ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

2 次元グラフの作成とラインのカスタマイズ

2 次元線グラフの作成

この例では、簡単な線グラフを作成する方法を説明します。関数 linspace を使用して、0 から $2\pi$ の範囲で等間隔に配置した 100 点の値を成分とするベクトルとして x を定義します。

x = linspace(0,2*pi,100);

y を、x の値で評価される正弦関数として定義します。

y = sin(x);

x と対比する値として y をプロットします。

figure
plot(x,y)

新規 Figure ウィンドウでのグラフの作成

この例では、現在の Figure にプロットするのではなく、新規の Figure ウィンドウにグラフを作成する方法を説明します。

xy を定義します。

x = linspace(0,2*pi,25);
y = sin(x);

x に対する y の階段状プロットを作成します。figure コマンドを使用して、新規の Figure ウィンドウを開きます。新規の Figure ウィンドウを開かない場合、MATLAB® の既定では、現在の Figure にある既存のグラフが消去されてからプロットされます。

figure % new figure window
stairs(x,y)

複数のラインのプロット

この例では、1 つ以上の x,y ペアを関数 plot に渡すことにより、複数のラインをプロットする方法を説明します。

y1 および y2 を、位相シフトした正弦波として定義します。

x = linspace(0,2*pi,100);
y1 = sin(x);
y2 = sin(x-pi/4);

ラインをプロットします。

figure
plot(x,y1,x,y2)

plot は、ラインの色の事前定義済みリストを繰り返して使用します。

色、ライン スタイル、マーカー

ラインの色、ライン スタイル、マーカー タイプを変更するには、x,y のペアにライン仕様文字列を追加します。たとえば、文字列 'g:*' を追加すると、緑色の点線と星印のマーカーがプロットされます。ライン仕様からオプションを 1 つ以上省略できます。たとえば、'g:' はマーカーのない緑色の点線です。ライン スタイルのみを変更するには、ライン スタイルのオプションのみを指定します。たとえば、'--' は破線を表します。

詳細は、「LineSpec (Line Specification)」を参照してください。

ライン スタイルの指定

この例では、破線を使用してプロットを作成する方法を説明します。オプションのライン仕様文字列 '--'x,y ペアに追加します。

x = linspace(0,2*pi,100);
y = sin(x);

figure
plot(x,y,'--')

複数のラインに対する異なるライン スタイルの指定

この例では、各 x,y ペアにライン仕様文字列を追加することにより、異なるライン スタイルをもつ 2 つの正弦波をプロットする方法を説明します。

'--' を使用して、最初の正弦波を破線でプロットします。':' を使用して、2 番目の正弦波を点線でプロットします。

x = linspace(0,2*pi,100);
y1 = sin(x);
y2 = sin(x-pi/4);

figure
plot(x,y1,'--',x,y2,':')

ライン スタイルと色の指定

この例では、プロットのライン スタイルとラインの色を指定する方法を説明します。

'--g' を使用して、正弦波を緑色の破線でプロットします。':r' を使用して、2 番目の正弦波を赤色の点線でプロットします。ライン仕様文字列内の要素は、任意の順序で表示できます。

x = linspace(0,2*pi,100);
y1 = sin(x);
y2 = sin(x-pi/4);

figure
plot(x,y1,'--g',x,y2,':r')

ライン スタイル、色およびマーカーの指定

この例では、2 つの正弦波にライン スタイル、色、マーカーを指定する方法を説明します。マーカー タイプを指定した場合、plot により各データ点にマーカーが追加されます。

0 から $2\pi$ の範囲で、等間隔に配置した 25 点の値として x を定義します。'--go' を使用して、最初の正弦波を緑色の破線と丸いマーカーでプロットします。':r*' を使用して、2 番目の正弦波を赤色の点線と星印のマーカーでプロットします。

x = linspace(0,2*pi,25);
y1 = sin(x);
y2 = sin(x-pi/4);

figure
plot(x,y1,'--go',x,y2,':r*')

データ点のみのプロット

この例では、ライン仕様文字列のライン スタイル オプションを省略し、データ点のみをプロットする方法を説明します。

xy のデータを定義します。データをプロットし、各データ点に星印のマーカーを表示します。

x = linspace(0,2*pi,25);
y = sin(x);

figure
plot(x,y,'*')

参考

| | | | | | | | | |

関連する例

この情報は役に立ちましたか?