ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imoverview

スクロール パネル内に表示されたイメージの概要ツール

構文

imoverview(himage)
hfig = imoverview(...)

説明

imoverview(himage) は、ハンドル himage で指定されたターゲット イメージと呼ばれるイメージに関連する概要ツールを作成します。ターゲット イメージは、imscrollpanel で作成したスクロール パネルに含まれていなければなりません。

概要ツールは、スクロール パネルに表示されたイメージのナビゲーションに使用します。imoverview は、画面に合わせたスケーリングでターゲット イメージ全体を表示する別個の Figure ウィンドウにこのツールを作成します。イメージのスケールされたバージョンで、このツールは、スクロール パネル内に現在表示されているターゲット イメージの部分を示す詳細な四角形と呼ばれる四角形を描画します。スクロール パネルに現在表示されていないこのイメージの部分を表示するには、概要ツールの詳細な四角形を動かします。

次の図は、イメージ ツールを概要ツールと共に示しています。

hfig = imoverview(...) は、概要ツールの Figure のハンドルを返します。

メモ:

既存の Figure または uipanel オブジェクトに組み込むことのできる概要ツールを作成するには、imoverviewpanel を使用します。

ツールボックス ナビゲーション ツールには、標準の MATLAB® ズームおよびパン ツールとの互換性がないため、ツール バーとメニュー バーを無効にして Figure を作成します。その後 Figure 内にスクロール パネルを作成し、スクロール パネル API の関数を使用して倍率を設定します。

hFig = figure('Toolbar','none',...
'Menubar','none');
hIm = imshow('tape.png');
hSP = imscrollpanel(hFig,hIm);
api = iptgetapi(hSP);
api.setMagnification(2) % 2X = 200%
imoverview(hIm)
この情報は役に立ちましたか?