ドキュメンテーション

MathWorks アカウントを使用するインストールのアクティベーション

手順 1: アクティベーション アプリケーションの起動

アクティベーション アプリケーションを起動するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • インストールの終了後、[インストールの完了] ダイアログ ボックスで、[MATLAB のアクティベーション] チェック ボックスをオンのままにしておきます。

  • アクティベーションが行われていない MATLAB® のインストールを開始します。

  • MATLAB を実行している場合は、[ホーム] タブの [リソース] セクションで [ヘルプ][ライセンス][ソフトウェアのアクティベーションを行う] を選択します。

  • MATLAB インストール フォルダーに移動し、アクティベーション アプリケーションを開きます。

    Windowsmatlabroot/bin/$ARCH フォルダーにある activate_matlab.exe ファイルをダブルクリックします。この matlabroot は MATLAB インストール フォルダーであり、$ARCH はプラットフォーム固有のサブフォルダーです matlabroot\bin\win64

    Linux および Mac OS Xmatlabroot/bin フォルダーにある activate_matlab.sh スクリプトを実行します。

  • Mac OS X — MATLAB アプリケーション パッケージに含まれているアクティベーション アプリケーション アイコンをダブルクリックします。MATLAB アプリケーション パッケージの内容を表示するには、パッケージを右クリック (または Ctrl キーを押しながらクリック) し、[パッケージの内容を表示] を選択します。

手順 2: 自動アクティベーションまたは手動アクティベーションの選択

"アクティベーション" は、ライセンス許可を受けて MathWorks® 製品を使用することを確認するプロセスです。このプロセスでは、ライセンスを検証して、ライセンス オプションで許可されている数を超えるコンピューターまたはユーザーによってソフトウェアが使用されないようにします。

インストーラーによってアクティベーション アプリケーションを開始し、インストール中に MathWorks アカウントにログインした場合は、アクティベーション プロセスでも同じログイン セッションが続行されます。[次へ] をクリックして、アクティベーションを実行します。

インストール中に MathWorks アカウントにログインしなかった場合や、アクティベーション アプリケーションを単独で起動した場合は、自動アクティベーションか手動アクティベーションを選択しなければなりません。インターネットに接続している場合は、[インターネットを使って自動的にアクティベーションを行う] オプションを選択した状態のままにします。インストール直後にアクティベーションを行うと、最も早く MATLAB の使用を開始できます。

インターネットに接続していない場合は、[インターネットを使わずに手動でアクティベーションを行う] を選択します。このオプションを選択した場合、手動アクティベーションを行うにはライセンス ファイルが必要です。ライセンス ファイルによって、実行できる製品が特定されます。ライセンス ファイルがない場合は、ライセンス管理者に連絡して取得してください。

プロキシ サーバーの指定

    メモ:    Windows システムでは、アクティベーション アプリケーションは、既定でシステムのプロキシ設定を使用します。

インターネット接続にプロキシ サーバーを必要とする場合は、[接続設定] ボタンをクリックします。[プロキシ設定] ダイアログ ボックスでは、サーバー名とポートの情報を入力し、他のアクティベーション オプションにアクセスすることができます。MathWorks では、いくつかの種類のプロキシ設定をサポートしています。基本認証、ダイジェスト認証などです。

手順 3: 自分の MathWorks アカウントへのログイン

    メモ:    インストール中にアカウントにログインし、インストールの直後にアクティベーションを続けて行う場合、アクティベーション アプリケーションではこの手順が省略されます。

MathWorks アカウントの電子メール アドレスとパスワードを入力して、[次へ] をクリックします。アクティベーション アプリケーションにより MathWorks へのアクセスが行われ、アカウントに関連付けられたライセンスが取得されます。

MathWorks アカウントを保有していない場合は、[MathWorks アカウントを作成する] オプションを選択して [次へ] をクリックします。

既にライセンス ファイルを保有している場合は、[ライセンス ファイルへのパスを指定] オプションを選択し、ファイルへの絶対パスを指定して、[次へ] をクリックします。ライセンス ファイルによって、実行できる製品が特定されます。ライセンス管理者に連絡して、ライセンス ファイルを取得してください。ライセンス ファイルを指定した後、アクティベーション アプリケーションではプロセスの後続の手順がすべて省略され、[アクティベーションの完了] ダイアログ ボックスが開きます。

MathWorks アカウントを作成します。

アカウントを作成するには、電子メール アドレス、姓、名およびパスワードを入力します。アクティベーション キーの入力も必要です。新しく作成したアカウントには、ライセンスが関連付けられていません。アクティベーション キーによって、アクティベーションを行うライセンスが識別されます。

    メモ:    アクティベーション キーのダッシュやスペースの入力は任意です。

ライセンス管理者は、MathWorks Web サイトのライセンス センターからアクティベーション キーを取得できます。MATLAB 学生用ソフトウェアのアクティベーションを行う場合、アクティベーション キーは製品パッケージに含まれているか、MathWorks Web サイトのライセンス センターから取得できます。

[次へ] をクリックして、アカウントを作成します。

    メモ:    新しい MathWorks アカウントを作成した場合、アクティベーションを続行するには電子メール アドレスを確認しなければなりません。[電子メールの確認が必要] ダイアログ ボックスの [次へ] をクリックする前に、電子メール プログラムに移動して MathWorks から送信されたメッセージを開き、確認リンクをクリックします。次に、このダイアログ ボックスに戻り、[次へ] をクリックします。

手順 4:ライセンスの選択

    メモ:    インストールの直後にアクティベーションを続けて行う場合、アクティベーション アプリケーションでは、インストールしたライセンスをアクティベートするものと仮定して、この手順が省略されます。同様に、前の手順で新規アカウントを作成してアクティベーション キーを指定した場合も、この手順が省略されます。

MathWorks アカウントに関連付けられたライセンスの一覧からライセンスを選択して、[次へ] をクリックします。この一覧には、ライセンスに関する以下の情報が含まれています。

自分の MathWorks アカウントに関連付けられていないライセンスの製品アクティベーションを行う場合は、[リストされていないライセンスのアクティベーション キーを入力] オプションを選択し、アクティベーション キーを入力して、[次へ] をクリックします。"アクティベーション キー" とは、ライセンスを識別する固有のコードのことです。このキーを使用して、ライセンスのアクティベーションを行ったり、ライセンスをアカウントに関連付けたりできます。アクティベーション キーは、ライセンス管理者から入手できます。

    メモ:    アクティベーション キーのダッシュやスペースの入力は任意です。

MATLAB 学生用ソフトウェアのアクティベーションを行う場合、アクティベーション キーは製品パッケージに含まれているか、MathWorks Web サイトのライセンス センターから取得できます。

手順 5:アクティベーション タイプの選択

    メモ:    インストールしたライセンスまたは前の手順で選択したライセンスに、アクティベーション タイプが事前設定されているか、または学生用ソフトウェアのライセンスである場合、この手順は省略されます。

ライセンスのアクティベーション タイプを選択します。ソフトウェアを自分のみで使用する場合は、[スタンドアロン ネームド ユーザー] オプションを選択します。同時には使用しないという条件で、複数のユーザーがインストールを共有する場合は、[コンピューター指定] オプションを選択します。

選択が完了したら、[次へ] をクリックしてアクティベーションを続行します。

手順 6:ユーザー名の指定

    メモ:    ライセンスのアクティベーション タイプとして [コンピューター指定] を選択した場合、この手順は省略されます。

スタンドアロン ネームド ユーザーのアクティベーション タイプを選択した場合は、ソフトウェアを使用するユーザーのオペレーティング システムにおけるユーザー名を指定しなければなりません。アクティベーション タイプが [スタンドアロン ネームド ユーザー] の場合、ソフトウェアの使用は特定のコンピューター上の特定のユーザーに制限されます。MathWorks では、オペレーティング システムのユーザー名を使用してこのユーザーを識別しています。オペレーティング システム ユーザー名とは、ユーザーがコンピューターにアクセスするための ID で、コンピューターのログイン名とも呼ばれます。MathWorks ソフトウェアを使用するには、指定したユーザー名でコンピューターにログインしなければなりません。

既定では、アクティベーション アプリケーションによって、アプリケーションを実行中のユーザー名が自動的に記入されます。この既定値を使うには、[私がソフトウェアを使用します] オプションを選択した状態で、[次へ] をクリックします。管理者アカウントを使用してソフトウェアをインストールした後、別のアカウントを使用してソフトウェアにアクセスする場合は、そのユーザー名をここで指定できます。

他のユーザーのためにライセンスのアクティベーションを行う場合は、[他の人がソフトウェアを使用します] オプションを選択し、対象のユーザーの電子メール アドレス、名前、およびオペレーティング システム ユーザー名を指定して、[次へ] をクリックします。アクティベーション アプリケーションによって、ユーザーの MathWorks アカウントが検索され、アカウントが存在しない場合は新しいアカウントが作成されます。このオプションは、他のユーザーのためにソフトウェアのアクティベーションを行うシステム管理者に便利です。

    メモ:    学生用ソフトウェアのライセンスの場合、他のユーザーのライセンスについてアクティベーションを行うオプションは使用できません。

手順 7:アクティベーション情報の確認

表示されている情報がすべて正しい場合は、[アクティベーション] をクリックします。

インストールのアクティベーションでは、MathWorks によってコンピューターにロックされた (アクティベーション タイプとして [スタンドアロン ネームド ユーザー] を選択した場合は特定のユーザーにロックされた) ライセンス ファイルが作成され、ユーザーのコンピューターにこのライセンス ファイルがコピーされます。このライセンス ファイルによって、コンピューターで MathWorks 製品を実行できるようになります。また、MathWorks では MathWorks システム内にアクティベーションの記録を保持します。

手順 8:アクティベーションの完了

インストールをアクティベートした後、[終了] をクリックしてアクティベーション プロセスを終了します。

この情報は役に立ちましたか?