ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

近傍処理とブロック処理

フィルター処理と I/O 処理のための近傍とブロックの定義

クラス

ImageAdapter イメージ I/O のインターフェイス

関数

blockproc イメージの個別ブロック処理
bestblk ブロック処理に最適なブロック サイズを決定
nlfilter 一般的なスライディング近傍演算
col2im 行列の列をブロックに再配置
colfilt 列方向の近傍演算
im2col イメージ ブロックを列行列に再配置

例および操作のヒント

スライディング近傍演算

スライディング近傍演算の定義と、さまざまなフィルター演算の実行におけるその利用法の説明

個別ブロックの処理

ブロック演算の説明

スライディング近傍または個別ブロック演算を短時間で処理する、列方向の処理の使用

スライディング近傍、または個別ブロックを列方向に処理する方法の説明

サポートされない形式のデータに対する blockproc を使用した読み取りと書き込み

関数 blockproc は、TIFF または JPEG2000 ファイルを読み取ったり、TIFF ファイルに書き込んだりするだけでなく、他の形式でも読み取りや書き込みができます。

概念

近傍処理とブロック処理: 概要

ツールボックスによりサポートされているブロック処理演算のタイプの概要

スライディング近傍演算

スライディング近傍演算の定義と、さまざまなフィルター演算の実行におけるその利用法の説明

個別ブロックの処理

ブロック演算の説明

スライディング近傍または個別ブロック演算を短時間で処理する、列方向の処理の使用

スライディング近傍、または個別ブロックを列方向に処理する方法の説明

ブロックのサイズとパフォーマンス

関数 blockproc を使用してイメージ ファイルを読み取ったり書き込んだりすると、ファイルにアクセスする回数によってパフォーマンスが大きな影響を受けます。

この情報は役に立ちましたか?