ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。最新情報を確認するには、ページ左下にある国リストで [United States] を選択し、英語ドキュメンテーションに切り替えてください。

データのブラシ選択

観測値の対話形式のマーク、削除、変更およびグラフへの保存

関数

brush 観測値の対話形式のマーク、削除、変更、およびグラフへの保存
datacursormode 対話型データ カーソル モードの有効化、無効化、および管理
linkdata 変数が変わったときに自動的にグラフを更新
linkaxes 指定された 2 次元 axes の範囲を同期
linkprop グラフィックス オブジェクトの対応するプロパティと同じ値の保持
refreshdata データ ソースが指定されたときにグラフ内のデータを更新

例および操作のヒント

データ値の対話型表示

データ カーソルにより、グラフから離れて直接データを読み取り、ワークスペースへ保存し、データ点のラベル付けができます。

グラフをデータのブラシ選択でマークする

グラフ内の対象とする観測を対話的に強調表示します

データ リンクによるグラフの応答

グラフの X、Y、Z データとワークスペース変数との接続

概念

グラフのデータとのやりとり

グラフ化されたデータを検査するデータのヒントと変数エディターの利用

この情報は役に立ちましたか?