ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

幾何学的変換

イメージのリサイズ、回転およびトリミング、多次元配列の幾何学的変換の実行

関数

imcrop イメージ トリミング
imresize イメージのサイズ変更
imrotate イメージの回転
imtranslate イメージの平行移動
impyramid イメージ ピラミッドの縮小と拡張
imwarp イメージへの幾何学的変換の適用
fitgeotrans 幾何学的変換のコントロール ポイントの組への近似
imtransform 2 次元空間変換をイメージに適用
findbounds 空間変換の出力境界の検出
fliptform TFORM 構造体の入力の役割と出力の役割の反転
makeresampler リサンプリング構造体の作成
maketform 空間変換構造体 (TFORM) を作成
tformarray N 次元配列への空間変換の適用
tformfwd フォワード空間変換の適用
tforminv 逆空間変換の適用
checkerboard チェッカーボード イメージの作成

クラス

affine2d 2 次元アフィン幾何学的変換
affine3d 3 次元アフィン幾何学的変換
projective2d 2 次元射影幾何学的変換
images.geotrans.PiecewiseLinearTransformation2D 2 次元区分的線形幾何学的変換
images.geotrans.PolynomialTransformation2D 2 次元多項式幾何学的変換
images.geotrans.LocalWeightedMeanTransformation2D 2 次元局所重み付き平均幾何学的変換

例および操作のヒント

関数 imresize を使用したイメージのサイズ変更

この例では、関数 imresize を使用してイメージのサイズを変更する方法を説明します。

イメージの回転

関数 imrotate を使用してイメージを回転させる方法を説明します

イメージのトリミング

関数 imcrop を使用してイメージの四角形の部分を切り抜く方法を説明します

イメージの平行移動

この例では、関数 imtranslate を使用して、イメージの平行移動の操作を行う方法を説明します。

幾何学的変換の出力に対する塗りつぶしの値の指定

この例では、幾何学的変換を実行する際に imwarp で使用される塗りつぶしの値の指定方法を説明します。

画像ビューアー アプリを使用したイメージのトリミング

画像ビューアーのイメージ トリミング ツール

シンプルな 2 次元平行移動変換の実行

この例では、平行移動と呼ばれる単純なアフィン変換を実行する方法を示します。

表示を向上させるために空間参照を使用する 2 つのイメージのレジストレーション

この例では、イメージ レジストレーションにおける 2 つのイメージの空間的関係を理解すると共にこれらのイメージを効果的に表示するために空間参照オブジェクトを使用する方法を説明します。

概念

2 次元幾何学的変換プロセスの概要

2 次元イメージの一般的な幾何学的変換を実行する方法の説明

幾何学的変換の処理について

imwarp は、新しい位置を入力イメージの対応する位置に逆マッピングして、出力イメージのピクセルの値を決定します。

N 次元空間変換

配列の N 次元空間変換を実行する場合に使用できるツールボックス関数について説明します

幾何学的変換のタイプ

Image Processing Toolbox™ は、イメージのレジストレーションを行うために幾何学的変換を適用する機能を提供します。

この情報は役に立ちましたか?