ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

別のアプリケーションで開くための Figure の保存

ファイル形式の選択

Figure を保存する前に、使用するファイル形式を検討します。Figure はビットマップ イメージまたはベクトル グラフィックス ファイルとして保存できます。

  • ビットマップ イメージには Figure のピクセル ベースの表現が含まれています。このタイプの形式はグラフィックスを表示する Web ブラウザーやその他のアプリケーションによって広く使用されています。ただし、ビットマップ イメージではスケーリングが適切に処理されません。他のグラフィックス アプリケーションで個別のグラフィックス オブジェクト (ラインやテキストなど) は変更できません。サポートされるビットマップ イメージ形式には PNG と JPEG があります。

  • ベクトル グラフィックス ファイルには、Figure を再描画するコマンドが保存されています。このタイプの形式はスケーリングに適していますが、大きなファイルが作成されることがあります。また、ベクトル グラフィックス ファイルではオブジェクトの適切な 3 次元配置が生成されない場合があります。ベクトル グラフィックス形式の幅広い編集をサポートするアプリケーションもあれば、グラフィックスのサイズ変更のみをサポートするアプリケーションもあります。一般に、Figure が MATLAB® 内にある間に必要なすべての設定を行うことを推奨します。サポートされるベクトル グラフィックス形式には PDF、EPS および SVG があります。

サポート対象のファイル形式の完全な一覧は、ファイル形式オプションを参照してください。

ドキュメントまたはプレゼンテーション用の Figure の保存

Figure を保存するには、関数 saveas または関数 print を使用します。たとえば、棒グラフを PNG ファイルとして保存します。gcf を使用して現在の Figure を保存します。

bar([1 10 7 8 2 2 9 3 6])
saveas(gcf,'BarChartFile.png')

保存した出力に対して解像度の設定やレンダラーの制御などのコントロールを追加する必要がある場合は、代わりに関数 print を使用して Figure を保存します。

他のアプリケーションでの編集用の Figure の保存

他のアプリケーションで Figure を編集する場合は、PDF や EPS などのベクトル グラフィックス ファイルとして保存します。関数 saveas または print のいずれかを使用して Figure を保存します。

たとえば、'epsc' ファイル形式を使用して、色付きの EPS ファイルとして棒グラフを保存します。

bar([1 10 7 8 2 2 9 3 6])
saveas(gcf,'BarChartFile','epsc')

saveas は、棒グラフを BarChartFile.eps として保存します。白黒の EPS ファイルには、'eps' 形式を代わりに使用します。サポート対象のファイル形式の完全な一覧は、ファイル形式オプションを参照してください。

Figure を保存する前のカスタマイズ

MATLAB で Figure を保存する前にカスタマイズすることで、他のアプリケーションを使用して編集する必要がなくなります。

Figure をプログラムによってカスタマイズするには、グラフィックス オブジェクトのプロパティを設定します。通常、グラフィックス関数は、グラフィックス オブジェクトへのアクセスとそれらの変更に使用できる出力引数を返します。たとえば、関数 plot から返された chart line オブジェクトを変数に代入し、それらの LineWidth プロパティを設定します。

p = plot(rand(5));
set(p,'LineWidth',3)

出力引数としてグラフィックス オブジェクトを返さない場合は、findobj を使用して特定のプロパティをもつオブジェクトを検索できます。たとえば、現在の Figure 内で Type プロパティが 'line' に設定されたすべてのオブジェクトを検索します。次に、それらの LineWidth プロパティを設定します。

plot(rand(5))
p = findobj(gcf,'Type','line')
set(p,'LineWidth',3);

すべてのグラフィックス オブジェクトとそのプロパティの一覧は、「グラフィックス オブジェクトのプロパティ」を参照してください。

Figure を対話的にカスタマイズするには、プロット ツールまたは [エクスポート設定] ダイアログを使用します。プロット ツールについての詳細は、「プロット ツールによるグラフのカスタマイズ」を参照してください。[エクスポート設定] ダイアログについての詳細は、保存前の Figure の対話的なカスタマイズを参照してください。

Microsoft アプリケーションまたは LaTeX ドキュメントに Figure を含める

PowerPoint® や Word などの Microsoft® アプリケーションに Figure をインポートするには、アプリケーションで [挿入][図][ファイルから] をクリックします。次に保存したファイルまで移動します。

LaTeX ドキュメントに Figure を追加するには、まず EPS 形式を使用して Figure を保存します。たとえば、saveas(gcf,'BarChart','epsc') です。次に、LaTeX ドキュメント内で \includegraphics 要素を使用してファイルを追加します。以下に例を示します。

\documentclass{article}
\usepackage{graphicx}
\begin{document}

\begin{figure}[h]
\centerline{\includegraphics[height=10cm]{BarChart.eps}}
\caption{Bar Chart from MATLAB}
\end{figure}

\end{document}

ファイル形式オプション

次の表に、サポートされるビットマップ イメージ形式を一覧します。

オプションビットマップ イメージ形式対応するファイル拡張子
'jpeg'JPEG 24 ビット.jpg
'png'PNG 24 ビット.png
'tiff'TIFF 24 ビット (圧縮).tif
'tiffn'TIFF 24 ビット (圧縮なし).tif
'meta'拡張メタファイル (Windows のみ).emf
'bmpmono'BMP モノクロ .bmp
'bmp'BMP 24 ビット .bmp
'bmp16m'BMP 24 ビット .bmp
'bmp256'BMP 8 ビット (256 色、固定カラーマップを使用) .bmp
'hdf'HDF 24 ビット.hdf
'pbm'PBM (標準形式) 1 ビット.pbm
'pbmraw'PBM (未処理形式) 1 ビット.pbm
'pcxmono'PCX 1 ビット.pcx
'pcx24b'PCX 24 ビット カラー (3 つの 8 ビット平面).pcx
'pcx256'PCX 8 ビット新色 (256 色).pcx
'pcx16'PCX 旧色 (EGA/VGA 16 色).pcx
'pgm'PGM (標準形式).pgm
'pgmraw'PGM (未処理形式).pgm
'ppm'PPM (標準形式).ppm
'ppmraw'PPM (未処理形式).ppm

次の表に、サポートされるベクトル グラフィックス形式を一覧します。

オプションベクトル グラフィックス形式対応するファイル拡張子
'pdf'フル ページ Portable Document Format (PDF) カラー.pdf
'eps'Encapsulated PostScript® (EPS) レベル 3 モノクロ.eps
'epsc'Encapsulated PostScript (EPS) レベル 3 カラー.eps
'eps2'Encapsulated PostScript (EPS) レベル 2 モノクロ.eps
'epsc2'Encapsulated PostScript (EPS) レベル 2 カラー.eps
'meta'拡張メタファイル (Windows® のみ).emf
'svg'SVG (Scalable Vector Graphics).svg
'ps'フル ページ PostScript (PS) レベル 3 モノクロ.ps
'psc'フル ページ PostScript (PS) レベル 3 カラー.ps
'ps2'フル ページ PostScript (PS) レベル 2 モノクロ.ps
'psc2'フル ページ PostScript (PS) レベル 2 カラー.ps

参考

|

関連する例

この情報は役に立ちましたか?