ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

領域とイメージのプロパティ

イメージ内のオブジェクトに関する情報の取得

関数

regionprops イメージ領域のプロパティの計測
bwarea バイナリ イメージのオブジェクトの面積
bwareafilt サイズによるバイナリ イメージからのオブジェクトの抽出
bwconncomp バイナリ イメージ内の連結要素を検出
bwconvhull バイナリ イメージからの凸包イメージの生成
bwdist バイナリ イメージの距離変換
bwdistgeodesic バイナリ イメージの測地線距離変換
bweuler バイナリ イメージのオイラー数
bwperim バイナリ イメージのオブジェクトの周囲を検出
bwpropfilt バイナリ イメージからプロパティを使用してオブジェクトを抽出
bwselect バイナリ イメージのオブジェクトを選択
graydist グレースケール イメージのグレーで重み付けされた距離変換
imcontour イメージ データの等高線図
imhist イメージ データのヒストグラム
impixel ピクセルの色の値
improfile 線分に沿ったピクセル値の断面
corr2 2 次元相関係数
mean2 行列要素の平均値
std2 行列要素の標準偏差
bwlabel 2 次元バイナリ イメージ内の連結要素をラベル付け
bwlabeln バイナリ イメージ内の連結要素をラベル付け
labelmatrix bwconncomp 構造体からラベル行列を作成
bwpack バイナリ イメージをパック
bwunpack バイナリ イメージのアンパック

アプリケーション

Image Region Analyzer バイナリ イメージの領域の調査とフィルター処理

例および操作のヒント

画像ビューアー アプリでのピクセル情報の取得

ピクセル領域ツールおよびピクセル情報ツールを含む画像ビューアーのピクセル情報ツール

画像ビューアーでのピクセル間の距離の測定

画像ビューアーの距離ツール

バイナリ イメージ内のオブジェクトのラベル付けと測定

バイナリ イメージに関する情報を返す関数について説明します。

イメージ内の各ピクセル値の決定

この例では、関数 impixel を対話的に使用してピクセル値を取得する方法を説明します。

イメージの強度プロファイルの作成

この例では、improfile を使用してイメージの強度プロファイルを対話的に作成する方法を説明します。

イメージ データの等高線図の作成

この例ではイメージの等高線図を作成する方法を説明します。

イメージ ヒストグラムの作成

この例では、関数 imhist を使用してイメージのヒストグラムを作成する方法を説明します。

イメージの平均、標準偏差および相関係数

イメージの標準統計は、関数 mean2std2corr2 を使用して計算できます。

イメージの領域解析を使用した領域のプロパティ計算

この例では、イメージの領域解析アプリを使用してバイナリ イメージの領域のプロパティを計算する方法を説明します。

概念

ピクセル値

イメージ内のピクセルの値を調べてその値を変数に入れて返すには、関数 impixel を使用します。

イメージ領域のプロパティ

イメージ領域は、"オブジェクト"、"連結要素"、"ブロブ" とも呼ばれ、連続の場合も不連続の場合もあります。

距離変換

関数 bwdist を使用してイメージの距離変換を計算する方法について説明します。

イメージの強度プロファイル

イメージの強度プロファイルは、イメージ内の線分または複数線分の経路に沿って等間隔に配置された点から取った強度値の集合です。

イメージ データの等高線図

等高線はイメージ内の一定のイメージ強度値に沿った線です。

この情報は役に立ちましたか?