ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imcontour

イメージ データの等高線図

構文

imcontour(I)
imcontour(I,n)
imcontour(I,v)
imcontour(x,y,...)
imcontour(...,LineSpec)
[C,handle] = imcontour(...)

説明

imcontour(I) は、グレースケール イメージ I の等高線図を描画し、等高線図の方向と縦横比がイメージと一致するように座標軸を自動的に設定します。

imcontour(I,n) は、グレースケール イメージ I の等高線図を描画し、等高線図の方向と縦横比がイメージと一致するように座標軸を自動的に設定します。n は、プロットに等間隔に配置された等高線レベル数です。この引数を省略すると、レベル数と各レベルの値は自動的に選択されます。

imcontour(I,v) は、I の等高線図を、ベクトル v で指定されたデータ値の等高線を使用して描画します。等高線のレベル数は、length(v) に等しくなります。

imcontour(x,y,...) は、ベクトル xy を使用して、x 軸と y 軸の範囲を指定します。

imcontour(...,LineSpec)は、LineSpec によって指定されるラインのタイプと色を使用して等高線を描画します。マーカー記号は無視されます。

[C,handle] = imcontour(...) は、等高線行列 C と hggroup オブジェクトのハンドルを返します。

クラス サポート

入力イメージは、uint8uint16int16singledouble または logical のいずれかのクラスです。

I = imread('circuit.tif');
imcontour(I,3)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?