ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ変換

フーリエ変換、離散コサイン変換、ラドン変換およびファンビーム変換の実行

関数

bwdist バイナリ イメージの距離変換
bwdistgeodesic バイナリ イメージの測地線距離変換
graydist グレースケール イメージのグレーで重み付けされた距離変換
hough ハフ変換
dct2 2 次元離散コサイン変換
dctmtx 離散コサイン変換行列
fan2para ファンビーム投影をパラレルビームに変換
fanbeam ファンビーム変換
idct2 2 次元逆離散コサイン変換
ifanbeam 逆ファンビーム変換
iradon 逆ラドン変換
para2fan パラレル ビーム投影をファン ビーム投影に変換
radon ラドン変換
fft2 2 次元の高速フーリエ変換
fftshift ゼロ周波数成分をスペクトルの中心に移動
ifft2 2 次元高速フーリエ変換
ifftshift 逆 FFT シフト

例および操作のヒント

ラドン変換を使用したラインの検出

この例では、ラドン変換を使用してイメージ内のラインを検出する方法を説明します。

平行投影データからのイメージの再構成

次のコマンドは、平行投影データからイメージの復元方法を示しています。

ファンビーム逆投影を使用したイメージの再構成

この例では、fanbeam および ifanbeam を使用してサンプル イメージの投影を行い、その投影からイメージを再構成する方法を示します。

概念

フーリエ変換

フーリエ変換の定義、画像処理での応用例を示します。

離散コサイン変換

特にイメージ圧縮での、イメージの離散コサイン変換 (DCT) の定義とその応用について説明します。

ラドン変換

関数 radon が指定した方向でイメージ行列の投影をどのように計算するかを説明します。

逆ラドン変換

関数 iradon がイメージを投影データからどのように再構成するかを説明します。

逆ラドン変換の定義

関数 iradon はラドン変換の逆変換を行うため、イメージの再構成に使用できます。

ファンビーム投影データ

関数 fanbeam が指定したソースから出る放射状のパスに沿ってイメージ行列の投影をどのように計算するかを説明します。

この情報は役に立ちましたか?