ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GUI とは

グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) は、"コンポーネント"と呼ばれるコントロールを含む 1 つ以上のウィンドウのグラフィカルな表示です。GUI を使用して、ユーザーは対話的に作業することができます。GUI のユーザーは、タスクを実行するためにスクリプトを作成したり、コマンド ラインでコマンドを入力する必要はありません。タスクを達成するプログラムのコーディングとは異なり、GUI のユーザーは、タスクがどのように実行されるかについての詳細を理解する必要がありません。

GUI コンポーネントの例として、メニュー、ツール バー、 プッシュ ボタン、ラジオ ボタン、リスト ボックス、スライダーなどがあります。MATLAB® のツールを使って作成される GUI は、任意の計算、データ ファイルの読み取りと書き込み、他の GUI とのやりとり、データを表またはプロットとして表示することなどを実行できます。

次の図は、ユーザーが容易に作成できる簡単な GUI を示します。

GUI は、以下を含みます。

  • 座標軸

  • MATLAB 関数 peaksmembranesinc に対応する 3 つの異なるデータセットをリストするポップアップ メニュー

  • ポップアップ メニューをラベリングするスタティック テキスト

  • 異なる種類のプロットを提供する 3 つのボタン: surface、mesh、contour

プッシュ ボタンをクリックすると、座標軸は指定した 3 次元プロットを用いて選択したデータセットを表示します。

この情報は役に立ちましたか?