ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ファイルの操作

ファイルとフォルダーの検索、表示および変更

関数

dir フォルダーの内容の一覧表示
ls フォルダーの内容の一覧表示
pwd 現在のフォルダーの識別
fileattrib ファイルまたはフォルダーの属性の設定または取得
exist 変数、関数、フォルダー、またはクラスの存在をチェック
isdir 入力がフォルダーかどうかを判別
type ファイルの内容の表示
visdiff 2 つのテキスト ファイル、MAT ファイル、バイナリ ファイル、Zip ファイル、またはフォルダーを比較する
what フォルダー内の MATLAB ファイルの一覧表示
which 関数やファイルの位置の出力
cd 現在のフォルダーを変更する
copyfile ファイルまたはフォルダーをコピーする
delete ファイルまたはオブジェクトを削除
recycle 削除ファイルをリサイクル フォルダーへ移動するオプションの設定
mkdir フォルダーを新規作成する
movefile ファイルまたはフォルダーを移動する
rmdir フォルダーの削除
open 適切なアプリケーションで ファイルを開く
winopen 適切なアプリケーションでファイルを開く (Windows)

例および操作のヒント

ファイルやフォルダーの検索

検索するファイル名が既知の場合、現在のフォルダー ブラウザーに名前の最初の文字を入力します。

ファイルとフォルダーの比較

2 つのファイルまたは 2 つのフォルダー間の差異の表示

ファイルおよびフォルダー管理

次の表は、ファイルおよびフォルダーを作成、移動、開く方法、およびそれらの名前を変更する方法を示します。

概念

MATLAB がアクセスできるファイルやフォルダー

ファイルのパスを指定しない場合は、MATLAB® は現在のフォルダーまたは検索パス上でファイルを検索します。

現在のフォルダー ブラウザーの設定

現在のフォルダー ブラウザーに表示されるファイル数を指定して、その外観をカスタマイズできます。

MathWorks ファイルの拡張子

次の表に、一般的な MathWorks® ファイルの拡張子を示します。

この情報は役に立ちましたか?