ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

タイトル、軸ラベル、凡例のグラフへの追加

この例では、関数 titlexlabelylabel および legend を使用して、グラフにタイトル、軸ラベルおよび凡例を追加する方法を説明します。既定では、これらの関数は現在の座標軸にテキストを追加します。通常、現在の座標軸は、最後に作成した座標軸か、最後にマウスでクリックした座標軸になります。

簡単なライン プロットの作成

x $-2\pi$ から $2\pi$ の間で線形に等間隔な 100 個の値として定義します。y1 および y2x の正弦値および余弦値として定義します。両方のデータセットのライン プロットを作成します。

x = linspace(-2*pi,2*pi,100);
y1 = sin(x);
y2 = cos(x);

figure
plot(x,y1,x,y2)

タイトルの追加

グラフにタイトルを追加するには、関数 title を使用します。タイトルにギリシャ文字を表示するには、TeX マークアップを使用します。TeX マークアップ \pi を使用して、ギリシャ文字 $\pi$ を表示します。

title('Graph of Sine and Cosine Between -2\pi and 2\pi')

軸ラベルの追加

グラフに軸ラベルを追加するには、関数 xlabel および ylabel を使用します。

xlabel('-2\pi < x < 2\pi') % x-axis label
ylabel('sine and cosine values') % y-axis label

凡例の追加

各データセットを識別する凡例をグラフに追加するには、関数 legend を使用します。ラインをプロットする順序で、凡例の説明を指定します。

legend('y = sin(x)','y = cos(x)')

凡例の位置の指定

グラフ上の凡例の位置を指定するには、基本方位と中間方位の 8 つのうちいずれかを使用して、凡例の位置を設定します。座標軸の左下隅に凡例を表示するには、その位置を 'southwest' として指定します。

legend('y = sin(x)','y = cos(x)','Location','southwest')

凡例を座標軸の外側に表示するには、任意の方向に outside を追加します (例: 'southwestoutside')。

参考

| | | |

関連する例

この情報は役に立ちましたか?