ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

例外処理

エラーの原因に関するデータのキャプチャと取得

MATLAB 言語構文

try, catch ステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ

クラス

MException エラー情報を取得する

関数

addCause 例外の追加の原因を記録する
getReport 例外のエラー メッセージを取得する
last 最新のキャッチされていない例外を返す
rethrow 前回キャッチされた例外を再度スローする
throw 例外のスロー
throwAsCaller 呼び出し元の関数内で発生しているかのように例外をスロー

例および操作のヒント

例外に関する情報の取得

MException クラスのオブジェクトを使用したエラーに関する情報の転送

例外のスロー

アプリケーションのエラーの検出と例外のスロー

例外への応答

プログラムで受け取った例外への応答

概念

MATLAB アプリケーションでの例外処理

MATLAB® で使用される既定のエラー レポートの仕組み

この情報は役に立ちましたか?