ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モルフォロジー演算

膨張、収縮、復元、その他のモルフォロジー演算の実行

関数

bwhitmiss バイナリ ヒットミス演算
bwmorph バイナリ イメージのモルフォロジー演算
bwulterode 最終的な収縮
bwareaopen バイナリ イメージからの小さなオブジェクトの削除
imbothat ボトム ハット フィルター処理
imclearborder イメージ境界と連結している明るい構造を非表示にする
imclose イメージにモルフォロジー クローズ処理を行う
imdilate イメージの膨張
imerode イメージの収縮
imextendedmax 拡張 maxima 変換
imextendedmin 拡張 minima 変換
imfill イメージ領域と穴の塗りつぶし
imhmax H-maxima 変換
imhmin H-minima 変換
imimposemin 最小値を挿入
imopen イメージのモルフォロジー オープン処理
imreconstruct モルフォロジー再構成
imregionalmax 局所的な最大値
imregionalmin 局所的な最小値
imtophat トップ ハット フィルター処理
watershed Watershed 変換
conndef 連結性配列の作成
iptcheckconn 連結性引数の有効性をチェック
applylut ルックアップ テーブルを使用したバイナリ イメージの近傍演算
bwlookup ルックアップ テーブルを使用した非線形フィルター処理
makelut bwlookup で使用するルックアップ テーブルを作成

クラス

strel モルフォロジー構造化要素
offsetstrel モルフォロジー オフセット構造化要素

例および操作のヒント

imdilate を使用したイメージの膨張

この例では、関数 imdilate を使用してイメージを膨張させる方法を説明します。

imerode を使用したイメージの収縮

この例では、imerode を使用してバイナリ イメージを収縮する方法を説明します。

膨張と収縮を組み合わせた演算

膨張と収縮は、画像処理演算を行う場合に組み合わせて使用されることが頻繁にあります。

膨張ベースの関数と収縮ベースの関数

この節は、膨張と収縮をベースにした 2 つの共通の画像処理操作について説明しています。

概念

モルフォロジーの膨張と収縮

"モルフォロジー" とは、イメージを処理する過程で形状ベースの画像処理操作の総称です。

構造化要素

モルフォロジー膨張演算および収縮演算の本質的な部分は、入力イメージを調べるために使用する構造化要素です。

モルフォロジー再構成について

モルフォロジー再構成は、マーカー イメージの等高線が "マスク イメージ" と呼ばれる 2 番目のイメージ内に収まるまで、概念的には "マーカー イメージ" と呼ばれるイメージの繰り返し膨張として見なされます。

細線化

イメージの本質的な構造を変えないで、イメージの中のすべてのオブジェクトを線にするには、関数 bwmorph を使用します。

境界線の決定

関数 bwperim は、バイナリ イメージの中のオブジェクトの境界を示すピクセルを決定します。

ルックアップ テーブル演算

ルックアップ テーブル演算を行う関数を説明します。

この情報は役に立ちましたか?