ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ハイ ダイナミック レンジ イメージ

ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージの読み取り、HDR イメージの作成、ファイルへの HDR データの書き込み

関数

hdrread ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージの読み取り
hdrwrite Radiance ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージ ファイルの書き込み
makehdr ハイ ダイナミック レンジ イメージを作成
tonemap 表示のためのハイ ダイナミック レンジ イメージのレンダリング

例および操作のヒント

ハイ ダイナミック レンジ イメージの作成

ロー ダイナミック レンジ イメージからハイ ダイナミック レンジ イメージを作成するには、関数 makehdr を使用します。

ハイ ダイナミック レンジ イメージの読み取り

ハイ ダイナミック レンジ イメージを MATLAB® ワークスペースに読み取るには、関数 hdrread を使用します。

ハイ ダイナミック レンジ イメージの表示

この例では、HDR (ハイ ダイナミック レンジ) イメージを表示する方法を説明します。

ハイ ダイナミック レンジ イメージのファイルへの書き込み

ハイ ダイナミック レンジ イメージを MATLAB ワークスペースからファイルに書き込むには、関数 hdrwrite を使用します。

概念

ハイ ダイナミック レンジ イメージ: 概要

ダイナミック レンジとは、暗から明への輝度の範囲を指します。

この情報は役に立ちましたか?