ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テクスチャ解析

エントロピー、範囲および標準偏差のフィルター処理、グレーレベル同時生起行列の作成

関数

entropy グレースケール イメージのエントロピー
entropyfilt グレースケール イメージの局所的なエントロピー
rangefilt イメージの局所的な範囲
stdfilt イメージの局所的な標準偏差
graycomatrix イメージからグレーレベルの同時生起行列を作成
graycoprops グレーレベル同時生起行列のプロパティ

例および操作のヒント

イメージ内のテクスチャ領域の検出

この例では、テクスチャ フィルター関数を使用してイメージ内のテクスチャの領域を検出する方法を説明します。

GLCM 計算で使用するオフセットの指定

既定の設定では、関数 graycomatrix は水平方向に隣接する 2 つのピクセルとして定義される空間関係または "オフセット" に基づく GLCM を 1 つ作成します。

GLCM とプロットの相関からの統計の算出

この例では、一連の GLCM を作成して、それらを基に統計を求める方法を説明します。

概念

テクスチャ解析

テクスチャ解析はイメージ内の領域をそのテクスチャ内容によって特徴付けることです。

グレー レベルの同時生起行列 (GLCM) を使用したテクスチャ解析

ピクセルの空間関係を考慮したテクスチャの統計的な記述方法は、グレーレベルの同時生起行列 (GLCM: Gray-Level Co-Occurrence Matrix) ですが、これはグレーレベルの空間依存行列とも呼ばれます。

グレー レベルの同時生起行列の作成

GLCM を作成するには、以下のように関数 graycomatrix を使用します。

この情報は役に立ちましたか?