooth33 次元データを平滑化する
subvolume3 次元データセットのサブセットを抽出
volumebounds物体データに対する座標と色の範囲
coneplot速度ベクトルを 3 次元ベクトル場の円錐としてプロット
curlベクトル場の回転と角速度を計算
divergenceベクトル場の発散を計算
interpstreamspeedフロー速度 (流れの程度) からストリームライン点を内挿
stream22 次元ストリームライン データの計算
stream33 次元ストリームライン データの計算
streamline2 次元または 3 次元ベクトル データからストリームラインの描画
streamparticlesストリーム粒子の表示
streamribbon3 次元ストリーム リボン プロットのベクトル ボリューム データからの作成
streamsliceスライス平面内のストリームラインの描画
streamtube3 次元ストリーム チューブ プロットの作成
多角形
fill2 次元の多角形の塗りつぶし
fill33 次元の多角形の塗りつぶし
patch1 つまたは複数の塗りつぶされた多角形の作成
surf2patch表面データをパッチデータに変換する

アニメーション

movie記録されたムービー フレームを連続的に表示
getframe座標軸または Figure のムービー フレームとしてのキャプチャ
frame2imムービー フレームに関連するイメージ データを返す
im2frameイメージをムービー フレームに変換
animatedlineアニメーション化されたラインの作成
comet2 次元コメット プロット
comet33 次元コメット プロット
drawnowFigure を更新してコールバックを処理する
refreshdataデータ ソースが指定されたときにグラフ内のデータを更新
AnimatedLineラインのアニメーション

書式設定と注釈

タイトルとラベル

titleタイトルの追加
xlabelx 軸のラベル付け
ylabely 軸のラベル付け
zlabelz 軸のラベル付け
clabel等高線図の標高にラベルを付ける
legend座標軸への凡例の追加
colorbarカラー スケールを示すカラー バー
textデータ点に説明テキストを追加
texlabelTeX 文字を使用したテキストの書式設定
gtextマウス操作で Figure にテキストを追加
lineプリミティブ ラインの作成
rectangle直角または角丸のコーナーをもつ四角形の作成
annotation注釈の作成

座標軸の外観

xlimx 軸の範囲の設定とクエリ
ylimy 軸の範囲の設定とクエリ
zlimz 軸の範囲の設定とクエリ
axis軸の範囲と縦横比の設定
box座標軸の外枠の表示
daspect各軸でのデータ単位の長さを制御
pbaspect各軸の相対的な長さの制御
grid座標軸のグリッド ラインの表示または非表示
xticksx 軸の目盛り値の設定またはクエリ
yticksy 軸の目盛り値の設定またはクエリ
zticksz 軸の目盛り値の設定またはクエリ
xticklabelsx 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
yticklabelsy 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
zticklabelsz 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
xtickformatx 軸の目盛りラベルの形式を指定
ytickformaty 軸の目盛りラベルの形式を指定
ztickformatz 軸の目盛りラベルの形式を指定
xtickanglex 軸の目盛りラベルの回転
ytickangley 軸の目盛りラベルの回転
ztickanglez 軸の目盛りラベルの回転
datetick日付を書式化した目盛りラベルを付ける
ruler2numデータを特定のルーラーから数値データに変換
num2ruler数値データを特定のルーラーで使用できるよう変換
hold新しいプロットを追加するときに現在のプロットを保持
subplotタイル状に配置された Axes の作成
yyaxis2 本の y 軸があるチャートの作成
cla座標軸のクリア
axes直交座標軸の作成
figureFigure ウィンドウの作成

カラーマップ

colormap現在のカラーマップの表示と設定
colorbarカラー スケールを示すカラー バー
rgbplotカラーマップのプロット
colormapeditorカラーマップ エディターを開く
brightenカラーマップの輝度の変更
contrastコントラストを強調するグレースケール カラーマップ
caxis色軸のスケーリング
spinmapカラーマップの回転
hsv2rgbHSV カラーマップを RGB カラーマップに変換
rgb2hsvRGB カラーマップを HSV カラーマップに変換
parulaparula カラーマップ配列
jetjet カラーマップ配列
hsvhsv カラーマップ配列
hothot カラーマップ配列
coolcool カラーマップ配列
springspring カラーマップ配列
summersummer カラーマップ配列
autumnautumn カラーマップ配列
winterwinter カラーマップ配列
graygray カラーマップ配列
bonebone カラーマップ配列
coppercopper カラーマップ配列
pinkpink カラーマップ配列
lineslines カラーマップ配列
colorcubecolorcube カラーマップ配列
prismprism カラーマップ配列
flagflag カラーマップ配列

3 次元シーン制御

カメラ ビュー
view視点の指定
makehgtform4 行 4 列の変換行列の作成
viewmtx視点変換行列
cameratoolbarカメラ ツール バーをプログラム内から制御
campanカメラ位置を中心としてカメラのターゲットを回転する
camzoom画面表示の拡大/縮小
camdollyカメラ位置とターゲットを移動する
camlookatオブジェクトまたはオブジェクトのグループに向けてカメラを配置
camorbitカメラのターゲットを中心としてカメラ位置を回転
camposカメラ位置の設定またはクエリ
camproj射影タイプの設定またはクエリ
camroll視点軸を中心としてカメラを回転
camtargetカメラ ターゲット位置の設定またはクエリ
camupカメラの上向きベクトルの設定またはクエリ
camvaカメラ視点角度の設定またはクエリ
ライティング、透明度、およびシェーディング
camlightカメラの座標系内で light オブジェクトを作成または移動する
lightLight を作成
lightangle球面座標系で Light オブジェクトを作成または設置
lightingライティング アルゴリズムを選択
shadingカラー シェーディング プロパティの設定
diffuse拡散光反射を計算
materialSurface および Patch オブジェクトの反射率プロパティの制御
specular鏡面反射の計算
alim座標軸のアルファ値の範囲を設定またはクエリ
alpha座標軸内のオブジェクトに透明度を追加
alphamapFigure の alphamap (透明度) を設定

イメージ

imshowイメージの表示
image配列のイメージ表示
imagescスケーリングした色によるイメージの表示
imreadグラフィックス ファイルからイメージを読み込む
imwriteイメージをグラフィックス ファイルに書き込む
imfinfoグラフィックス ファイルの情報
imformatsイメージ ファイル形式レジストリを管理
frame2imムービー フレームに関連するイメージ データを返す
im2frameイメージをムービー フレームに変換
im2javaイメージを Java イメージに変換
im2doubleイメージを倍精度に変換
ind2rgbインデックス付きイメージを RGB イメージに変換
rgb2grayRGB イメージまたはカラーマップをグレースケールに変換
rgb2indRGB イメージをインデックス付きイメージに変換
imapprox色の数を減らしてインデックス付きイメージを近似
ditherディザリングによって見かけのカラー解像度を上げてイメージを変換
cmpermuteカラーマップ内の色の再配列
cmuniqueカラーマップ内で重複している色を削除したり、グレースケールまたはトゥルーカラーのイメージをインデックス付きイメージに変換したりする

印刷と保存

printFigure の印刷または特定のファイル形式での保存
saveas特定のファイル形式への Figure の保存
getframe座標軸または Figure のムービー フレームとしてのキャプチャ
savefigFigure とその内容を FIG ファイルに保存
openfigFIG ファイルに保存されている Figure を開く
orient印刷または保存時の用紙方向
hgexportFigure をエクスポート
printoptプリンターの既定の設定

グラフィックス オブジェクト

グラフィックス オブジェクトのプロパティ

getグラフィックス オブジェクトのプロパティのクエリ
setグラフィックス オブジェクトのプロパティの設定
resetグラフィックス オブジェクトのプロパティを既定の設定にリセット
inspectプロパティ インスペクターを開く

グラフィックス オブジェクトの識別

gca現在の座標軸またはチャート
gcf現在の Figure ハンドル番号の取得
gcbfコールバックを実行しているオブジェクトを含む Figure のハンドル
gcboコールバックが実行されているオブジェクトのハンドル
gco現在のオブジェクトのハンドル
grootグラフィックス ルート オブジェクト
ancestorグラフィックス オブジェクトの上位オブジェクト
allchild指定したオブジェクトのすべての子オブジェクトを求める
findallすべてのグラフィックス オブジェクトを見つける
findobj固有のプロパティをもつグラフィックス オブジェクトを見つける
findfigs可視なオフスクリーン Figure を見つける
gobjectsグラフィックス オブジェクトの配列の初期化
isgraphics有効なグラフィックス オブジェクト ハンドルの場合は True
ishandle有効なグラフィックスまたは Java オブジェクト ハンドルのテスト
copyobjグラフィックス オブジェクトとその子オブジェクトのコピー
deleteファイルまたはオブジェクトを削除

グラフィックス オブジェクトのプログラミング

gobjectsグラフィックス オブジェクトの配列の初期化
isgraphics有効なグラフィックス オブジェクト ハンドルの場合は True
isempty配列が空かどうかを判別
isequal配列の等価性を判別
isa入力が、指定されたクラスのオブジェクトであるかどうかを判別
clf現在の Figure ウィンドウをクリア
cla座標軸のクリア
close指定した Figure を削除

対話制御とコールバック

uicontextmenuコンテキスト メニューの作成
uimenu Figure ウィンドウのメニューとメニュー項目 の作成
dragrectマウスを使って四角形をドラッグ
rbbox領域を選択するためのラバーバンド ボックスの作成
refresh現在の Figure の再描画
shg最新のグラフ ウィンドウの表示

オブジェクト コンテナー

hggroupグループ オブジェクトの作成
hgtransform変換オブジェクトの作成
makehgtform4 行 4 列の変換行列の作成
eye単位行列

グラフィックス出力のターゲットの指定

hold新しいプロットを追加するときに現在のプロットを保持
ishold現在ホールド状態
newplotグラフィックス オブジェクトの描画位置の決定
clf現在の Figure ウィンドウをクリア
cla座標軸のクリア

グラフィックス パフォーマンス

drawnowFigure を更新してコールバックを処理する
openglOpenGL レンダリングの制御

データのインポートと解析

データのインポートとエクスポート

標準ファイル形式

テキスト ファイル
readtableファイルからのテーブルの作成
detectImportOptionsファイルの内容に基づくインポート オプションの作成
writetableファイルへのテーブルの書き込み
textscanテキスト ファイルまたは文字列から書式付きデータを読み取る
dlmread数値データの ASCII 区切りファイルを行列に読み込む
dlmwrite行列を ASCII 区切りファイルに書き込む
csvreadコンマ区切り値 (CSV) ファイルの読み取り
csvwriteコンマ区切り値ファイルの書き込み
typeファイルの内容の表示
DelimitedTextImportOptions区切りテキストのインポート オプション オブジェクト
FixedWidthImportOptions固定幅テキスト ファイルのインポート オプション オブジェクト
スプレッドシート
readtableファイルからのテーブルの作成
detectImportOptionsファイルの内容に基づくインポート オプションの作成
writetableファイルへのテーブルの書き込み
xlsfinfoファイルに Microsoft Excel スプレッドシートが含まれるかどうかの判別
xlsreadMicrosoft Excel スプレッドシート ファイルを読み取る
xlswriteMicrosoft Excel スプレッドシート ファイルへの書き込み
importdataファイルからデータを読み込む
SpreadsheetImportOptionsスプレッドシートのインポート オプション オブジェクト
イメージ
im2javaイメージを Java イメージに変換
imfinfoグラフィックス ファイルの情報
imreadグラフィックス ファイルからイメージを読み込む
imwriteイメージをグラフィックス ファイルに書き込む
TiffLibTIFF ライブラリ ルーチンの MATLAB ゲートウェイ
科学データ
NetCDF ファイル
nccreateNetCDF ファイルの変数の作成
ncdispコマンド ウィンドウに NetCDF データ ソースの内容を表示する
ncinfoNetCDF データ ソースに関する情報を返す
ncreadNetCDF データ ソース内の変数からデータを読み取る
ncreadattNetCDF データ ソースから属性値を読み取る
ncwriteNetCDF ファイルにデータを書き込む
ncwriteattNetCDF ファイルへの属性の書き込み
ncwriteschemaNetCDF ファイルへの NetCDF スキーマ定義の追加
HDF5 ファイル
高水準関数
h5createHDF5 データセットの作成
h5dispHDF5 ファイルの内容の表示
h5infoHDF5 ファイルに関する情報を返す
h5readHDF5 データセットからのデータの読み取り
h5readattHDF5 ファイルからの属性の読み取り
h5writeHDF5 データセットへの書き込み
h5writeattHDF5 属性の書き込み
低水準関数
ライブラリ (H5)
H5.closeHDF5 ライブラリを閉じる
H5.garbage_collectHDF5 ライブラリ内の使用されていないメモリの解放
H5.get_libversionHDF5 ライブラリのバージョン
H5.openHDF5 ライブラリを開く
H5.set_free_list_limitsfree リストのサイズ制限の設定
属性 (H5A)
H5A.close指定した属性を閉じる
H5A.create属性の作成
H5A.delete属性の削除
H5A.get_info属性に関する情報
H5A.get_name属性名
H5A.get_space属性のデータ領域のコピー
H5A.get_type属性のデータ型のコピー
H5A.iterateオブジェクトに付加された属性に対する関数の実行
H5A.open属性を開く
H5A.open_by_idxインデックスで指定された属性を開く
H5A.open_by_name名前で指定された属性を開く
H5A.read属性の読み取り
H5A.write属性の書き込み
データセット (H5D)
H5D.closeデータセットを閉じる
H5D.create新しいデータセットの作成
H5D.get_access_plistデータセット アクセス プロパティ リストのコピー
H5D.get_create_plistデータセット作成プロパティ リストのコピー
H5D.get_offsetファイル内のデータセットの位置
H5D.get_spaceデータセットのデータ領域のコピー
H5D.get_space_status領域が割り当てられているかどうかを判別
H5D.get_storage_size必要なストレージ サイズを判断
H5D.get_typeデータ型のコピー
H5D.open指定されたデータセットを開く
H5D.readHDF5 データセットからのデータの読み取り
H5D.set_extentデータセットの次元のサイズを変更
H5D.vlen_get_buf_size可変長ストレージ要件を判断
H5D.writeHDF5 データセットへのデータの書き込み
次元のスケール (H5DS)
H5DS.attach_scale特定のデータセットの次元に次元のスケールを付加
H5DS.detach_scale特定のデータセットの次元から次元のスケールを削除
H5DS.get_label特定のデータセットの次元からラベルを取得
H5DS.get_num_scalesデータセットの次元に付加されたスケールの数
H5DS.get_scale_name次元のスケールの名前
H5DS.is_scaleデータセットが次元のスケールかどうかを判別
H5DS.iterate_scalesデータセットの次元に付加されたスケールの反復
H5DS.set_labelデータセットの次元のラベルを設定
H5DS.set_scaleデータセットを次元のスケールに変換
エラー (H5E)
H5E.clearエラー スタックのクリア
H5E.get_majorメジャー エラー番号の説明
H5E.get_minorマイナー エラー番号の説明
H5E.walkエラー スタック内の移動
ファイル (H5F)
H5F.closeHDF5 ファイルを閉じる
H5F.createHDF5 ファイルの作成
H5F.flushディスクへのバッファーのフラッシュ
H5F.get_access_plistファイル アクセス プロパティ リスト
H5F.get_create_plistファイル作成プロパティ リスト
H5F.get_filesizeHDF5 ファイルのサイズ
H5F.get_freespaceファイル内の空き領域の量
H5F.get_infoファイルに関するグローバル情報
H5F.get_mdc_configメタデータ キャッシュの構成
H5F.get_mdc_hit_rateメタデータ キャッシュのヒット率
H5F.get_mdc_sizeメタデータ キャッシュのサイズ データ
H5F.get_nameHDF5 ファイルの名前
H5F.get_obj_countHDF5 ファイル内の開かれているオブジェクトの数
H5F.get_obj_ids開かれている HDF5 ファイル オブジェクトのリスト
H5F.is_hdf5ファイルが HDF5 であるかどうかを判別
H5F.mount指定した場所への HDF5 ファイルのマウント
H5F.openHDF5 ファイルを開く
H5F.reopenHDF5 ファイルを再度開く
H5F.set_mdc_configHDF5 ファイルのメタデータ キャッシュの構成
H5F.unmountマウント ポイントからのファイルまたはグループのマウント解除
グループ (H5G)
H5G.closeグループを閉じる
H5G.createグループの作成
H5G.get_infoグループに関する情報
H5G.open指定されたグループを開く
識別子 (H5I)
H5I.dec_ref参照カウントの減分
H5I.get_file_id指定されたオブジェクトのファイル識別子
H5I.get_nameオブジェクトの名前
H5I.get_refオブジェクトの参照カウント
H5I.get_typeオブジェクトのタイプ
H5I.inc_ref指定されたオブジェクトの参照カウントのインクリメント
H5I.is_valid指定した識別子が有効かどうかを判別
リンク (H5L)
H5L.copyソース場所からコピー先へのリンクのコピー
H5L.create_external外部オブジェクトへのソフト リンクの作成
H5L.create_hardハード リンクの作成
H5L.create_softソフト リンクの作成
H5L.deleteリンクの削除
H5L.existsリンクが存在するかどうかを判別
H5L.get_infoリンクに関する情報
H5L.get_name_by_idxインデックスで指定されたリンクに関する情報
H5L.get_valシンボリック リンクの値
H5L.iterateリンクの反復
H5L.iterate_by_name名前で指定されたグループ内のリンクの反復
H5L.moveリンク名の変更
H5L.visitグループ識別子で指定されたグループ内のリンクを再帰的に反復
H5L.visit_by_name場所およびグループ名で指定されたグループ内のリンクを再帰的に反復
MATLAB (H5ML)
H5ML.compare_values2 つの HDF5 値を数値的に比較
H5ML.get_constant_namesHDF5 ライブラリで既知の定数
H5ML.get_constant_value文字列に対応する値
H5ML.get_function_namesHDF5 ライブラリで提供されている関数
H5ML.get_mem_datatypeデータセット ID のデータ型
オブジェクト (H5O)
H5O.closeオブジェクトを閉じる
H5O.copyソース場所からコピー先へのオブジェクトのコピー
H5O.get_commentオブジェクト識別子で指定されたオブジェクトのコメントを取得
H5O.get_comment_by_name場所およびオブジェクト名で指定されたオブジェクトのコメントを取得
H5O.get_infoオブジェクトのメタデータ
H5O.link特定のオブジェクトへのハード リンクの作成
H5O.open指定されたオブジェクトを開く
H5O.open_by_idxインデックスで指定されたオブジェクトを開く
H5O.set_commentオブジェクト識別子で指定されたオブジェクトのコメントを設定
H5O.set_comment_by_name場所およびオブジェクト名で指定されたオブジェクトのコメントを設定
H5O.visitオブジェクト識別子で指定されたオブジェクトの参照
H5O.visit_by_name場所およびオブジェクト名で指定されたオブジェクトの参照
プロパティ (H5P)
一般的なプロパティ リスト操作
H5P.closeプロパティ リストを閉じる
H5P.copyプロパティ リストのコピー
H5P.create新しいプロパティ リストの作成
H5P.get_classプロパティ リスト クラス
汎用プロパティ リスト操作
H5P.close_classプロパティ リスト クラスを閉じる
H5P.equalプロパティ リストの等価性を判断
H5P.exist指定されたプロパティがプロパティ リストにあるかどうかを判別
H5P.getプロパティ リスト内の指定されたプロパティの値
H5P.get_class_nameプロパティ リスト クラスの名前
H5P.get_class_parent親クラスの識別子
H5P.get_npropsプロパティ リストまたはクラス内のプロパティ数のクエリ
H5P.get_sizeプロパティ値のサイズ (バイト数) のクエリ
H5P.isa_classプロパティ リストがクラスのメンバーであるかどうかを判別
H5P.iterateプロパティ リストのプロパティの反復
H5P.setプロパティ リスト値の設定
データセット アクセス、メモリおよび転送プロパティ
H5P.get_btree_ratiosB ツリーの分割比
H5P.get_chunk_cache生データ チャンク キャッシュ パラメーター
H5P.get_edc_checkエラー検出が有効かどうかを判別
H5P.get_hyper_vector_sizeI/O ベクトルの数
H5P.set_btree_ratiosデータセット転送の B ツリーの分割比を設定
H5P.set_chunk_cache生データ チャンク キャッシュ パラメーターの設定
H5P.set_edc_checkデータセット転送のエラー検出の有効化
H5P.set_hyper_vector_sizeハイパースラブ I/O の I/O ベクトルの数を設定
データセット作成プロパティ
H5P.all_filters_availすべてのフィルターの使用可能性を判断
H5P.fill_value_defined埋め込み値が定義されているかどうかを判別
H5P.get_alloc_timeストレージ スペースの割り当てのタイミングを返す
H5P.get_chunkチャンクのサイズを返す
H5P.get_external外部ファイルに関する情報を返す
H5P.get_external_count外部ファイルの数を返す
H5P.get_fill_time埋め込み値がデータセットに書き込まれる時間を返す
H5P.get_fill_valueデータセットの埋め込み値を返す
H5P.get_filterパイプライン内のフィルターに関する情報を返す
H5P.get_filter_by_id指定されたフィルターに関する情報を返す
H5P.get_layoutデータセットの生データのレイアウトを判断
H5P.get_nfiltersパイプライン内のフィルターの数を返す
H5P.modify_filterパイプライン内のフィルターの変更
H5P.remove_filterプロパティ リストからのフィルターの削除
H5P.set_alloc_timeストレージ スペースの割り当てのタイミングを設定
H5P.set_chunkチャンク サイズの設定
H5P.set_deflate圧縮法と圧縮レベルの設定
H5P.set_external外部ファイルのリストにファイルを追加
H5P.set_fill_time埋め込み値がデータセットに書き込まれる時間を設定
H5P.set_fill_valueデータセット作成プロパティ リストの埋め込み値を設定
H5P.set_filterフィルター パイプラインへのフィルターの追加
H5P.set_fletcher32データセット作成の Fletcher32 チェックサム フィルターの設定
H5P.set_layoutデータセットのストレージのタイプの設定
H5P.set_nbitN ビット フィルターの設定
H5P.set_scaleoffsetScale-Offset フィルターの設定
H5P.set_shuffleシャッフル フィルターの設定
ファイル アクセス プロパティ
H5P.get_alignment配置プロパティの取得
H5P.get_driver低水準ファイル ドライバー
H5P.get_family_offsetファミリ ファイル ドライバーのオフセット
H5P.get_fapl_coreファイル ドライバーのコア プロパティに関する情報
H5P.get_fapl_familyファイル アクセス プロパティ リストの情報
H5P.get_fapl_multiマルチファイル アクセス プロパティ リストに関する情報
H5P.get_fclose_degreeファイル クローズ レベル
H5P.get_libver_boundsライブラリ バージョンの範囲設定
H5P.get_gc_referencesガベージ コレクション参照の設定
H5P.get_mdc_configメタデータ キャッシュの構成
H5P.get_meta_block_sizeメタデータ ブロック サイズの設定
H5P.get_multi_typeMULTI ドライバーのデータ プロパティの型
H5P.get_sieve_buf_sizeデータ シーブ バッファーの最大サイズ
H5P.get_small_data_block_size小さいデータ ブロック サイズの設定
H5P.set_alignmentファイル アクセス プロパティ リストの配置プロパティの設定
H5P.set_family_offsetファイルのファミリにオフセット プロパティを設定
H5P.set_fapl_coreH5FD_CORE ドライバーを使用するようにファイル アクセスを変更
H5P.set_fapl_familyファミリ ドライバーを使用するようにファイル アクセスを設定
H5P.set_fapl_logログ ドライバーの使用を設定
H5P.set_fapl_multiマルチファイル ドライバーの使用を設定
H5P.set_fapl_sec2sec2 ドライバー用にファイル アクセスを設定
H5P.set_fapl_split分割ファイル ドライバーのエミュレーション用にファイル アクセスを設定
H5P.set_fapl_stdio標準 I/O ドライバー用にファイル アクセスを設定
H5P.set_fclose_degreeファイル アクセスのファイル クローズ レベルを設定
H5P.set_gc_referencesガベージ コレクション参照フラグの設定
H5P.set_libver_boundsオブジェクトのライブラリ バージョンの範囲を設定
H5P.set_mdc_configメタデータ キャッシュの初期構成の設定
H5P.set_meta_block_sizeメタデータ ブロックの最小サイズの設定
H5P.set_multi_typeMULTI ドライバーを使用してアクセスするデータ型を指定
H5P.set_sieve_buf_sizeデータ シーブ バッファーの最大サイズの設定
H5P.set_small_data_block_size小さいデータ用に予約されたブロックのサイズの設定
ファイル作成プロパティ
H5P.get_istore_kインデックス付きストレージ B ツリーの 1/2 ランクを返す
H5P.get_sizesオフセットのサイズと長さを返す
H5P.get_sym_kB ツリー 1/2 ランクのサイズおよびリーフ ノード 1/2 サイズを返す
H5P.get_userblockユーザー ブロックのサイズを返す
H5P.get_versionファイル作成プロパティ リストのバージョン情報を返す
H5P.set_istore_kチャンク化されたデータセットをインデックス付けするためのパラメーターのサイズを設定
H5P.set_sizesオフセットのバイト サイズと長さの設定
H5P.set_sym_kシンボル テーブルのノードの制御に使用するパラメーターのサイズの設定
H5P.set_userblockユーザー ブロックのサイズの設定
オブジェクトのコピーおよびオブジェクト作成のプロパティ
H5P.get_attr_creation_order順序の追跡およびインデックス作成の設定を返す
H5P.get_attr_phase_change属性フェーズ変更のしきい値の取得
H5P.get_copy_objectオブジェクトをコピーするときに使用するプロパティを返す
H5P.set_attr_creation_order属性作成順序の追跡の設定
H5P.set_attr_phase_change属性ストレージ位相変更しきい値の設定
H5P.set_copy_objectオブジェクトをコピーするときに使用するプロパティの設定
グループ作成プロパティ
H5P.get_create_intermediate_group直接グループの作成を決定
H5P.get_link_creation_orderリンク作成順序が追跡されているかどうかをクエリする
H5P.get_link_phase_changeグループ間変換の設定のクエリ
H5P.set_create_intermediate_group中間グループの作成の設定
H5P.set_link_creation_order作成順序の追跡とインデックス作成の設定
H5P.set_link_phase_changeグループ変換のパラメーターの設定
HDF5 文字列プロパティ
H5P.get_char_encoding文字エンコードを返す
H5P.set_char_encoding文字列のエンコードに使用する文字エンコードの設定
リファレンス (H5R)
H5R.create参照の作成
H5R.dereference参照によって指定されたオブジェクトを開く
H5R.get_name参照されたオブジェクトの名前
H5R.get_obj_type参照されたオブジェクトのタイプ
H5R.get_region指定した領域のデータ領域のコピー
データ領域 (H5S)
H5S.copyデータ領域のコピーの作成
H5S.create新しいデータ領域の作成
H5S.closeデータ領域を閉じる
H5S.create_simple新しい単純データ領域の作成
H5S.extent_copyソース データ領域からコピー先データ領域への範囲のコピー
H5S.is_simpleデータ領域が単純であるかどうかを判別
H5S.offset_simple単純データ領域のオフセットの設定
H5S.select_allデータ領域の範囲全体の選択
H5S.select_elements選択範囲に含める座標の指定
H5S.select_hyperslabハイパースラブ領域の選択
H5S.select_none選択領域をリセットして要素を削除
H5S.select_valid選択範囲の有効性を判断
H5S.set_extent_noneデータ領域からの範囲の削除
H5S.set_extent_simpleデータ領域のサイズの設定
H5S.get_select_boundsデータ領域選択の境界ボックス
H5S.get_select_elem_npoints選択範囲の要素点の数
H5S.get_select_elem_pointlistデータ領域選択内の要素点
H5S.get_select_hyper_blocklistハイパースラブ ブロックのリスト
H5S.get_select_hyper_nblocksハイパースラブ ブロックの数
H5S.get_select_npointsデータ領域選択内の要素の数
H5S.get_select_typeデータ領域選択の種類
H5S.get_simple_extent_dimsデータ領域のサイズと最大サイズ
H5S.get_simple_extent_ndimsデータ領域のランク
H5S.get_simple_extent_npointsデータ領域内の要素の数
H5S.get_simple_extent_typeデータ領域クラス
データ型 (H5T)
一般的なデータ型操作
H5T.closeデータ型を閉じる
H5T.commit過渡特性データ型のコミット
H5T.committedデータ型がコミットされているかどうかを判別
H5T.copyデータ型のコピー
H5T.create新しいデータ型の作成
H5T.detect_class特定のクラスを含むデータ型を判断
H5T.equalデータ型の等価性を判断
H5T.get_classデータ型クラス識別子
H5T.get_create_plistデータ型作成プロパティ リストのコピー
H5T.get_native_typeデータセット データ型のネイティブ データ型
H5T.get_sizeデータ型のバイト数のサイズ
H5T.get_super基本データ型
H5T.lockデータ型のロック
H5T.open名前付きデータ型を開く
配列データ型
H5T.array_create配列データ型オブジェクトの作成
H5T.get_array_dims配列次元の範囲
H5T.get_array_ndims配列データ型のランク
atomic データ型のプロパティ
H5T.get_cset文字列データ型の文字セット
H5T.get_ebias浮動小数点型の指数バイアス
H5T.get_fields浮動小数点データ型のビット フィールド情報
H5T.get_inpad浮動小数点データ型の内部パディング タイプ
H5T.get_norm仮数の正規化タイプ
H5T.get_offset最初の有効ビットのオフセット
H5T.get_orderatomic データ型のバイト順
H5T.get_pad最下位ビットおよび最上位ビットのパディング タイプ
H5T.get_precisionatomic データ型の精度
H5T.get_sign整数データ型の符号タイプ
H5T.get_strpad文字列データ型のストレージ メカニズム
H5T.set_cset文字列データ型の文字データセットの設定
H5T.set_ebias浮動小数点データ型の指数バイアスの設定
H5T.set_fields浮動小数点ビット フィールドのサイズと位置の設定
H5T.set_inpad未使用の内部ビットを埋める方法を指定
H5T.set_norm浮動小数点データ型の仮数正規化の設定
H5T.set_offset最初の有効ビットのオフセットの設定
H5T.set_orderatomic データ型のバイト順の設定
H5T.set_pad最下位ビットおよび最上位ビットのパディング タイプの設定
H5T.set_precisionatomic データ型の精度の設定
H5T.set_sign整数データ型の符号プロパティの設定
H5T.set_sizeデータ型のサイズをバイト数で設定
H5T.set_strpad文字列データ型のストレージ メカニズムの設定
複合データ型
H5T.get_member_class複合データ型メンバーのデータ型クラス
H5T.get_member_index複合型メンバーまたは列挙型メンバーのインデックス
H5T.get_member_name複合型メンバーまたは列挙型メンバーの名前
H5T.get_member_offset複合データ型のフィールドのオフセット
H5T.get_member_type指定されたメンバーのデータ型
H5T.get_nmembers列挙型の要素の数
H5T.insert複合データ型へのメンバーの追加
H5T.pack複合データ型からパディングを再帰的に削除
列挙データ型
H5T.enum_create新しい列挙データ型の作成
H5T.enum_insert列挙データ型メンバーの挿入
H5T.enum_nameof列挙データ型メンバーの名前
H5T.enum_valueof列挙データ型メンバーの値
H5T.get_member_value列挙データ型メンバーの値
opaque データ型のプロパティ
H5T.get_tagopaque データ型に関連するタグ
H5T.set_tagopaque データ型への説明のタグ付け
可変長データ型
H5T.is_variable_strデータ型が可変長文字列であるかどうかを判別
H5T.vlen_create新しい可変長データ型の作成
フィルターおよび圧縮 (H5Z)
H5Z.filter_availフィルターが使用できるかどうかを判別
H5Z.get_filter_infoフィルターに関する情報
HDF4 ファイル
高水準関数
hdfinfoHDF4 または HDF-EOS ファイルに関する情報
hdfreadHDF4 ファイルまたは HDF-EOS ファイルからデータを読み込む
hdftoolHDF4 または HDF-EOS ファイルからデータを参照およびインポート
imreadグラフィックス ファイルからイメージを読み込む
imwriteイメージをグラフィックス ファイルに書き込む
低水準関数
hdfanマルチファイル形式の HDF 注釈 (AN) インターフェイスへのゲートウェイ
hdfhxHDF 外部データ (HX) インターフェイスへのゲートウェイ
hdfhHDF H インターフェイスへのゲートウェイ
hdfhdHDF HD インターフェイスへのゲートウェイ
hdfmlMATLAB HDF ゲートウェイ関数を操作するためのユーティリティ
hdfptHDF-EOS ポイント オブジェクトへのインターフェイス
hdfvHDF Vgroup (V) インターフェイスへのゲートウェイ
hdfvfHDF Vdata インターフェイスの VF 関数へのゲートウェイ
hdfvhHDF Vdata インターフェイスの VH 関数へのゲートウェイ
hdfvsHDF Vdata インターフェイスの VS 関数へのゲートウェイ
hdfdf24HDF 24 ビット ラスター イメージ (DF24) インターフェイスへのゲートウェイ
hdfdfr8HDF 8 ビット ラスター イメージ (DFR8) インターフェイスへのゲートウェイ
FITS ファイル
高水準関数
fitsdispFITS メタデータの表示
fitsinfoFITS ファイルに関する情報
fitsreadFITS ファイルからデータを読み取る
fitswriteイメージを FITS ファイルに書き込む
低水準関数
ファイル アクセス
createFileFITS ファイルを作成
openFileFITS ファイルを開く
closeFileFITS ファイルを閉じる
deleteFileFITS ファイルを削除
fileNameFITS ファイルの名前
fileModeFITS ファイルの I/O モード
イメージの操作
createImgFITS イメージを作成
getImgSizeイメージのサイズ
getImgTypeイメージのデータ型
insertImg現在のイメージの後に FITS イメージを挿入
readImgイメージ データの読み取り
setBscaleイメージ スケールのリセット
writeImgFITS イメージに書き込む
キーワード
readCardキーワードのヘッダー記録
readKeyキーワード
readKeyCmplx複素数のスカラー値としてのキーワード
readKeyDbl倍精度値としてのキーワード
readKeyLongLongint64 としてのキーワード
readKeyLongStr長い文字列値
readKeyUnitキーワードからの物理単位文字列
readRecord番号によって指定されたヘッダー記録
writeCommentCOMMENT キーワードの CHU への書き込みまたは追加
writeDateDATE キーワードの CHU への書き込み
writeKey現在の HDU への新しいキーワードの更新または追加
writeKeyUnit物理単位文字列の書き込み
writeHistoryHISTORY キーワードの CHU への書き込みまたは追加
deleteKey名前に基づくキーの削除
deleteRecordレコード番号に基づくキーの削除
getHdrSpaceヘッダー内のキーワードの数
HDU (ヘッダー データ ユニット) へのアクセス
copyHDU別のファイルへの現在の HDU のコピー
getHDUnumFITS ファイルの現在の HDU の数
getHDUtype現在の HDU のタイプ
getNumHDUsFITS ファイルの HDU の合計数
movAbsHDU絶対 HDU 番号への移動
movNamHDU特定のタイプとキーワード値をもつ最初の HDU への移動
movRelHDU現在の HDU からの HDU の相対数の移動
writeChecksum現在の HDU のチェックサムの計算と書き込み
deleteHDUFITS ファイルの現在の HDU の削除
イメージの圧縮
imgCompress別のファイルへの HDU の圧縮
isCompressedImg現在のイメージが圧縮されているかどうかの確認
setCompressionTypeイメージ圧縮タイプの設定
setHCompScaleHCOMPRESS アルゴリズムのスケール パラメーターの設定
setHCompSmoothHCOMPRESS で圧縮されたイメージの平滑化の設定
setTileDimタイルの次元の設定
ASCII テーブルとバイナリ テーブル
createTbl新しい ASCII またはバイナリ テーブル拡張の作成
insertColテーブルへの列の挿入
insertRowsテーブルへの行の挿入
insertATbl現在の HDU の後ろへの ASCII テーブルの挿入
insertBTbl現在の HDU の後ろへのバイナリ テーブルの挿入
deleteColテーブルからの列の削除
deleteRowsテーブルからの行の削除
getAColParmsASCII テーブル情報
getBColParmsバイナリ テーブル情報
getColNameテーブル列名
getColTypeスケーリングされた列のデータ型、繰り返し値、幅
getEqColType列のデータ型、繰り返し値、幅
getNumColsテーブル内の列数
getNumRowsテーブル内の行数
readATblHdr現在の ASCII テーブルからのヘッダー情報の読み取り
readBTblHdr現在のバイナリ テーブルからのヘッダー情報の読み取り
readColASCII またはバイナリ テーブル列からの行の削除
setTscaleイメージ スケールのリセット
writeColASCII またはバイナリ テーブル列への要素の書き込み
ユーティリティ
getConstantValue名前付きの定数の数値
getVersionCFITSIO ライブラリのリビジョン番号
getOpenFiles開いている FITS ファイルの一覧
バンドインタリーブ ファイル
multibandreadバイナリ ファイルからバンドインターリーブ データの読み込み
multibandwriteバンドインターリーブ データのファイルへの書き込み
一般的なデータ形式
cdfinfoCDF (Common Data Format) ファイルに関する情報を出力
cdfreadCDF (Common Data Format) ファイルからデータを読み取る
cdfepoch日付テキストまたはシリアル日付値を CDF 書式の日付に変換
todatenumCDF エポック オブジェクトを MATLAB シリアル日付値へ変換
オーディオとビデオ
ファイルの読み取りと書き込み
audioinfoオーディオ ファイルに関する情報
audioreadオーディオ ファイルの読み取り
audiowriteオーディオ ファイルの書き込み
VideoReaderビデオ ファイルを読み取るオブジェクトの作成
VideoWriterビデオ ファイルを書き込むオブジェクトの作成
mmfileinfoマルチメディア ファイルについての情報
lin2mu線形オーディオ信号をミュー則に変換
mu2linμ則オーディオ信号を線形信号に変換
VideoReaderビデオ ファイルを読み取る
VideoWriterビデオ ファイルを書き込む
オーディオの録音と再生
audiodevinfoオーディオ デバイスに関する情報
audioplayerオーディオ再生のためのオブジェクトの作成
audiorecorderオーディオ録音のためのオブジェクトの作成
sound信号データの行列のサウンドへの変換
soundscデータをスケーリングし、音声として再生
beepオペレーティング システムのビープ音の生成
XML ドキュメント
xmlreadXML ドキュメントを読み取って、ドキュメント オブジェクト モデル ノードを返す
xmlwriteXML ドキュメント オブジェクト モデル ノードを書き込む
xsltXSLT エンジンを使って XML ドキュメントを変換

ワークスペース変数と MAT ファイル

loadファイルからワークスペースに変数を読み込む
saveワークスペース変数をファイルに保存
matfileメモリに読み込まず MAT ファイル内の変数に直接アクセスして変更
disp変数の値を表示
whoワークスペース内の変数のリスト
whosワークスペースの変数をサイズおよびタイプと共に一覧表示する
clearワークスペースからアイテムを削除し、システムメモリを解放
clearvarsメモリから変数をクリアする
openvar変数エディターまたは他のグラフィカルな編集ツールでワークスペース変数を開く

低水準ファイル I/O

fclose開いている 1 つまたはすべてのファイルを閉じる
feofファイルの終端 (EOF) のテスト
ferrorファイル I/O エラーに関する情報
fgetlファイルからの行の読み込み、改行文字の削除
fgetsファイルからの行の読み込み、改行文字の維持
filereadファイルの内容をテキストとして読み取る
fopenファイルを開くまたは開いているファイルに関する情報の取得
fprintfデータのファイルへの書き込み
freadバイナリ ファイルからのデータの読み込み
frewindファイルの位置指示子を開いているファイルの最初に移動
fscanfテキスト ファイルからのデータの読み取り
fseekファイル内の指定位置に移動する
ftell開いているファイル内での位置
fwriteバイナリ ファイルへのデータの書き込み

TCP/IP 通信

tcpclientTCP/IP を介して通信する TCP/IP クライアント オブジェクトの作成
readTCP/IP を介したリモート ホストからのデータの読み取り
writeTCP/IP を介したリモート ホストへのデータの書き込み

Web アクセス

webWeb ページまたはファイルのブラウザー表示
webreadRESTful Web サービスからのコンテンツの読み取り
webwriteRESTful Web サービスへのデータの書き込み
websaveRESTful Web サービスからコンテンツをファイルに保存
weboptionsRESTful Web サービスのパラメーターの指定
sendmailアドレス リストに電子メールを送信
ftpFTP サーバーへの接続

JSON 形式

jsondecodeJSON 形式のテキストをデコード
jsonencode構造化された MATLAB データを JSON 形式のテキストとしてエンコード

シリアル ポート デバイス

delete (serial)メモリからシリアル ポート オブジェクトを削除
fclose (serial)デバイスからシリアル ポート オブジェクトを切断
fgetl (serial)デバイスから ASCII テキストの行を読み取って終端子を削除
fgets (serial)終端子を含む 1 行のテキストをデバイスから読み込む
fopen (serial)シリアル ポート オブジェクトをデバイスに接続
fprintf (serial)テキストをデバイスに書き込む
fread (serial)デバイスからバイナリ データを読む
fscanf (serial)デバイスから ASCII データを読み取り、テキストとして書式化する
fwrite (serial)バイナリ データをデバイスに書き込む
get (serial)シリアル ポート オブジェクトのプロパティ
isvalid (serial)シリアル ポート オブジェクトが有効であるかどうかを判定する
readasyncデバイスから非同期でデータを読み込む
serialシリアル ポート オブジェクトの作成
serialbreakシリアル ポートに接続しているデバイスを切断する指示を送る
seriallistシステムに接続されているシリアル ポートのリスト
set (serial)シリアル ポート オブジェクト プロパティの作成または表示
stopasync非同期の読み込みおよび書き込み操作を停止
clear (serial)MATLAB ワークスペースからシリアル ポート オブジェクトを削除
disp (serial)シリアル ポート オブジェクトの情報を表示
instrcallbackイベントが発生したときのイベント情報
instrfindメモリから MATLAB ワークスペースにシリアル ポート オブジェクトを読み込む
instrfindall表示可能および非表示のシリアル ポート オブジェクトを検出
load (serial)シリアル ポート オブジェクトや変数を MATLAB のワークスペースに読み込み
length (serial)シリアル ポート オブジェクトの配列の長さ
recordデータとイベント情報をファイルに記録
save (serial)シリアル ポート オブジェクトと変数をファイルに保存
size (serial)シリアル ポート オブジェクト配列のサイズ

大きなファイルとビッグ データ

データ ストア

tabularTextDatastore表形式テキスト データの集合用の TabularTextDatastore オブジェクトを作成
imageDatastoreイメージ データの集合用の ImageDatastore オブジェクトを作成
spreadsheetDatastoreスプレッドシート データの集合用の SpreadsheetDatastore オブジェクトを作成
fileDatastoreカスタム ファイルのコレクション用の FileDatastore オブジェクトを作成
datastoreデータの大規模な集合用のデータ ストアを作成
TabularTextDatastore表形式テキスト ファイルのデータ ストア
ImageDatastoreイメージ データのデータ ストア
SpreadsheetDatastoreスプレッドシート ファイルのデータ ストア
KeyValueDatastoreキーと値のペアのデータのデータ ストア
FileDatastoreカスタム形式ファイルのデータ ストア
TallDatastoretall 配列のチェックポイントのデータ ストア

tall 配列

talltall 配列の作成
datastoreデータの大規模な集合用のデータ ストアを作成
mapreducermapreduce または tall 配列の実行環境の定義
gatherキューに入れられた演算の実行後、tall 配列をメモリに収集
headtable、timetable、tall 配列の上部の行を取得
tailtable、timetable、または tall 配列の最後の数行を取得
topkrows並べ替えられた上位の行
istall入力が tall 配列であるかどうかを判別
classUnderlyingtall 配列の基となるデータのクラス
isaUnderlyingtall 配列のデータが指定されたクラスかどうか判別
writeチェックポイント作成のための tall 配列のディスクへの書き込み

MapReduce

mapreduceメモリに収まらないデータセットを解析するプログラミング手法
datastoreデータの大規模な集合用のデータ ストアを作成
addキーと値の 1 つのペアを KeyValueStore に追加
addmultiキーと値の複数のペアを KeyValueStore に追加
hasnextValueIterator に 1 つ以上の使用可能な値があるかどうかを判別
getnextValueIterator から次の値を取得
mapreducermapreduce または tall 配列の実行環境の定義
gcmr現在の mapreducer 構成の取得
KeyValueStoreキーと値のペアを保存して mapreduce で使用
ValueIteratormapreduce と使用する中間値における反復子

大きな MAT ファイル

matfileメモリに読み込まず MAT ファイル内の変数に直接アクセスして変更

メモリ マッピング

memmapfileファイルに対するメモリ マップの作成

データの前処理

ismissing欠損値を検出
rmmissing欠損エントリを削除
fillmissing欠損値を埋める
missing欠損値を作成
standardizeMissing標準の欠損値を挿入
isoutlierデータの外れ値を検出
filloutliersデータの外れ値の検出と置き換え
smoothdataノイズの多いデータの平滑化
movmean移動平均値
movmedian移動中央値
detrend線形トレンドを除去
filter1 次元のデジタル フィルター
filter22 次元のデジタル フィルター
discretizeデータをビンまたはカテゴリにグループ化
histcountsヒストグラムのビンのカウント数
histcounts22 変量ヒストグラムのビンのカウント数
findgroupsグループを見つけてグループ番号を返す
splitapplyデータをグループに分割して関数を適用
rowfuntable または timetable の行への関数の適用
varfun関数をテーブル変数または timetable 変数に適用
accumarray累算による配列作成

記述統計

min配列の最小要素
max配列の最大要素
bounds最小要素と最大要素
mean配列の平均値
median配列の中央値
mode配列の最頻値
std標準偏差
var分散
corrcoef相関係数
cov共分散
cummax累積最大値
cummin累積最小値
movmad移動中央絶対偏差
movmax移動最大値
movmean移動平均値
movmedian移動中央値
movmin移動最小値
movprod移動積
movstd移動標準偏差値
movsum移動合計値
movvar移動分散値

視覚的探索

pan対話型でグラフ領域を移動
zoomズームのオン/オフの切り替えまたは要素の拡大
rotate指定した原点と方位を基準にオブジェクトを回転
rotate3dマウスを使用した 3 次元の視点の回転
brush観測値の対話形式のマーク、削除、変更、およびグラフへの保存
datacursormode対話型データ カーソル モードの有効化、無効化、および管理
ginputマウスまたはカーソルからのグラフィカル入力
linkdata変数が変わったときに自動的にグラフを更新
linkaxes指定された 2 次元 axes の範囲を同期
linkpropグラフィックス オブジェクトの対応するプロパティと同じ値の保持
refreshdataデータ ソースが指定されたときにグラフ内のデータを更新
figurepaletteFigure パレットの表示または非表示
plotbrowserFigure の [プロット ブラウザー] の表示/非表示
plotedit対話型プロットの編集や注釈の追加
plottoolsプロット ツールの表示/非表示
propertyeditorプロパティ エディターの表示と非表示
propeditプロパティ エディターの起動
showplottoolFigure のプロット ツールの表示/非表示

スクリプトと関数のプログラミング

フロー制御

if, elseif, else条件が true の場合ステートメントを実行
forfor ループを指定した回数で繰り返す
parfor並列 for ループ
switch, case, otherwiseステートメントのグループのいずれか 1 つを実行
try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
while条件が true の場合に繰り返す while ループ
breakfor ループまたは while ループの実行を強制終了
continuefor または while ループの以下の反復へ制御を渡す
endコードのブロックを終了、または最後の配列インデックスを示す
pauseMATLAB の実行の一時停止
return呼び出し元の関数に制御を戻す

スクリプト

editファイルの編集または作成
inputユーザー入力を要求
publishMATLAB ファイルの表示を指定した形式で生成します。
grabcodeHTML にパブリッシュしたファイルから MATLAB コードの抽出
snapnowイメージのスナップショットのパブリッシュされたドキュメントへの強制的な包含

関数

関数の基礎

function関数名、入力および出力の宣言

入力引数と出力引数

nargin関数の入力引数の数
nargout関数の出力引数の数
varargin可変の入力引数のリスト
varargout可変長の出力引数の一覧
narginchk有効な入力引数の数のチェック
nargoutchk有効な出力引数の数のチェック
validateattributes配列の有効性をチェック
validatestringテキストの有効性をチェック
inputParser関数入力の解析
inputname関数入力の変数名

変数

isvarname入力が有効な変数名かどうかを判別
matlab.lang.makeUniqueStrings入力文字列からの一意の文字列の作成
matlab.lang.makeValidName入力文字列からの有効な MATLAB 識別子の作成
namelengthmax識別子の最大長を出力
persistent永続変数の定義
assignin指定ワークスペースの変数に値を割り当てる
global変数をグローバルとして宣言
mlockメモリからの関数の削除を防ぐ
munlockメモリから関数を消去できる状態にします。
mislockedメモリ内で関数がロックされているかどうかを判定

エラー処理

try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
errorエラーのスローとメッセージの表示
warning警告メッセージの表示
lastwarn最近の警告メッセージを出力
assert条件が false の場合にエラーをスロー
onCleanup関数完了時のクリーンアップ作業

ファイルとフォルダー

検索パス

addpath検索パスにフォルダーを追加
rmpath検索パスからフォルダーを削除
path検索パスの表示または変更
savepath現在の検索パスの保存
userpath既定のユーザーの作業フォルダーを表示または変更
genpathパス名の生成
pathsep現在のプラットフォームの検索パスの区切り文字
pathtool検索パスを表示し変更するための [パス設定] ダイアログ ボックスを開く
restoredefaultpath出荷時の検索パスの復元
rehash関数やファイル システムのパス キャッシュを初期化

ファイルの操作

dirフォルダーの内容の一覧表示
lsフォルダーの内容の一覧表示
pwd現在のフォルダーの識別
fileattribファイルまたはフォルダーの属性の設定または取得
exist変数、スクリプト、関数、フォルダー、またはクラスの存在をチェック
isdir入力がフォルダーであるかどうかを判別
typeファイルの内容の表示
visdiff2 つのテキスト ファイル、MAT ファイル、バイナリ ファイル、Zip ファイル、またはフォルダーを比較する
whatフォルダー内の MATLAB ファイルの一覧表示
which関数やファイルの位置の出力
cd現在のフォルダーを変更する
copyfileファイルまたはフォルダーをコピーする
deleteファイルまたはオブジェクトを削除
recycle削除ファイルをリサイクル フォルダーへ移動するオプションの設定
mkdirフォルダーを新規作成する
movefileファイルまたはフォルダーを移動する
rmdirフォルダーの削除
open適切なアプリケーションでファイルを開く
winopen適切なアプリケーションでファイルを開く (Windows)

ファイル圧縮

zipファイルを圧縮して zip ファイルを作成
unzipzip ファイルの内容の解凍
gzipファイルの GNU zip ファイル圧縮
gunzipGNU zip ファイルの解凍
tartar ファイルへファイルを圧縮
untarファイルの内容の解凍

ファイル名の作成

filepartsファイル名とパスの部分
fullfile部分から完全なファイル名を構成
filemarkerファイル名と内部関数名を分離する文字
filesep現在のプラットフォームのファイル区切り文字
tempdirシステムの一時フォルダーの名前
tempname一時ファイルの固有な名前
matlabrootルート フォルダー
toolboxdir指定したツールボックスのルート フォルダー

デバッグ

dbclearブレークポイントを削除
dbcont実行を再開
dbdowndbup のワークスペース シフトを反転する
dbquitデバッグ モードの終了
dbstack関数呼び出しスタック
dbstatusすべてのブレークポイントをリスト
dbstep現在のブレークポイントから次の実行可能な行を実行
dbstopデバッグ用にブレークポイントを設定する
dbtype行番号付きでファイルを表示
dbupデバッグ モードで現在のワークスペースを呼び出し元のワークスペースにシフト
checkcodeMATLAB のコード ファイルの潜在的な問題のチェック
keyboardキーボードからの入力
mlintrptファイルまたはフォルダーに対して checkcode を実行

コード エディター

editファイルの編集または作成

プログラミング ユーティリティ

echo関数の実行中にステートメントを表示
evalテキストの MATLAB 式を実行
evalccapture を使って MATLAB 式を計算
evalin指定したワークスペースで MATLAB 式を実行
feval関数の計算
runMATLAB スクリプトの実行
builtinオーバーロードされたメソッドから組み込み関数を実行する
matlab.codetools.requiredFilesAndProductsMATLAB プログラム ファイルの依存関係のリスト
mfilename現在実行中のコードのファイル名
pcode保護された関数ファイルの作成
timerMATLAB コマンドの実行スケジュールを設定するオブジェクトを作成

アプリの作成

App Designer

App Designer のコンポーネント

uiaxes(App Designer) App Designer にプロット用の UI 座標軸を作成
uibutton(App Designer) プッシュ ボタン コンポーネントまたは状態ボタン コンポーネントの作成
uibuttongroupラジオ ボタンとトグル ボタンを管理するボタン グループの作成
uicheckbox(App Designer) チェック ボックス コンポーネントの作成
uidropdown(App Designer) ドロップダウン コンポーネントの作成
uieditfield(App Designer) テキストまたは数値の編集フィールドの作成
uilabel(App Designer) ラベル コンポーネントの作成
uilistbox(App Designer) リスト ボックス コンポーネントの作成
uiradiobutton(App Designer) ラジオ ボタン コンポーネントの作成
uislider(App Designer) スライダー コンポーネントの作成
uispinner(App Designer) スピナー コンポーネントの作成
uitable テーブルのユーザー インターフェイス コンポーネントの作成
uitextarea(App Designer) テキスト エリア コンポーネントの作成
uitogglebutton(App Designer) トグル ボタン コンポーネントの作成
scroll(App Designer) リスト ボックスの項目または位置をスクロールして表示
uifigure(App Designer) UI figure ウィンドウの作成
uipanelパネル コンテナー オブジェクトの作成
uitabgroupタブ付きパネルのコンテナーの作成
uitabタブ付きパネルの作成
uigauge(App Designer) 円形、直線、90 度または半円の各ゲージ コンポーネントを作成
uiknob(App Designer) 連続型または離散型のノブ コンポーネントの作成
uilamp(App Designer) ランプ コンポーネントの作成
uiswitch(App Designer) スライダー スイッチ、ロッカー スイッチまたはトグル スイッチの各コンポーネントを作成
uialert(App Designer) UI figure ウィンドウの警告ダイアログ ボックスの表示
questdlg質問ダイアログ ボックスの作成
inputdlgユーザー入力を収集するダイアログ ボックスの作成
listdlgリスト選択ダイアログ ボックスの作成
uisetcolorカラー ピッカーを開く
uigetfileファイル選択ダイアログ ボックスを開く
uiputfileファイル保存のためのダイアログ ボックスを開く
uigetdirフォルダー選択ダイアログ ボックスを開く
uiopenワークスペースに読み込むファイルを選択するためのダイアログ ボックスを開く
uisaveMAT ファイルに変数を保存するためのダイアログ ボックスを開く

App Designer でのアプリの動作のコーディング

appdesignerApp Designer でアプリ ファイルの作成または編集を行う

GUIDE またはプログラムのワークフロー

コンポーネントとレイアウト

figureFigure ウィンドウの作成
axes直交座標軸の作成
uicontrolユーザー インターフェイス コントロール オブジェクトの作成
uitable テーブルのユーザー インターフェイス コンポーネントの作成
uipanelパネル コンテナー オブジェクトの作成
uibuttongroupラジオ ボタンとトグル ボタンを管理するボタン グループの作成
uitabタブ付きパネルの作成
uitabgroupタブ付きパネルのコンテナーの作成
uimenu Figure ウィンドウのメニューとメニュー項目 の作成
uicontextmenuコンテキスト メニューの作成
uitoolbarFigure にツール バーを作成
uipushtoolツール バー上にプッシュ ボタンの作成
uitoggletoolツール バーにトグル ボタンの作成
actxcontrolFigure ウィンドウ内にMicrosoft ActiveX コントロールを作成
alignUI コンポーネントとグラフィックス オブジェクトを揃える
movegui画面上の指定した位置に UI figure を移動
getpixelpositionピクセルで成分位置の取得
setpixelpositionコンポーネントの位置をピクセル単位で設定
listfonts利用できるシステム フォントを表示
textwrapuicontrol のテキストを折り返す
uistackオブジェクトの視覚的なスタック順序の変更
inspectプロパティ インスペクターを開く

ダイアログ ボックス

errordlgエラー ダイアログ ボックスの作成
warndlg警告ダイアログ ボックスの作成
msgboxメッセージ ダイアログ ボックスを作成
helpdlgヘルプ ダイアログ ボックスの作成
waitbarウェイト バーのダイアログ ボックスを開くまたは更新する
questdlg質問ダイアログ ボックスの作成
inputdlgユーザー入力を収集するダイアログ ボックスの作成
listdlgリスト選択ダイアログ ボックスの作成
uisetcolorカラー ピッカーを開く
uisetfontフォント選択ダイアログ ボックスを開く
export2wsdlg変数をワークスペースにエクスポートするためのダイアログ ボックスの作成
uigetfileファイル選択ダイアログ ボックスを開く
uiputfileファイル保存のためのダイアログ ボックスを開く
uigetdirフォルダー選択ダイアログ ボックスを開く
uiopenワークスペースに読み込むファイルを選択するためのダイアログ ボックスを開く
uisaveMAT ファイルに変数を保存するためのダイアログ ボックスを開く
printdlgFigure の [印刷] ダイアログ ボックスを開く
printpreviewFigure の [印刷プレビュー] ダイアログ ボックスを開く
exportsetupdlgFigure の [エクスポート設定] ダイアログ ボックスを開く
dialog空のモーダル ダイアログ ボックスを作成
uigetprefユーザー設定に従ってダイアログ ボックスを条件的に開く

アプリの動作のコーディング

guideGUIDE を開く
uiwaitプログラム実行を停止し、再開を待つ
uiresume停止されたプログラムの実行を再開する
waitfor実行をブロックして条件を待機
waitforbuttonpressキーやマウス ボタンが押されるまで待つ
closereq既定の Figure を閉じる要求関数
getappdataアプリケーション定義データの取得
setappdataアプリケーション定義データの保存
isappdataアプリケーション定義のデータが存在する場合 True
rmappdataアプリケーション定義データを削除
guidataUI データの格納または取得
guihandlesFigure のすべての子オブジェクトを含む構造体の作成
uisetpref関数 uigetpref で使用された設定の管理

アプリのパッケージ化

matlab.apputil.create対話型ダイアログ ボックスを使用した、アプリを .mlappinstall ファイルにパッケージ化するアプリ プロジェクト ファイルの作成または変更
matlab.apputil.package.mlappinstall ファイルへのアプリ ファイルのパッケージ化
matlab.apputil.install.mlappinstall ファイルからのアプリのインストール
matlab.apputil.runプログラムによるアプリの実行
matlab.apputil.getInstalledAppInfoインストールされたアプリ情報のリスト化
matlab.apputil.uninstallアプリのアンインストール

高度なソフトウェア開発

オブジェクト指向プログラミング

クラス構文ガイド

classオブジェクトのクラスを指定する
isobject入力が MATLAB オブジェクトかどうかを判別
enumerationクラスの列挙型メンバーと名前を表示
eventsイベントの名前
methodsクラスのメソッド名
propertiesクラス プロパティ名

サンプル クラスの実装

classdefクラス定義のキーワード

クラス定義

クラスの定義とファイルの編成
classdefクラス定義のキーワード
importパッケージまたはクラスを現在のインポート リストに追加
プロパティ
propertiesクラス プロパティ名
ispropオブジェクトのプロパティかどうかを判別
mustBeFinite値が有限であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeGreaterThan値が別の値より大きいことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeGreaterThanOrEqual値が別の値以上であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeInteger値が整数であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeLessThan値が別の値より小さいことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeLessThanOrEqual値が別の値以下であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeMember値が指定集合のメンバーであることを検証
mustBeNegative値が負であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonempty値が空でないことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonNan値が NaN でないことを検証
mustBeNonnegative値が非負であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonpositive値が正でないことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonsparse値が非スパースであることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonzero値が非ゼロであることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNumeric値が数値であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNumericOrLogical値が数値または論理値であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBePositive値が正であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeReal値が実数であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
dynamicprops動的プロパティをサポートするクラスのスーパークラス
meta.DynamicPropertyMATLAB オブジェクトの動的プロパティの記述
event.DynamicPropertyEvent動的プロパティ イベントのイベント データ
meta.propertyMATLAB クラスのプロパティの記述
matlab.lang.OnOffSwitchState論理値でオンおよびオフ状態を表す
メソッド
methodsクラスのメソッド名
ismethodオブジェクトのメソッドかどうかを判別
meta.methodMATLAB クラスのメソッドの記述
ハンドル クラス
isequal配列の等価性を判別
eq等価性の判定
handle派生するハンドル クラスの抽象クラス
matlab.mixin.SetGetset メソッドと get メソッドでハンドル クラスを提供
matlab.mixin.SetGetExactNamesset メソッドと get メソッドで正確な名前の一致を要求
dynamicprops動的プロパティをサポートするクラスのスーパークラス
matlab.mixin.Copyableハンドル オブジェクトのコピー機能を提供するスーパークラス
イベント
eventsイベントの名前
handle.notifyイベントが発生しているリスナーに通知
handle.addlistenerイベント リスナーを作成
event.hasListenerイベントのリスナーが存在するかどうかを判定
event.EventDataイベント データの基底クラス
event.listenerリスナー オブジェクトを定義するクラス
event.PropertyEventプロパティ イベントのデータ
event.proplistenerプロパティ イベントのリスナー オブジェクトの定義
クラスの階層
サブクラス定義
superclassesスーパークラスの名前
matlab.mixin.Heterogeneous異種混合配列を構成するスーパークラス
列挙型
enumerationクラスの列挙型メンバーと名前を表示
isenum変数が列挙型かどうかを判別
meta.EnumeratedValueMATLAB クラスの列挙型メンバーの記述

クラスのカスタマイズ

オブジェクトのインデックス付け
numArgumentsFromSubscriptカスタマイズされたインデックス手法の引数の数
subsref添字を使用したオブジェクトの参照の再定義
subsasgn添字による代入の再定義
subsindexオブジェクトの配列インデックスへの変換
substruct関数 subsasgn または関数 subsref のための構造体引数の作成
builtinオーバーロードされたメソッドから組み込み関数を実行する
オブジェクト配列
empty空配列の作成
matlab.mixin.Heterogeneous異種混合配列を構成するスーパークラス
オブジェクトの表示
disp変数の値を表示
displayコマンド ウィンドウの表示に内部で使用
details配列の詳細の表示
matlab.mixin.CustomDisplayオブジェクトの表示をカスタマイズするインターフェイス
matlab.mixin.util.PropertyGroupオブジェクト表示のためのカスタム プロパティ リスト
オブジェクトの保存と読み込み
saveobjオブジェクトの保存プロセスの変更
loadobjオブジェクトの読み込み過程を修正

クラス編集

editファイルの編集または作成

クラスのメタデータ

metaclassmeta.class オブジェクトを取得する
meta.abstractDetails抽象メソッドとプロパティの検索
meta.class.fromName名前付きクラスに関連付けられた meta.class オブジェクトを返す
meta.package.fromName指定されたパッケージの meta.package オブジェクトを返す
meta.package.getAllPackages最上位パッケージをすべて取得する
propertiesクラス プロパティ名
methodsクラスのメソッド名
eventsイベントの名前
superclassesスーパークラスの名前
meta.classMATLAB のクラスの記述
meta.propertyMATLAB クラスのプロパティの記述
meta.methodMATLAB クラスのメソッドの記述
meta.eventMATLAB クラスのイベントの記述
meta.packageMATLAB パッケージの記述
meta.DynamicPropertyMATLAB オブジェクトの動的プロパティの記述
meta.EnumeratedValueMATLAB クラスの列挙型メンバーの記述
meta.MetaDataMATLAB オブジェクトのメタデータのスーパークラス

System object

System object の使用
stepSystem object のアルゴリズムの実行
cloneSystem object の複製
getNumInputsSystem object を呼び出すために必要な入力数
getNumOutputsSystem object の呼び出しによる出力数
isLockedSystem object がロックされているかどうかを判定
resetSystem object の内部状態のリセット
releaseリソースを解放し、System object のプロパティ値と入力特性の変更を可能にします。
System object の作成
matlab.SystemSystem object の基底クラス
matlab.system.StringSet有効な文字ベクトルの値のセット
matlab.system.mixin.FiniteSource有限ソース mixin クラス

外部関数の呼び出し

MEX ファイル関数の呼び出し

mexextバイナリ MEX ファイル名の拡張子
inmemメモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前

C 共有ライブラリの呼び出し

loadlibraryC/C++ 共有ライブラリを MATLAB に読み込み
unloadlibraryメモリから共有ライブラリをアンロード
libisloaded外部ライブラリの読み込み判定
calllib共有ライブラリの関数を呼び出す
libfunctions共有ライブラリの関数の情報を返す
libfunctionsview共有ライブラリの関数シグネチャのウィンドウ表示
libstructMATLAB 構造体を、共有ライブラリと使用するために C スタイルの構造体に変換
libpointerPointer object for use with shared library
lib.pointerC ポインターと互換性のあるポインター オブジェクト

Java ライブラリの呼び出し

importパッケージまたはクラスを現在のインポート リストに追加
isjava入力が Java オブジェクトかどうかを判別
javaaddpath動的 Java クラス パスへのエントリの追加
javaArrayJava 配列オブジェクトの作成
javachkJava 機能のサポートに基づくエラー メッセージ
javaclasspathJava クラス パスを返すか、動的パスを指定
javaMethodJava メソッドの呼び出し
javaMethodEDTEvent Dispatch Thread (EDT) からの Java メソッドの呼び出し
javaObjectJava コンストラクターの呼び出し
javaObjectEDTEvent Dispatch Thread (EDT) の Java コンストラクターの呼び出し
javarmpath動的 Java クラス パスからのエントリの削除
usejavaJava 機能が使用できるかどうかの判別
matlab.exception.JavaExceptionJava 例外のエラー情報の取得

.NET ライブラリの呼び出し

Microsoft .NET 入門
NET.addAssembly.NET アセンブリを MATLAB に表示する
NET.isNETSupportedサポート対象の Microsoft .NET Framework の確認
NETMATLAB .NET インターフェイスの関数の概要
enableNETfromNetworkDriveネットワーク ドライブからの .NET コマンドへのアクセスを有効にする
NET.Assembly.NET アセンブリのメンバー
NET.NetException.NET 例外のエラー情報のキャプチャ
データ型
cellセル配列を作成
NET.createArray非原始 .NET 型の配列
NET.disableAutoReleaseMATLAB が COM オブジェクトを解放しないように、ランタイム呼び出し可能ラッパー (COM ラッパー) を表す .NET オブジェクトをロックします。
NET.enableAutoReleaseMATLAB が COM オブジェクトを解放するように、ランタイム呼び出し可能ラッパー (COM ラッパー) を表す .NET オブジェクトのロックを解除します。
プロパティ
NET.setStaticProperty静的プロパティまたはフィールド名
イベントとデリゲート
BeginInvoke非同期 .NET 代理呼び出しの開始
EndInvoke.NET の System.Delegate 型メソッド BeginInvoke によって開始される非同期呼び出しの結果を取得
Combine静的 .NET System.Delegate Combine メソッドの便利な関数
Remove静的 .NET System.Delegate Remove メソッドに便利な関数
RemoveAll静的 .NET System.Delegate RemoveAll メソッドに便利な関数
列挙型
bitandビット単位の AND
bitorビット単位の OR
bitxorビット単位の XOR
bitnot.NET 列挙オブジェクトのビット単位の NOT インスタンス メソッド
ジェネリック クラス
NET.convertArray数値の MATLAB 配列を .NET 配列へ変換
NET.createGeneric特殊 .NET ジェネリック型インスタンスの作成
NET.invokeGenericMethodオブジェクトのジェネリック メソッドを呼び出します。
NET.GenericClassパラメーター化されたジェネリック型の定義を表す

COM オブジェクトの呼び出し

actxserverCOM サーバーを作成
actxcontrolFigure ウィンドウ内にMicrosoft ActiveX コントロールを作成
actxcontrollist現在インストールされているすべての Microsoft ActiveX コントロールの一覧表示
actxcontrolselectUI から Microsoft ActiveX コントロールを作成
actxGetRunningServerオートメーション サーバーの実行インスタンスのハンドル
iscom入力が COM オブジェクトか ActiveX オブジェクトかを判別
isprop入力が COM オブジェクトのプロパティかどうかを判別
getインターフェイスからプロパティ値を取得、あるいはプロパティを表示
setオブジェクトまたはインターフェイスのプロパティを指定された値に設定
addpropertyカスタム プロパティを COM オブジェクトに追加
deletepropertyCOM オブジェクトからカスタム プロパティを削除
inspectプロパティ インスペクターを開く
propeditコントロールの組み込みプロパティ ページを開く
fieldnames構造体のフィールド名、あるいは COM または Java オブジェクトのパブリック フィールド
ismethod入力が COM オブジェクト メソッドかどうかを判別
methodsクラスのメソッド名
methodsviewクラス メソッドを表示する
invokeCOM オブジェクトやインターフェイスのメソッドを呼び出す、またはメソッドを表示
isevent入力が COM オブジェクト イベントかどうかを判別
eventsCOM オブジェクトがトリガーできるイベントのリスト
eventlistenersCOM オブジェクト イベントに関連付けられたイベント ハンドラー関数の一覧表示
registerevent実行時に COM オブジェクト イベントのイベント ハンドラーを関連付ける
unregisterallevents実行時に COM オブジェクト イベントに関連付けられたすべてのイベント ハンドラーの登録を解除する
unregisterevent実行時に COM オブジェクト イベントに関連付けられたイベント ハンドラーの登録を解除する
isinterface入力が COM インターフェイスかどうかを判別
interfacesCOM サーバー オブジェクトが公開するカスタム インターフェイスを一覧表示
releaseCOM インターフェイスの解放
deleteCOM コントロールまたはサーバーを削除
move親ウィンドウでコントロールの移動またはサイズ変更
loadコントロール オブジェクトをファイルから初期化
saveコントロール オブジェクトをファイルにシリアル化

Python ライブラリの呼び出し

Python 入門
pyversionPython インタープリターの既定のバージョンを変更
pyargsPython 関数用のキーワード引数の作成
matlab.exception.PyExceptionPython 例外のエラー情報の取得
データ型
pyargsPython 関数用のキーワード引数の作成
関数
pyargsPython 関数用のキーワード引数の作成

Web サービスの呼び出し

HTTP インターフェイス

matlab.net.http.RequestMessageHTTP 要求メッセージ
matlab.net.http.ResponseMessageHTTP 応答メッセージ
matlab.net.http.MessageHTTP 要求メッセージまたは応答メッセージ
matlab.net.http.MessageTypeHTTP メッセージ タイプ
matlab.net.http.MessageBodyHTTP メッセージの本文
matlab.net.http.ProtocolVersionHTTP プロトコルのバージョン
matlab.net.http.RequestLineHTTP 要求メッセージの最初の行
matlab.net.http.RequestMethodHTTP 要求メソッド
matlab.net.http.StartLineHTTP メッセージの最初の行
matlab.net.http.StatusClassHTTP 応答のステータス クラス
matlab.net.http.StatusCodeHTTP 応答のステータス コード
matlab.net.http.StatusLineHTTP 応答メッセージの最初の行
matlab.net.http.HeaderFieldHTTP メッセージのヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.AcceptFieldHTTP Accept ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.AuthenticateFieldHTTP WWW-Authenticate または Proxy-Authenticate ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.AuthenticationInfoField応答メッセージの HTTP Authentication-Info ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.AuthorizationFieldHTTP Authorization または Proxy-Authorization ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.ContentLengthFieldHTTP Content-Length フィールド
matlab.net.http.field.ContentLocationFieldHTTP Content-Location ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.ContentTypeFieldHTTP Content-Type ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.CookieFieldHTTP Cookie ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.DateFieldHTTP Date ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.GenericField任意の名前と値をもつ HTTP ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.HTTPDateField日付を含む HTTP ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.IntegerField非負の整数を含む HTTP ヘッダー フィールドの基底クラス
matlab.net.http.field.LocationFieldHTTP Location ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.MediaRangeFieldHTTP Content-Type ヘッダー フィールドと Accept ヘッダー フィールドの基底クラス
matlab.net.http.field.SetCookieFieldHTTP Set-Cookie ヘッダー フィールド
matlab.net.http.field.URIReferenceFieldURI コンポーネントを含む HTTP ヘッダー フィールドの基底クラス
matlab.net.http.AuthenticationSchemeHTTP 認証スキーム
matlab.net.http.AuthInfoHTTP メッセージの認証情報または権限情報
matlab.net.http.Cookieサーバーから受信した HTTP クッキー
matlab.net.http.CookieInfoHTTP クッキー情報
matlab.net.http.CredentialsHTTP 要求を認証するための資格情報
matlab.net.http.DispositionHTTP ログ レコード内の結果
matlab.net.http.HTTPExceptionHTTP サービスからスローされた例外
matlab.net.http.HTTPOptionsHTTP メッセージの交換を制御するオプション
matlab.net.http.LogRecordHTTP 履歴のログ レコード
matlab.net.http.MediaTypeHTTP ヘッダーで使用されるインターネット メディア タイプ
matlab.net.http.ProgressMonitorHTTP メッセージ交換の進行状況モニター
matlab.net.URIUniform Resource Identifier (URI)
matlab.net.ArrayFormatHTTP クエリの配列の変換
matlab.net.QueryParameterUniform Resource Identifier (URI) のクエリ部分のパラメーター
matlab.net.base64decodestring の base 64 デコード
matlab.net.base64encodeバイト文字列またはベクトルの base 64 エンコード

WSDL (Web サービス記述言語)

matlab.wsdl.createWSDLClientSOAP ベースの Web サービスへのインターフェイスの作成
matlab.wsdl.setWSDLToolPathWSDL ツールの場所

ツールボックスの配布

matlab.addons.toolbox.packageToolboxツールボックス プロジェクトのパッケージ化
matlab.addons.toolbox.toolboxVersionツールボックスのバージョンのクエリまたは変更
matlab.addons.toolbox.installToolboxツールボックス ファイルのインストール
matlab.addons.toolbox.uninstallToolboxツールボックスのアンインストール
matlab.addons.toolbox.installedToolboxesインストールされているツールボックスについての情報を返す
builddocsearchdb検索可能なドキュメンテーション データベースを構築

例外処理

try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
MExceptionエラー情報を取得する
addCause例外の追加の原因を記録する
getReport例外のエラー メッセージを取得する
last最新のキャッチされていない例外を返す
rethrow前回キャッチされた例外を再度スローする
throw例外のスロー
throwAsCaller呼び出し元の関数内で発生しているかのように例外をスロー

テスト フレームワーク

スクリプト ベースのユニット テスト

assert条件が false の場合にエラーをスロー
runtests一連のテストの実行
testsuiteテスト スイートを作成
TestResult実行中のテスト スイートの結果

関数ベースのユニット テスト

functiontestsローカル関数へのハンドルからのテストの配列の作成
runtests一連のテストの実行
testsuiteテスト スイートを作成
TestSuite.runテキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行
Test単一のテスト メソッドの指定
FunctionTestCase関数ベースのテストに使用する TestCase
TestResult実行中のテスト スイートの結果

クラス ベースのユニット テスト

runtests一連のテストの実行
testsuiteテスト スイートを作成
matlab.unittest.TestSuite.runテキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行
matlab.unittest.TestRunner.run配列 TestSuite 内のすべてのテストを実行
matlab.unittest.TestCaseすべての matlab.unittest テスト クラスのスーパークラス
matlab.unittest.TestSuite実行するテストをグループ化するクラス
matlab.unittest.Test単一のテスト メソッドの指定
matlab.unittest.TestRunnermatlab.unittest フレームワークでテストを実行するためのクラス
matlab.unittest.TestResult実行中のテスト スイートの結果

ユニット テスト フレームワークの拡張

matlab.unittest.constraints.Constraint比較の基本的なインターフェイス クラス
matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint制約の boolean の組み合わせのインターフェイス クラス
matlab.unittest.constraints.Tolerance許容誤差の抽象インターフェイス クラス
matlab.unittest.fixtures.Fixtureテスト フィクスチャのインターフェイス クラス
matlab.unittest.diagnostics.Diagnosticmatlab.unittest 診断の基本的なインターフェイス クラス
matlab.unittest.diagnostics.ConstraintDiagnosticmatlab.unittest 制約に固有の診断
matlab.unittest.plugins.TestRunnerPluginTestRunner を拡張するためのプラグイン インターフェイス
matlab.unittest.plugins.QualifyingPluginシステム全体の検定を実行するプラグインのインターフェイス
matlab.unittest.plugins.OutputStreamテキスト出力の送信場所を決定するインターフェイス

パフォーマンス テストのフレームワーク

runperf一連のパフォーマンス測定テストを実行
testsuiteテスト スイートを作成
matlab.perftest.TimeExperimentテスト対象コードの実行時間を測定するためのインターフェイス
matlab.perftest.FixedTimeExperiment固定数の測定値を収集する TimeExperiment
matlab.perftest.FrequentistTimeExperiment可変数の測定値を収集する TimeExperiment
matlab.perftest.TestCasematlab.perftest パフォーマンス テスト クラスのスーパークラス
matlab.unittest.measurement.MeasurementResultテスト スイート測定の結果

モッキング フレームワーク

matlab.mock.TestCaseモッキング フレームワークを使用するテストを作成するための TestCase
matlab.mock.AnyArguments任意の数の引数と一致
matlab.mock.actions.AssignOutputs呼び出されたメソッドまたはアクセスされたプロパティの戻り値を定義
matlab.mock.actions.ReturnStoredValue格納されたプロパティ値を返す
matlab.mock.actions.StoreValueプロパティ値を格納
matlab.mock.actions.ThrowExceptionメソッドが呼び出された場合、またはプロパティが設定またはアクセスされた場合に例外をスロー
matlab.mock.constraints.WasAccessedプロパティの get アクセスを決定する制約
matlab.mock.constraints.WasCalledメソッドの呼び出しを決定する制約
matlab.mock.constraints.WasSetプロパティ設定相互作用を決定する制約
matlab.mock.MethodCallBehaviorモック オブジェクト メソッドの動作を指定して、メソッドの呼び出しを検定
matlab.mock.PropertyBehaviorモック オブジェクトのプロパティの動作の指定と相互作用の検定
matlab.mock.PropertyGetBehaviorモック プロパティの get 動作を指定
matlab.mock.PropertySetBehaviorモック オブジェクトの設定動作を指定

パフォーマンスとメモリ

timeit関数の実行に必要な時間の測定
ticストップウォッチ タイマーを開始
tocストップウォッチから経過時間を読み取る
cputime経過 CPU 時間
profile関数実行時間のプロファイル
benchMATLAB ベンチマーク
memoryメモリ情報を表示する
inmemメモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
packワークスペース メモリの整理
memoizeメモ化のセマンティクスを関数ハンドルに追加
MemoizedFunctionメモ化された関数を呼び出して結果をキャッシュ
clearAllMemoizedCachesすべての MemoizedFunction オブジェクトのキャッシュのクリア

システム コマンド

clipboardテキストをシステム クリップボードからコピーしたり、システム クリップボードに貼り付ける
computerMATLAB ソフトウェアを実行しているコンピューターに関する情報
systemオペレーティング システム コマンドを実行し、出力を返す
dosDOS コマンドを実行して出力を返す
unixUNIX コマンドを実行して出力を返す
getenv環境変数
setenv環境変数の設定
perlオペレーティング システムの適切な実行可能ファイルを使用した Perl スクリプトの呼び出し
winqueryregWindows レジストリからのアイテム
commandhistoryコマンド履歴ウィンドウを開くか、既に開いていれば選択
commandwindowコマンド ウィンドウを開くか、既に開いていれば選択
filebrowser現在のフォルダー ブラウザーを開くか、既に開いている場合はそれを選択
workspaceワークスペースを管理するワークスペース ブラウザーを開く
matlab.io.saveVariablesToScriptMATLAB スクリプトへのワークスペース変数の保存
getpref設定
setpref設定値の指定
addpref設定を追加
rmpref設定の消去
ispref設定の素材をチェック

その他の言語向けの MATLAB API

C、C++、Fortran 用の MATLAB エンジン API

mexC/C++ または Fortran のソース コードから MEX 関数をビルドする

Java 用の MATLAB エンジン API

matlab.engine.shareEngine実行中の MATLAB セッションを共有セッションに変換
matlab.engine.engineName共有 MATLAB セッションの名前を返す
matlab.engine.isEngineSharedMATLAB セッションが共有されているかどうかの判別
com.mathworks.engine.MatlabEngineMATLAB を計算エンジンとして使用する Java クラス
com.mathworks.matlab.types.ComplexMATLAB との間で複素数データを相互に渡す Java クラス
com.mathworks.matlab.types.StructMATLAB struct を MATLAB との間で相互に渡す Java クラス
com.mathworks.matlab.types.CellStrchar ベクトルの MATLAB セル配列を表す Java クラス
com.mathworks.matlab.types.HandleObjectMATLAB ハンドル オブジェクトを表す Java クラス

MATLAB COM オートメーション サーバー

ExecuteMATLAB コマンドをオートメーション サーバーで実行
Fevalオートメーション サーバーで MATLAB 関数を評価する
GetCharArrayオートメーション サーバーからの文字配列
PutCharArrayオートメーション サーバーに文字配列を格納
GetFullMatrixオートメーション サーバーのワークスペースからの行列
PutFullMatrixオートメーション サーバー ワークスペースの行列
GetVariableオートメーション サーバーのワークスペース内の変数からのデータ
GetWorkspaceDataオートメーション サーバーのワークスペースからのデータ
PutWorkspaceDataオートメーション サーバー ワークスペースのデータ
MaximizeCommandWindowオートメーション サーバー ウィンドウを開く
MinimizeCommandWindowオートメーション サーバー ウィンドウのサイズを最小化する
QuitMATLAB オートメーション サーバーを終了する
regmatlabserver現在の MATLAB をオートメーション サーバーとして登録する
enableserviceMATLAB オートメーション サーバーを有効または無効にする、その状態を表示する

Python 用の MATLAB エンジン API

matlab.engine.start_matlabPython 用 MATLAB エンジンの開始
matlab.engine.find_matlab共有 MATLAB セッションを見つけて Python 用の MATLAB エンジンに接続
matlab.engine.connect_matlabPython 用の MATLAB エンジンへの共有 MATLAB セッションの接続
matlab.engine.shareEngine実行中の MATLAB セッションを共有セッションに変換
matlab.engine.engineName共有 MATLAB セッションの名前を返す
matlab.engine.isEngineSharedMATLAB セッションが共有されているかどうかの判別
matlab.engine.MatlabEnginePython セッション内の計算エンジンとして MATLAB を使用する Python オブジェクト
matlab.engine.FutureResultMATLAB 関数の非同期呼び出しの結果を Python オブジェクトに保存

MEX ファイル作成 API

実行可能な C/C++ MEX ファイル
mexC/C++ または Fortran のソース コードから MEX 関数をビルドする
dbmexMEX ファイルのデバッグを有効にする (UNIX プラットフォーム上)
mex.getCompilerConfigurationsMEX ファイルをビルドするためのコンパイラ構成情報の取得
MEX ファイル関数の呼び出し
mexextバイナリ MEX ファイル名の拡張子
inmemメモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
MEX ファイルの共有
verMathWorks 製品のバージョン情報
computerMATLAB ソフトウェアを実行しているコンピューターに関する情報
mexextバイナリ MEX ファイル名の拡張子
mex.getCompilerConfigurationsMEX ファイルをビルドするためのコンパイラ構成情報の取得
MEX ファイルのトラブルシューティング
dbmexMEX ファイルのデバッグを有効にする (UNIX プラットフォーム上)
inmemメモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
mexC/C++ または Fortran のソース コードから MEX 関数をビルドする
mexextバイナリ MEX ファイル名の拡張子

デスクトップ環境

起動と終了

matlab (Windows)Windows システム プロンプトから MATLAB プログラムを開始
matlab (Mac)Mac ターミナルから MATLAB プログラムを開始
matlab (Linux)Linux システム プロンプトから MATLAB プログラムを開始
exitMATLAB プログラムを終了 (関数 quit と同じです)
quitMATLAB プログラムの終了
matlabrcMATLAB プログラムの起動ファイル
startupユーザー定義オプションの起動ファイル
finishMATLAB プログラムの終了ファイル

基本的な設定

prefdir設定、履歴、およびレイアウト ファイルを含むフォルダー
preferences[設定] ダイアログ ボックスを開く

プラットフォームとライセンス

versionMATLAB のバージョン番号とライブラリ
verMathWorks 製品のバージョン情報
verLessThanツールボックスのバージョンを指定された文字ベクトルと比較
licenseライセンス番号の取得またはライセンス タスクの実行
ispcバージョンが Windows (PC) プラットフォーム用かどうかを判別
ismacバージョンが macOS プラットフォーム用であるか判別
isunixバージョンが Linux または Mac プラットフォーム用かどうかの判別
isstudentバージョンが Student Version かどうかを判別
javachkJava 機能のサポートに基づくエラー メッセージ
usejavaJava 機能が使用できるかどうかの判別

ヘルプとサポート

docヘルプ ブラウザーのリファレンス ページ
helpコマンド ウィンドウでの関数のヘルプ
docsearchヘルプ ブラウザーでの検索
lookforすべてのヘルプ項目のキーワード検索
demoヘルプ ブラウザーで製品例にアクセスする
echodemoスクリプト例をコマンド ウィンドウでステップごとに実行
この情報は役に立ちましたか?