ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GUIDE におけるクロスプラットフォーム UI の設計

既定のシステムフォント

uicontrol は既定で、使用しているプラットフォームの既定フォントを使用します。たとえば、PC 上でユーザー UI を表示するとき、uicontrol は MS San Serif を使用します。ユーザー プログラムが異なるプラットフォーム上で動作するとき、コンピューターの既定のフォントを使用します。これにより、ユーザー UI と他のアプリケーションに関して、外見を統一できます。

FontName プロパティを名前の付いたフォントに設定した後、既定値に戻す場合、プロパティを文字列 default に設定できます。そうすると、MATLAB は実行時にシステム既定値を使用します。

このプロパティを設定するために、プロパティ インスペクターを使用することができます。

代わりに、set コマンドを使用して、UI コード ファイルにプロパティを設定することもできます。たとえば、ユーザー UI にプッシュ ボタンが存在する場合、そのハンドルは、handles 構造体の pushbutton1 フィールドに保存され、その後、次のステートメント、

set(handles.pushbutton1,'FontName','default')

は、FontName プロパティにシステム既定値を使用するように設定します。

固定幅フォントの指定

ユーザー インターフェイス コントローに固定幅フォントを使用したい場合、その FontName プロパティを文字列 fixedwidth に設定してください。この特別な識別子により、ターゲット プラットフォームでユーザー UI が標準の固定幅を確実に使用するようにします。

ルートの FixedWidthFontName プロパティを調べることにより、特定のプラットフォーム上で使用される固定幅フォント名を検出できます。

get(groot,'FixedWidthFontName')

特定のフォント名の使用方法

FontName プロパティに対して、(Times あるいは Courierのような) 実際のフォント名を指定することができます。ただし、そのように指定すると、ユーザー UI が異なるコンピューター上で動くとき、期待どおりの外見にならない可能性があります。ターゲット コンピューターが指定のフォントをもたない場合、ユーザー UI の外観に合わないようなフォントや、そのシステム上の UI に使用される標準フォントではない他のフォントに置き換えられることもあります。また、同じ名前でフォントの異なるバージョンのものは、与えられた文字の組に対して、サイズ要求が異なることもあります。

標準背景色

既定のコンポーネント背景色は UI が表示されているシステムの標準のシステム背景色です。この色はコンピューター システムによって異なります。たとえば、PC の標準的なグレーの色調は UNIX® システムのものとは異なり、既定の UI 背景色とは一致しないことがあります。

既定のコンポーネントの背景色を使用すると、同じ背景色をユーザー UI に使用できます。これにより、ユーザー UI と他のアプリケーションに関して、外見を統一できます。GUIDE でこれを行うには、レイアウト エディターの [ツール] メニューで [GUI オプション][背景にシステム配色を使用 (推奨)] をチェックします。

    メモ:   このオプションは最初に [FIG ファイルと MATLAB ファイルの作成] オプションを選択した場合に限り、利用できます。

クロスプラットフォーム互換の単位

クロスプラットフォーム互換の UI は、スクリーン サイズと解像度が異なるコンピューター上でも適切に表示する必要があります。ピクセルのサイズはコンピューター ディスプレイによって異なる場合があるので、Figure の Units の既定値である pixels を使用すると、すべてのプラットフォーム上で同じに見える UI を生成することはできません。

このため、GUIDE は既定値で Figure に対する Units プロパティを characters にします。

システム依存の単位

文字単位は、既定のシステム フォントからの文字によって定義されています。文字単位の幅は、システム フォントにおいて文字 x の幅に等しくなります。文字単位の高さは、テキストの 2 行のベースライン間の距離です。文字単位が正方形でないことに注意してください。

単位とサイズ変更の動作

サイズ変更動作を [GUI オプション] ダイアログ ボックスから設定すると、GUIDE はプラットフォームが変わっても意図した外見や特徴を保つように UI のコンポーネントに対する単位を自動的に設定します。サイズ変更の動作オプションを指定するには、[ツール][GUI オプション] を選択し、[リサイズの動作] ポップアップ メニューから項目を 1 つ選択します。

  • [リサイズ不可] オプションを選択すると、GUIDE は既定でコンポーネントの単位を characters にします。

  • [比例 (プロポーショナル)] を選択すると、GUIDE は既定でコンポーネントの単位を normalized にします。

  • [その他 (SizeChangedFcn の使用)] を選択すると、GUIDE は既定でコンポーネントの単位を characters にします。ただし、サイズ変更動作をカスタマイズするために、SizeChangedFcn コールバックを与える必要があります。

[リサイズ不可][比例 (プロポーショナル)] オプションは、UI が異なるコンピューター上に表示されるときのコンポーネントのサイズと相対的な間隔を自動的に調整します。

    メモ:   Figure の Resize プロパティをプログラミングで、あるいはプロパティ インスペクターで変更する場合、GUIDE はコンポーネントの単位を自動的には調整しません。

UI をレイアウトする場合、インチやセンチメートルなどのより一般的な単位を使用すると便利な場合があります。ただし、異なるコンピューター上で UI の外見を保つには、Figure の Units プロパティを characters に変更し、UI を保存する前に、コンポーネントの Units プロパティを characters (サイズ変更不可の UI) あるいは normalized (サイズ変更可能な UI) に変更します。

この情報は役に立ちましたか?