ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード パフォーマンス

MATLAB® コードでの測定とプロファイリングによるパフォーマンスの向上

関数

timeit 関数の実行に必要な時間の測定
tic ストップウォッチ タイマーを開始
toc ストップウォッチから経過時間を読み取る
cputime 経過 CPU 時間
profile 関数実行時間のプロファイル
bench MATLAB ベンチマーク

トピック

コードでの測定とプロファイリング

プログラムのパフォーマンスの測定

プログラムのパフォーマンスの測定や、ボトルネックの特定のために、MATLAB で提供されているツール

パフォーマンス改善のためのプロファイリング

ファイルで最も時間を要する位置を特定し、性能改善の焦点となるポイントを示すレポート。

コード カバレッジ判定のためのプロファイラーの使用

プロファイラーをファイルに対して実行する場合、if を含むブロックのように、実行されないコードがあります。

パフォーマンスの向上

パフォーマンス向上の手法

ループのベクトル化、配列の事前割り当てなどによるパフォーマンスの改良方法

事前割り当て

ループを繰り返すたびにデータ構造のサイズが次第に増大する for ループと while ループは、パフォーマンスと使用メモリにマイナスに影響する可能性があります。

ベクトル化

MATLAB は、行列とベクトルに関する操作に最適化されています。

この情報は役に立ちましたか?