ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリの共有

アプリを他のユーザーと共有するには、.mlappinstall ファイルを他のユーザーに提供します。アプリをパッケージ化したときに追加したファイルはすべて、.mlappinstall ファイルに含まれています。このアプリを受け取ったユーザーは、インストールするときに MATLAB® パスやその他のインストールの詳細を指定する必要がありません。これらの情報の指定は .mlappinstall ファイルによって自動的に行われます。

アプリを他のユーザーと共有するには、.mlappinstall ファイルを電子メール メッセージに添付するほか、ファイル共有のための一般的な方法を使用できます。

アプリを MATLAB Central File Exchange にアップロードすると、次のように、ユーザーが MATLAB 内からアプリをダウンロードできます。

  1. MATLAB の [ホーム] タブの [環境] セクションで [アドオン] 矢印ボタンをクリックします。

  2. [アドオンの入手] をクリックします。

  3. 名前または説明的な文字列でアプリを検索します。

アプリのインストールの手順については、ユーザーに「アドオンの手動インストール」を参照してもらいます。

    メモ:   .mlappinstall ファイルには任意のファイルを指定して含めることができますが、MATLAB Central File Exchange にはファイル送信に関する追加的な制限事項があります。以下のいずれか 1 つでも含まれているアプリは File Exchange に送信できません。

    • MEX ファイル

    • DLL や ActiveX® コントロールなどのその他のバイナリ実行可能ファイル (データ ファイルとイメージ ファイルはだいたい送信できます)

この情報は役に立ちましたか?