ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

2 本の Y 軸をもつグラフの作成

この例では、2 つの Y 軸をもつグラフを作成し、軸にラベルを付けて、グリッド ラインを表示する方法を説明します。

データの作成とプロット

データを作成します。

A = 1000;
a = 0.005;
b = 0.005;

t = 0:900;
z1 = A*exp(-a*t);
z2 = sin(b*t);

plotyy を使用して、Y 軸を 2 本もつグラフを作成します。片対数スケーリングを使用して、t に対して z1 をプロットします。線形スケーリングを使用して、t に対して z2 をプロットします。配列 ax に 2 つの座標軸を返し、2 本のラインを p1p2 として返します。

[ax,p1,p2] = plotyy(t,z1,t,z2,'semilogy','plot');

左の Y 軸は、プロット対象の最初のデータセット (z1 の片対数プロット) に対応します。最初の座標軸 ax(1) とライン p1 は、最初のデータセットに対応します。

右の Y 軸は、プロットする 2 番目のデータセット (z2 のライン プロット) に対応します。2 番目の座標軸 ax(2) とライン p2 は、2 番目のデータセットに対応します。

軸へのラベル付け

最初の座標軸を関数 ylabel に渡して、左の Y 軸にラベルを付けます。次に、2 番目の座標軸を関数 ylabel に渡して、右の Y 軸にラベルを付けます。いずれかの座標軸を使用して、X 軸にラベルを付けます。

ylabel(ax(1),'Semilog Plot') % label left y-axis
ylabel(ax(2),'Linear Plot') % label right y-axis
xlabel(ax(2),'Time') % label x-axis

ラインの外観の変更

ラインの外観を変更します。

p1.LineStyle = '--';
p1.LineWidth = 2;
p2.LineWidth = 2;

グリッド ラインの表示

最初の座標軸を関数 grid に渡して、左の Y 軸に関連付けた対数グリッドを表示します。

grid(ax(1),'on')

右の Y 軸に関連付けた線形グリッドを表示するには、grid(ax(2),'on') を使用します。

参考

| |

関連する例

この情報は役に立ちましたか?