ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

空間参照

イメージへの空間情報の関連付け、画像処理操作での空間情報の使用

イメージ内の位置を参照する方法はいくつかあります。空間参照を使用すると、ワールド座標系との関連で位置情報を指定することができます。詳細は、イメージ位置の表現を参照してください。各関数には、空間参照情報を受け入れる、または返すかどうかがすべて記載されています。

関数

imwarp イメージへの幾何学的変換の適用
imregister 強度ベースのイメージ レジストレーション
imregtform 2 つの 2 次元イメージまたは 3 次元イメージを位置合わせする幾何学的変換の推定
imshow イメージの表示
imshowpair イメージ間の差の比較
imfuse 2 つのイメージの合成

クラス

imref2d ワールド座標に対する 2 次元イメージの参照
imref3d ワールド座標に対する 3 次元イメージの参照

例および操作のヒント

表示を向上させるために空間参照を使用する 2 つのイメージのレジストレーション

この例では、イメージ レジストレーションにおける 2 つのイメージの空間的関係を理解すると共にこれらのイメージを効果的に表示するために空間参照オブジェクトを使用する方法を説明します。

概念

イメージ位置の表現

イメージ内の位置を表す方法

この情報は役に立ちましたか?