ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imageinfo

イメージ情報ツール

構文

imageinfo
imageinfo(h)
imageinfo(filename)
imageinfo(info)
imageinfo(himage,filename)
imageinfo(himage,info)
hfig = imageinfo(...)

説明

imageinfo は、現在の Figure 内のイメージに関連付けられたイメージ情報ツールを作成します。ツールはターゲット イメージの基本的な属性に関する情報を別の Figure に表示します。imageinfo は、イメージ オブジェクトの CData を照会してイメージ属性に関する情報を取得します。

次の表は、イメージ情報ツールに表示される基本的なイメージ情報を示します。イメージのタイプに応じて、ツールには 4 個または 6 個のフィールドが含まれます。

属性名

幅 (列数)

イメージ内の列数

高さ (行数)

イメージ内の行数

クラス

uint8 のようなイメージで使用されるデータ型

    メモ:    single または int16 イメージの場合、イメージ オブジェクトがこれらのイメージの CDatadouble に変換するため、imageinfodouble のクラス値を返します。

イメージ タイプ

Image Processing Toolbox™ ソフトウェアで識別されるいずれかのイメージ タイプ:'intensity' 'truecolor''binary''indexed' のいずれかを返します。

最小強度またはインデックス

グレースケール イメージの場合、この値はピクセルの最も低い強度を表します。

インデックス付きイメージの場合、この値はカラーマップの最も低い強度を表します。

'binary' または 'truecolor' イメージにはありません。

最大強度またはインデックス

グレースケール イメージの場合、この値はピクセルの最も高い強度を表します。

インデックス付きイメージの場合、この値はカラーマップの最も高いインデックス値を表します。

'binary' または 'truecolor' イメージにはありません。

imageinfo(h) は、h に関連付けられたイメージ情報ツールを作成します。ここで、h は Figure、Axes または image オブジェクトのハンドルです。

imageinfo(filename) は、グラフィックス ファイル filename からイメージのメタデータを含むイメージ情報ツールを作成します。イメージを Figure ウィンドウに表示する必要はありません。filename は情報関数を使用してファイル形式レジストリ imformats に登録された任意のファイル タイプにできるため、情報は imfinfo によって読み取ることができます。filename は DICOM、NITF、Interfile または Analyze ファイルにもできます。

imageinfo(info) は、構造体 info 内のイメージ メタデータを含むイメージ情報ツールを作成します。info は、関数 imfinfodicominfonitfinfo interfileinfo または analyze75info によって返された構造体です。info はユーザーが作成することもできます。

imageinfo(himage,filename) は、ハンドル himage とグラフィックス ファイル filename からのイメージ メタデータで指定されたイメージの基本的な属性に関する情報を含むイメージ情報ツールを作成します。

imageinfo(himage,info) は、ハンドル himage と構造体 info 内のイメージ メタデータで指定されるイメージの基本的な属性に関する情報を含むイメージ情報ツールを作成します。

hfig = imageinfo(...) は、イメージ情報ツールの Figure のハンドルを返します。

imageinfo('peppers.png')

h = imshow('bag.png');
info = imfinfo('bag.png');
imageinfo(h,info);

imshow('canoe.tif');
imageinfo;
この情報は役に立ちましたか?