ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。最新情報を確認するには、ページ左下にある国リストで [United States] を選択し、英語ドキュメンテーションに切り替えてください。

データ探索

グラフの移動、ズーム、回転、対話型の編集

関数

hidden メッシュ プロットの陰線処理
pan 対話型でグラフ領域を移動
reset グラフィックス オブジェクトのプロパティを既定の設定にリセット
rotate 指定した原点と方位を基準にオブジェクトを回転
rotate3d マウスを使用した 3 次元の視点の回転
zoom ズームのオン/オフの切り替えまたは要素の拡大
datacursormode 対話型データ カーソル モードの有効化、無効化、および管理
ginput マウスまたはカーソルからのグラフィカル入力
figurepalette Figure パレットの表示または非表示
plotbrowser Figure の [プロット ブラウザー] の表示/非表示
plotedit 対話型プロットの編集や注釈の追加
plottools プロット ツールの表示/非表示
propertyeditor プロパティ エディターの表示と非表示
propedit プロパティ エディターの起動
showplottool Figure のプロット ツールの表示/非表示

例および操作のヒント

グラフィカルなデータの探索方法

グラフのデータを探索するツールの概要を示します。

データ値の対話型表示

データ カーソルにより、グラフから離れて直接データを読み取り、ワークスペースへ保存し、データ点のラベル付けができます。

グラフのズーム

2 次元と 3 次元でのズーム ツールの動作

移動 — グラフの視点の移動

マウスでグラフをつかみ、座標軸を移動するツールを説明します。

3 次元での回転

3 次元オブジェクトの回りに視点を移動します。

プロット ツールによるグラフのカスタマイズ

グラフを対話的にカスタマイズするには、プロット ツールを使用します。

プロット ツールによるサブプロットの作成

この例では、複数のグラフをもつ Figure を対話的に作成し、プロット ツールを使用して異なる種類のプロットを各グラフに追加する方法を説明します。

概念

対話型のデータ探索とは

データセットのパターンと異常を探す方法

この情報は役に立ちましたか?