ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

大規模なイメージ ファイル

非常に大規模なイメージの読み取りとナビゲーション

クラス

ImageAdapter イメージ I/O のインターフェイス

関数

isrset ファイルが R-Set かどうかをチェック
openrset R-Set ファイルを開く
rsetwrite イメージ ファイルからの低い解像度データセットの作成

例および操作のヒント

解像度を下げたファイルの作成

解像度を下げたファイル (R-Set ファイル) を作成するには、関数 rsetwrite を使用します。

解像度を下げたファイルを開く

解像度を下げたファイル (R-Set ファイル) を開くには、関数 imtool を使用します。

サポートされない形式のデータに対する blockproc を使用した読み取りと書き込み

関数 blockproc は、TIFF または JPEG2000 ファイルを読み取ったり、TIFF ファイルに書き込んだりするだけでなく、他の形式でも読み取りや書き込みができます。

概念

非常に大きいイメージに対する解像度を下げたデータセット

画像ビューアーで表示する R-Set の作成

ブロックのサイズとパフォーマンス

関数 blockproc を使用してイメージ ファイルを読み取ったり書き込んだりすると、ファイルにアクセスする回数によってパフォーマンスが大きな影響を受けます。

この情報は役に立ちましたか?