ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

虚数データと複素数データのプロット

単一の複素数入力のプロット

この例では、複素数ベクトル z の実数部対虚数部をプロットする方法を説明します。入力値が複素数の場合、plot(z)plot(real(z),imag(z)) と等しくなり、real(z)z の実数部、imag(z)z の虚数部です。

z を、乱数行列の固有値を成分とするベクトルとして定義します。

z = eig(randn(20));

z の実数部に対して z の虚数部をプロットします。各データ点に円を表示します。

figure
plot(z,'o')

複数の複素数入力のプロット

この例では、2 つの複素数ベクトル z1z2 について、実数部対虚数部をプロットする方法を説明します。複数の複素数引数を plot に渡すと (例: plot(z1,z2))、MATLAB® では入力の虚数部が無視され、実数部がプロットされます。複数の複素数の入力の場合に実数部対虚数部をプロットするには、実数部と虚数部を plot に明示的に指定しなければなりません。

複素数データを定義します。

x = -2:0.25:2;
z1 = x.^exp(-x.^2);
z2 = 2*x.^exp(-x.^2);

関数 realimag を使用して、各ベクトルの実数部と虚数部を取得します。次に、データをプロットします。

real_z1 = real(z1);
imag_z1 = imag(z1);

real_z2 = real(z2);
imag_z2 = imag(z2);

plot(real_z1,imag_z1,'g*',real_z2,imag_z2,'bo')

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?