ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

r = corr2(A,B)
r = corr2(gpuarrayA,gpuarrayB)

説明

r = corr2(A,B)AB 間の相関係数 r を返します。ここで、AB は同じサイズの行列またはベクトルです。r はスカラーの double です。

r = corr2(gpuarrayA,gpuarrayB) は GPU で演算を実行します。入力イメージは同じサイズの 2 次元の gpuArray です。rdouble 型のスカラーの gpuArray です。この構文では Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

クラス サポート

AB は数値または論理値です。戻り値 rdouble のスカラーです。

gpuarrayA および gpuarrayB は、実数で 2 次元の gpuArray でなければなりません。A または B のいずれかが gpuArray でない場合は、数値または論理値で非スパースでなければなりません。corr2 は GPU 上にないデータを GPU に移動します。R は double 型のスカラーの gpuArray です。

相関係数の計算

あるイメージとメディアン フィルターを使用して処理された同じイメージとの間の相関係数を計算します。

I = imread('pout.tif');
J = medfilt2(I);
R = corr2(I,J)
R =

    0.9959

GPU での相関係数の計算

あるイメージとこのイメージを標準偏差フィルターを使用して処理したイメージとの間の相関係数を GPU で計算します。

I = gpuArray(imread('pout.tif'));
J = stdfilt(I);
R = corr2(I,J)
R =

    0.2762

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

corr2 は以下を使用して相関係数を計算します。

r=mn(AmnA¯)(BmnB¯)(mn(AmnA¯)2)(mn(BmnB¯)2)

ここで、A¯ = mean2(A)B¯ = mean2(B) です。

この情報は役に立ちましたか?