ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

immultiply

2 つのイメージの乗算、またはイメージと定数の乗算

構文

Z = immultiply(X,Y)

説明

Z = immultiply(X,Y) は、配列 X 内の各要素を Y 内の対応する要素で掛け、出力配列 Z の対応する要素に積を返します。

XY が、同じサイズとクラスの実数配列である場合、ZX と同じサイズとクラスになります。X が数値配列であり Y が double のスカラーである場合、ZX と同じサイズとクラスになります。

X が論理値で Y が数値である場合、ZY と同じサイズとクラスになります。X が数値で Y が論理値である場合、ZX と同じサイズとクラスになります。

immultiply は、Z の各要素を倍精度浮動小数点で個別に計算します。X が整数配列の場合、整数型の範囲を超える Z の要素は打ち切られ、小数部の値は丸められます。

XY が、同じサイズとクラスの数値配列である場合、immultiply の代わりに式 X.*Y を使用できます。

イメージにそれ自身を掛けます。この例では、乗算を行う前にイメージのクラスを uint8 から uint16 に変換して、結果が打ち切られないようにしていることに注意してください。

I = imread('moon.tif');
I16 = uint16(I);
J = immultiply(I16,I16);
imshow(I), figure, imshow(J)

定数係数でイメージをスケーリングします。

I = imread('moon.tif');
J = immultiply(I,0.5);
subplot(1,2,1), imshow(I)
subplot(1,2,2), imshow(J)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?