ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージのトリミング

イメージの四角形の部分を切り抜くには、関数 imcrop を使用します。imcrop を使用すると、トリミング領域のサイズと位置を指定して、マウスを使う対話形式かプログラミングによってトリミング領域を指定できます。

次の例は、対話形式の構文を示しています。例では、MATLAB® ワークスペースにイメージを読み取り、imcrop を呼び出してイメージを引数として指定します。imcrop が Figure ウィンドウにイメージを表示し、トリミングする四角形がイメージに描かれるのを待ちます。ポインターをイメージに移動すると、ポインターの形状が十字型 に変わります。ポインターをクリック アンド ドラッグして、トリミングする四角形のサイズと位置を指定します。マウスを使用して、トリミングする四角形の移動やサイズ調整ができます。トリミングする四角形に満足したら、ダブルクリックしてトリミング操作を実行するか、四角形の内側を右クリックしてコンテキスト メニューから [イメージのトリミング] を選択します。imcrop はトリミングしたイメージを J に返します。

I = imread('circuit.tif')
J = imcrop(I);

また、imcrop を呼び出すときに、トリミングする四角形のサイズと位置をパラメーターとして指定することもできます。トリミング対象の四角形を 4 要素の位置ベクトル、[xmin ymin width height] として指定します。

この例では、imcrop を呼び出してトリミングするイメージ I と、トリミングする四角形を指定します。imcrop はトリミングしたイメージを J に返します。

I = imread('circuit.tif');
J = imcrop(I,[60 40 100 90]);
この情報は役に立ちましたか?