ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフの軸の範囲の変更

この例では、グラフの軸の範囲を変更する方法を説明します。MATLAB® の既定では、プロット対象のデータ全体が収まるように軸の範囲が選択されます。

簡単なライン プロットの作成

-10 ~ 10 の範囲で等間隔に配置した 200 点の値として x を定義し、x の正弦として y を定義します。データのライン プロットを作成します。

x = linspace(-10,10,200);
y = sin(4*x)./exp(x);

figure
plot(x,y)

軸の範囲の変更

軸の範囲を変更するには、関数 axis[xmin,xmax,ymin,ymax] の形式の 4 成分ベクトルを渡します。xminxmaxX 軸のスケーリングを設定し、yminymaxY 軸のスケーリングを設定します。

また、関数 xlimylim および zlim を使用しても、軸の範囲を変更できます。xlim([xmin,xmax])ylim([ymin,ymax]) のコマンドの実行結果は、axis([xmin,xmax,ymin,ymax]) と同じです。

X 軸のスケーリングを 0 ~ 10 の範囲に変更します。Y 軸のスケーリングを -1 ~ 1 の範囲に変更します。

axis([0,10,-1,1])

軸範囲の半自動設定の使用

X 軸の下限値を自動計算するには、値を -inf に設定します。データに基づいて、MATLAB® により下限値が計算されます。X 軸の上限値と、Y 軸の範囲については値を指定します。

axis([-inf,10,-1,1])

自動計算された上限値を使用するには、値を inf に設定します。

参考

| | | |

関連する例

この情報は役に立ちましたか?