ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数の基礎

無名関数、ローカル関数、入れ子関数などの関数の作成

MATLAB 言語構文

function 関数名、入力および出力の宣言

例および操作のヒント

関数のファイルでの作成

この例では、関数をプログラム ファイルで作成する方法を説明します。

プログラムへのヘルプの追加

この例では、記述したプログラムにヘルプを追加する方法を説明します。

関数のエディターでの実行

エディターで作業中に、入力引数値など初期設定の必要な関数を実行

概念

関数のタイプ

MATLAB® で使用可能な関数の基本的なタイプの紹介

無名関数

ファイルなしで MATLAB 表現で定義される関数

ローカル関数

プログラム ファイル内のメイン関数の後の関数

入れ子関数

他の関数の本体内で定義される関数

プライベート関数

このトピックでは、"プライベート関数" という用語とプライベート関数の作成および使用方法を説明します。

関数の優先順位

このトピックでは、現在のスコープに同じ名前の関数が複数存在する場合、MATLAB が関数の呼び出しをどのように判定するのかについて説明します。

トラブルシューティング

入れ子関数と無名関数の変数

入れ子関数および無名関数に対するスコープ規則では、関数内で使用されるすべての変数はコードのテキスト内に存在しなければなりません。

この情報は役に立ちましたか?