ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dicomdict

アクティブな DICOM データ ディクショナリの取得または設定

構文

dicomdict('set',dictionary)
dictionary = dicomdict('get')
dicomdict('factory')

説明

dicomdict('set',dictionary) は Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM) データ ディクショナリを、このディクショナリのファイル名を含んだ文字列 dictionary 内の値に設定します。DICOM 関連の関数では、別のディクショナリがコマンド ラインで指定されない限り、このディクショナリが既定の設定で使用されます。

dictionary = dicomdict('get') は、格納されている DICOM データ ディクショナリのファイル名を含んだ文字列を返します。

dicomdict('factory') は DICOM データ ディクショナリを既定の開始値にリセットします。

    メモ:   既定のデータ ディクショナリは MAT ファイル dicom-dict.mat です。ツールボックスには、既定のデータ ディクショナリのテキスト バージョンである dicom-dict.txt も用意されています。独自の DICOM データ ディクショナリを作成するには、dicom-dict.txt ファイルをテキスト エディターで開いて変更を加え、別の名前を付けて保存します。

dictionary = dicomdict('get')

dictionary =

dicom-dict.mat
この情報は役に立ちましたか?