ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DICOM ファイルからのイメージ データの読み取りと書き込み

DICOM ファイルからのデータの読み取りと書き込み

関数

dicomanon DICOM ファイルの匿名化
dicomdict アクティブな DICOM データ ディクショナリの取得または設定
dicomdisp DICOM ファイル構造体の表示
dicominfo DICOM メッセージからのメタデータの読み取り
dicomlookup DICOM データ ディクショナリで属性を検索
dicomread DICOM イメージの読み取り
dicomuid DICOM の一意の識別子の生成
dicomwrite イメージを DICOM ファイルとして書き込む

例および操作のヒント

DICOM ファイルからのメタデータの読み取り

DICOM ファイルには、サイズ、次元、ビット深度、データの作成に使用したモダリティ、およびイメージのキャプチャに使用した装置の設定など、イメージ データに関する情報を提供するメタデータが含まれます。

DICOM ファイルからのイメージ データの読み取り

DICOM ファイルからイメージ データを読み取るには、関数 dicomread を使用します。

DICOM ファイルへのイメージ データの書き込み

イメージ データまたはメタデータを DICOM 形式のファイルに書き込むには、関数 dicomwrite を使用します。

新しい DICOM 系列の作成

変更されたイメージを DICOM ファイルに書き込む場合、そのイメージを新しい系列の冒頭に配置することをお勧めします。

DICOM ファイルからの機密情報の削除

トレーニング セット、盲検試験またはプレゼンテーションの一部として DICOM ファイルを使用する場合、機密の患者情報を削除することをお勧めします。

概念

Image Processing Toolbox での DICOM サポート

Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM) 標準は、American College of Radiology (ACR) と National Electrical Manufacturers Association (NEMA) の共同プロジェクトです。

明示的 VR 属性と暗黙的 VR 属性

DICOM 属性は、長さの後にデータを提供します。

この情報は役に立ちましたか?