ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

オブジェクト解析

エッジ、円およびラインの検出、境界のトレース、四分木分割の実行

関数

bwboundaries バイナリ イメージ内の領域の境界をトレース
bwtraceboundary バイナリ イメージのオブジェクトをトレース
visboundaries 領域境界のプロット
edge 強度イメージ内のエッジの検出
imfindcircles 円のハフ変換を使用した円の検索
viscircles 円の作成
imgradient イメージの勾配の大きさと方向
imgradientxy イメージの方向勾配
imgradient3 イメージの 3 次元勾配の大きさと方向の検出
imgradientxyz 3 次元イメージの方向勾配の検出
hough ハフ変換
houghlines ハフ変換に基づく線分の抽出
houghpeaks ハフ変換のピークの特定
qtdecomp 四分木分割
qtgetblk 四分木分割のブロック値
qtsetblk 四分木分割のブロック値の設定

例および操作のヒント

イメージ内のエッジの検出

この例では、キャニー エッジ検出器とソーベル エッジ検出器の両方を適用してイメージのエッジを検出する方法を説明します。

イメージ内のオブジェクト境界のトレース

この例では、関数 bwtraceboundary を使用してバイナリ イメージ内の 1 つのオブジェクトの境界をトレースする方法を説明します。

Hough を使用したイメージ内の線の検出

この例では、関数 hough を使用してイメージ内の線を検出する方法を説明します。

イメージの四分木分割

この例では、512 行 512 列のグレースケール イメージを四分木分割する方法を説明します。

ラドン変換を使用したラインの検出

この例では、ラドン変換を使用してイメージ内のラインを検出する方法を説明します。

概念

エッジ検出

イメージの中では、エッジはイメージ強度が急激に変化する経路に沿った曲線です。

ハフ変換

Image Processing Toolbox™ は、ハフ変換関数を使用してイメージ内の線を検出する関数をサポートしています。

イメージ内の境界トレース

このツールボックスにはバイナリ イメージでオブジェクトの境界を見つけることのできる 2 つの関数が含まれています。

四分木分割

四分木分割は、イメージを分割して、イメージ全体の均一性より高い均一性をもつブロックに細分割する解析手法です。

この情報は役に立ちましたか?