ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

roicolor

関心領域 (ROI) を色に基づいて選択

構文

BW = roicolor(A,low,high)
BW = roicolor(A,v)

説明

roicolor は、インデックス付きまたは強度イメージ内の関心領域 (ROI) を選択し、バイナリ イメージを返します (roifilt2 を使用すると、返されたイメージをマスク フィルター処理用のマスクとして使用できます)。

BW = roicolor(A,low,high) は、カラーマップ範囲 [low high] の範囲内にあるこれらのピクセルとして選択された ROI を返します。

BW = (A >= low) & (A <= high)

BW は、0 が関心領域の外側、1 が内側のバイナリ イメージです。

BW = roicolor(A,v) は、ベクトル v の値に一致する A 内のピクセルとして選択された ROI を返します。BW は、A の値が v の値に一致する部分で 1 になるバイナリ イメージです。

クラス サポート

入力イメージ Anumeric でなければなりません。出力イメージ BWlogical クラスです。

load clown
BW = roicolor(X,10,20);
imshow(X,map)
figure,imshow(BW) 

この情報は役に立ちましたか?