ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード エディター

MATLAB® エディターを使用したプログラムの編集

関数

edit ファイルの編集または作成

例および操作のヒント

ファイルを開いて保存する

ファイルの作成と起動、ドキュメント ウィンドウの整列、設定ダイアログの設定

入力時の構文チェック

MATLAB 要素を識別しやすくするために、コマンド ウィンドウとエディターで一部の項目が別の色で表示されます。

エラーと警告についてのコードのチェック

MATLAB コード アナライザーは、コードの問題についてコードを自動的にチェックできます。

コードの可読性の向上

コードを読み取りやすくする方法

ファイル内のテキストの検索と置換

現在のファイルまたは複数のファイル内でのテキストの検索と置換インクリメンタル検索ツール。

ファイルの指定位置へ移動

行番号への移動、関数、ブックマーク、前方と後方、選択肢を開く

ファイルの 2 か所を同時に表示する

次の図のように画面表示を分割すると、エディター内でファイルの 2 か所を同時に表示できます。

ファイルへのリマインダーの追加

ファイルに注釈を付けることにより、後で改善、完成、更新するときに、コードの注釈の箇所を簡単に検索できるようになります。

概念

MATLAB コード アナライザー レポート

コード内の潜在的なエラー、問題、改善の可能性などを特定するレポート。

エディター/デバッガーの設定

エディターとデバッガーの設定を使用したエディターのカスタマイズ

コード アナライザーの設定

コード アナライザーの設定で、コード アナライザー機能の有効/無効の設定と、メッセージ インジケーターの設定を行います。

この情報は役に立ちましたか?