ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ型

数値配列、文字配列、テーブル、構造体およびセル配列と、データ型の変換

既定の設定により、MATLAB® では、すべての数値変数が倍精度浮動小数点値として格納されます。追加のデータ型では、テキスト、整数値または単精度値、あるいは関連データの組み合わせが 1 つの変数に格納されます。詳細は、MATLAB の基本クラスを参照するか、「MATLAB の基本クラスであるデータ型の紹介MATLAB の基本クラスであるデータ型の紹介」をご覧ください。

  • 数値型
    整数および浮動小数点データ
  • 文字と文字列
    文字配列内のテキスト
  • 日付と時刻
    異なる形式で表示できる日付と時刻の値の配列
  • カテゴリカル配列
    離散的な非数値データの有限集合から値をとる定性データの配列
  • テーブル
    異なる型をもつことができる名前付きの列で構成された、表形式の配列
  • 構造体
    さまざまな型とサイズのデータを含む名前付きフィールドをもつ配列
  • セル配列
    さまざまな型とサイズのデータを含むことができる配列
  • 関数ハンドル
    関数を間接的に呼び出せる変数
  • Map コンテナー
    キーが整数である必要のない場合の、値に対してインデックスするキーをもつオブジェクト
  • 時系列
    時間の経過とともにサンプリングされたデータ ベクトル
  • データ型の識別
    変数のデータ型の決定
  • データ型の変換
    数値配列、文字配列、セル配列、構造体またはテーブルの間の変換
この情報は役に立ちましたか?