ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

プロット ツールによるグラフへの軸ラベルの追加

Axis ラベルとは

MATLAB® の Figure では、Axis ラベルはグラフの x、y、z 軸に整列されたテキスト文字列です。軸ラベルは、各軸が表す単位の意味を説明するのに役立ちます。次の図に、両方の軸のラベルを示します。

    メモ:   軸のラベルを作成するために、任意の型のテキスト注釈を使用することができますが、推奨はしません。軸ラベルは、説明する軸に固定されているものですが、注釈は固定されているものではありません。軸を移動したり、軸のサイズを変更したりすると、その軸のと共にラベルが自動的に移動します。また、ラベルを切り取り、その後 Figure に貼り付けて戻すと、ラベルは Axes に固定されたものではなくなります。

挿入メニューのラベル オプションの利用

  1. [挿入] メニューをクリックして、ラベルを付ける軸に対応するラベル オプションを選択します。[X 軸ラベル][Y 軸ラベル][Z 軸ラベル] のいずれかです。軸に沿って、あるいは既存の軸ラベルの周りに、テキスト入力ボックスが開きます。

      メモ:   y 軸ラベルおよび z 軸ラベルのテキスト エディット ボックスは水平方向のボックスです。テキストの入力が終了すると、ラベルを軸に合わせるために、入力したテキストが自動的に回転します。

  2. ラベルのテキストを入力するか、または既存のラベルのテキストを編集します。

  3. Figure の背景内の任意の位置をクリックして、ラベル周りのテキスト入力ボックスを閉じます。Figure 内の他のオブジェクト、たとえば Axes やラインをクリックすると、ラベル テキスト入力ボックスは閉じ、自動的にクリックしたオブジェクトが選択されます。

    メモ:   [挿入] メニューを使用して Axis ラベルを挿入すると、Figure で現在プロット編集モードがアクティブでない場合、プロット編集モードがアクティブになります。プロット編集モードで軸ラベルを変更するには、軸ラベルをダブルクリックし、新しいテキストを入力します。

プロパティ エディターを使って Axis ラベルを挿入する

プロパティ エディターを使って、ラベルをグラフに挿入するには、以下のようにします。

  1. Figure の [ツール] メニューから [プロットの編集] を選択して、プロット編集モードを開始します。

  2. グラフ内の Axes 上をダブルクリックして、プロパティ エディターを起動します。また、Axes を右クリックして、コンテキスト メニューから [プロパティ] を、または [表示] メニューから [プロパティ エディター] を選択して、プロパティ エディターを起動することもできます。

    プロパティ エディターは、Axes オブジェクトに固有のプロパティ パネルを表示します。

  3. 追加する軸ラベルに応じて、[X 軸][Y 軸] または [Z 軸] タブを選択します。テキスト入力ボックスに、ラベル テキストを入力します。

Axis ラベルの回転

プロパティ エディターを用いて、Axis ラベルを回転できます。

  1. Figure の [ツール] メニューから [プロットの編集] を選択して、プロット編集モードを開始します。

  2. 回転させる軸ラベルを選択 (左クリック) し、プロパティ エディターを表示します。選択されたテキストを右クリックして、コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択します。

  3. [詳細なプロパティ] ボタンをクリックし、プロパティ インスペクターを表示します。

  4. [Rotation] プロパティ テキスト フィールドを選択します。値 0 度を入力すると、ラベルを水平位置に向けます。

  5. 選択したラベルを左マウスボタンでクリックし、左マウスボタンを押したままテキストを希望の場所までドラッグしてから離します。

軸ラベルの再配置

テキストをドラッグすることによって、軸ラベルを再配置できます。

  1. Figure の [ツール] メニューから [プロットの編集] を選択して、プロット編集モードを開始します。

  2. 再配置するラベルのテキストを選択します (テキスト オブジェクトの周りにハンドルが表示されます)。

  3. 選択したラベルを左マウスボタンでクリックし、左マウスボタンを押したままテキストを希望の場所までドラッグしてから離します。

参考

| |

関連する例

この情報は役に立ちましたか?