ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

座標系

軸の範囲と目盛りの値の変更、グリッド ラインの追加、複数のプロットの結合

関数

xlim x 軸の範囲の設定とクエリ
ylim y 軸の範囲の設定とクエリ
zlim z 軸の範囲の設定とクエリ
rlim 極座標軸の r 軸の範囲の設定とクエリ
thetalim 極座標軸の θ 軸の範囲の設定とクエリ
axis 軸の範囲と外観の設定
box 座標軸の外枠の表示
grid 座標軸のグリッド ラインの表示または非表示
daspect 各軸でのデータ単位の長さを制御
pbaspect 各軸の相対的な長さの制御
datetick 日付を書式化した目盛りラベルを付ける
hold 新しいプロットを追加するときに現在のプロットを保持
subplot タイル状に配置された Axes の作成
yyaxis 2 本の y 軸があるチャートの作成
figure Figure ウィンドウの作成
axes Axes グラフィックス オブジェクトを作成
polaraxes 極座標軸を作成
gca 現在の Axes ハンドル番号の取得
cla 座標軸のクリア

プロパティ

Axes のプロパティ 座標軸の外観と動作の制御
Polar Axes のプロパティ 極座標軸の外観と動作を制御

例および操作のヒント

グラフの軸の範囲の変更

この例では、グラフの軸の範囲を変更する方法を説明します。

軸の目盛りの値とラベルの変更

この例では、x 軸と y 軸の目盛り値の位置と、これらに関連付けられたラベルを変更する方法を説明します。

原点を通る軸のラインの表示

この例では、プロットを作成し、x 軸と y 軸が原点 (0,0) で交差するように表示する方法を説明します。

y 軸目盛りラベルの指数値の変更

この例では、y 軸上部の指数ラベルに表示される値を変更する方法を説明します。

目盛り値ラベルの形式のカスタマイズ

この例では、グラフの目盛りラベルを通貨の値として表示する方法と、各目盛りラベルの後にテキストを追加する方法を説明します。

既存のグラフへのプロットの追加

この例では、既存のグラフにプロットを追加する方法を説明します。

3 次元グラフのグリッド ラインの表示

この例では、グラフ上にメジャー グリッド ラインとマイナー グリッド ラインを表示する方法を説明します。

サブプロットを使用した複数の座標軸を含む Figure の作成

この例では、関数 subplot を使用して、複数の座標軸を含む Figure を作成する方法を説明します。

2 本の y 軸があるチャートの作成

この例では、関数 yyaxis を使用して、左側と右側に y 軸があるチャートを作成する方法を説明します。

2 つの y 軸があるチャートのプロパティの設定

yyaxis コマンドは、左側と右側に y 軸がある axes オブジェクトを作成します。

2 つの y 軸があるチャートの色の指定

yyaxis コマンドは、左側と右側に y 軸がある axes オブジェクトを作成します。

複数の X 軸と Y 軸をもつグラフ

この例では、最初のプロットには下辺と左辺の座標軸を、2 番目のプロットには上辺と右辺の座標軸を使用して、グラフを作成する方法を説明します。

概念

座標軸の縦横比

既定では、Figure ウィンドウと同じ縦横比をもつ四角形の座標軸に 2 次元グラフが表示されます。

自動計算されるプロパティ

各グラフに自動的に設定されるプロパティ

タイトルとラベルを合わせるための座標軸のサイズ変更

Figure 内で座標軸がどのように配置されるかを説明します。

この情報は役に立ちましたか?