ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bwunpack

バイナリ イメージのアンパック

構文

BW = bwunpack(BWP,m)

説明

BW = bwunpack(BWP,m) は、パックされたバイナリ イメージ BWP をアンパックします。BWPuint32 配列です。BWP をアンパックすると、bwunpackBWP の 1 行目の最下位ビットを BW の 1 行目の最初のピクセルにマッピングし、BWP の最初の要素の最上位ビットを BW の 32 行目の最初のピクセルにマッピングし、以降同様に続きます。BWMN 列です。ここで、NBWP の列数です。m が省力された場合の既定値は 32*size(BWP,1) です。

バイナリ イメージ パックの目的は、膨張や収縮などのバイナリ モルフォロジー演算を加速化することです。imdilate または imerode に対する入力がパックされたバイナリ イメージである場合、関数は処理を加速化するための特殊なルーチンを使用します。

bwpack は、パックされたバイナリ イメージを作成するために使用されます。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

クラス サポート

BWP のクラスは uint32 です。実数で 2 次元、かつ非スパースでなければなりません。BW の戻り値のクラスは uint8 です。

バイナリ イメージをパックして膨張させ、アンパックします。

bw = imread('text.png');
bwp = bwpack(bw);
bwp_dilated = imdilate(bwp,ones(3,3),'ispacked');
bw_dilated = bwunpack(bwp_dilated, size(bw,1));

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB® Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択した場合、プリコンパイルされたプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用するコードが、この関数によって生成されます。共有ライブラリを使用するとパフォーマンスの最適化は維持されますが、コードを生成できるターゲット プラットフォームが限定されます。詳細は、「Image Processing Toolbox のコード生成について」を参照してください。

コードを生成する際、すべての入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

入力引数 m はコンパイル時の定数でなければなりません。

ヒント

  • この関数では MATLAB Coder を使用した C コードの生成がサポートされています。この関数で生成されるコードでは、プリコンパイルされたプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。共有ライブラリを使用するとパフォーマンスの最適化は維持されますが、コードを生成できるターゲット プラットフォームが限定されます。詳細は、「Image Processing Toolbox のコード生成について」を参照してください。

    コードを生成する際、すべての入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?